ログイン・会員登録

  • おしらせ
    おしらせ
    0円
    オーダーしたのに音沙汰が無いぞという場合、
    何らかの原因でこちらからの自動配信メールが
    届いていない可能性がございます。
    その場合はwknbmaアットマークyahoo.co.jpまでご連絡ください。
    基本的にお買物完了の際には自動配信メールが即座に届き、
    わたくしの手動メールが遅れて届く流れになっております。
    よろしくお願いします。
  • 送料の説明
    送料の説明
    0円
    送料は一律無料です。
  • Strip Joint - Like A Storm
    Strip Joint - Like A Storm
    1,000円
    ※新入荷! [7inch+DLcode]
  • VISTA - Past Days, Official Incomplete Sessions
    VISTA - Past Days, Official Incomplete Sessions
    600円
    VISTAの概ね収録ディスコグラフィー!発売!発売されると思ってなかったので心から嬉しい一枚。VISTAはとても好きでして。本当に好きでしてね。DEMOをディストロさせてくれないかとメールさせてもらったんですが、もう解散した身だしということで取り扱いならずだったんですよね。もう10年以上?前のことなのでちょっと記憶が曖昧なんですけどね。いやあでも"CAPTAIN GLORY"が特に最高なんですけども、それらの楽曲を頒布していきたかった。ちょっとディストロ始めるの遅かったよ、と悔いたものです。最高にPOPでMELODICでPUNKなバンド。バッシバシのハードコアバンドが並ぶライブ企画にポンと出て最高の演奏を鳴らしていくLIVEもまた良かったのです。本当になぜかハードコアバンドとの共演多かったな…?というわけでハードコアバンドのリリースが圧倒的なNOVEMBREにして物凄いポップな作品のリリース!あれか。八王子繋がりなのかしら。あともう一回言いますけど、十数年前にディストロできなかった無念がここに晴れて本当に良かったです。もうディストロ辞めても良いと思えるくらい。 [CD]
  • CONFRONT - The Curtain Of An Intense Attack
    CONFRONT - The Curtain Of An Intense Attack
    1,000円
    ※とてもつよい [CD]
  • braqkotone - 思い出は山中で澱む
    braqkotone - 思い出は山中で澱む
    1,500円
    2019年発売山形カオティック/激情バンド、ブラクコトネの1stアルバム!braqkotoneってどういう意味なのでしょう…?まあそれはそれとして。kallaqriが好きな人は~と書こうとしたものの、まだアルバム出していない青森バンドを例えに出したとしてピンと来る人はいるのだろうかと思った、けれど。青森中心に手売りするならこれが一番わかりやすいですねってくらいにカラクリ好きにオススメしたい一枚。10年選手ということでそこいらもカラクリと近いのかしら?ここまでカラクリカラクリ書いたからまだ続けますが、本作一曲目"晩夏"を聴いているとkallaqri好きならびくっとくるそっくり(というかなんというか)展開があって楽しいです。他県の人には伝わらぬ。さて。激情バンドというかシリアスでドラマティックですが悲壮感というほど深刻ではなくでもPOPさが滲み出るというわけでもない…中途半端という話ではなくて、とっつきやすいんですよね。ここら辺のジャンルにしては。それが何なんでしょう。展開の目まぐるしさ?日本人がぐっとくるメロディーの偏在?わかりませんが怒涛の9曲は緩むことなくでも目まぐるしく切れたナイフな一枚。  ※特典付き [CD]
  • DJ若王子 - LAST DAYS OF WINTER
    DJ若王子 - LAST DAYS OF WINTER
    0円
    ※2019ニューMIX!  soundcloud [フリーDL]
  • DJ若王子 - @ the ballroom vol.1
    DJ若王子 - @ the ballroom vol.1
    0円
    ※2019ニューMIX!  soundcloud [フリーDL]
  • REVERSE - Bloody Mary & Grant Hart
    REVERSE - Bloody Mary & Grant Hart
    900円
    2019年にリリースとなったREVERSEの新作!2曲入り!7インチにて!さてさてあのREVERSEですね。数年前に作った曲と17歳に作った曲をレコーディングしたとのことですが、2曲とも素敵。特に17歳のやつ”You're The Poison"が良いですね。GLAYも10代の曲を近年リリースしましたが良くなかったですからね("CRAZY DANCE")。それにしてもこだわりにこだわりを重ねたSP RECORDSによるこのリリース(詳細は下記の方のリンクを読んでください)。ダウンロードコードも付属してますが是非一度ターンテーブルに乗せましょう。しかしあれですね…7インチ三枚(とV.A.)だけリリースして消えたバンドという希少さが魅力の一端を担っていたのかもしれないこのバンド、そのSP RECORDSにより丸裸にされましてディスコグラフィー発売、未発表アルバム掘り起こしという…リスナーはむしゃぶり尽くすことができたのですが、それによっておなかいっぱいになった部分もあったのかなと。きっとあのCIGARETTEMANもCDでディスコグラフィーが出たら飢餓感が薄れるでしょう。きっと。しかしここにきてこの7インチ。はい。いやリリースされたんだから丸裸じゃないかと思うかもですが、この7インチは後年の変態メロディック好き若年層が愛する一枚になる気がします。知らないけど。 [7inch+DLcode]
  • プラナリア - 呼吸00:12:35
    プラナリア - 呼吸00:12:35
    1,500円
    2019年リリース千葉ハードコアバンド、プラナリアの1stアルバム!10曲入りです。10曲入りですが、タイトルが示すように12分で終わります。一呼吸のうちに(タイトルはそういう意味じゃないと思います)。さてそうなると一曲平均が1分ちょっとという曲が揃うわけですが、ショート&クイックですっきりさっぱり、というものではなくしっかり腹に溜まる感じです。12分なのに。メンバーはvisitor(ドラム)でもあるのですが、あちらも結構短い曲ですが…そうですねえvisitorはシャープに重くて、プラナリアは荒々しく重いですね。荒々しいというか、凄く俊足でパワーのある原始人のような、しっかり武器を振り回すなんか凄い生き物のような。イヤホン装着して大音量で"脳が揺れる"を聴いたら本当に揺れそうになったのでイヤホンでの音楽視聴は気をつけましょう。耳は大事ですよ!しかしなんでしょうねえ。生々しいといえばいいのか。ぬめっとぬるっとしているわけではなく暴走特急なのですが、なんかこう、生々しい、そんな一枚。[CD]


  • REVERSE - Glance Sideways CD [リイシュー盤]
    REVERSE - Glance Sideways CD [リイシュー盤]
    1,000円
    廉価版のリリース!もう生産される気配の感じられない希少ともいえるsnuffy smileでお馴染みのあのビニール袋です。ディストロの際に嵩張らない。伝説のバンドREVERSEのディスコグラフィー!というよりも、個人的には岡山における伝説のバンドWHAT'S WHATが"Stagnant"をカバーしたことで知られる…という感じでした。WHAT'S WHATのカバーも素晴らしかったんですのよ。さてカバーが良ければオリジナルも大抵良いもの。例外もあるかもですが。その"Stagnant"も勿論収録のディスコグラフィー、再発ながら数量は決して多くないようなので、初回版をもっていない方は早めに確保してはいかがでしょう。このボリュームで1000円は損しないと思いますよ。好みじゃない人からしたら損といえなくもないですが、どんなつまらないことでも気に入らないことでも腹立たしいことでも、人生において無駄なことなんて無いと思うのです。[CD]
  • NAVEL - Tシャツ(紺)Sサイズ
    NAVEL - Tシャツ(紺)Sサイズ
    800円
    こんにちは。
  • NAVEL - クージー2個セット
    NAVEL - クージー2個セット
    300円
    こんにちは。
  • DAYBREAK - 流転 / 溢れ
    DAYBREAK - 流転 / 溢れ
    1,000円
    2019年リリース5曲入り!当初HELLO FROM THE GUTTERより7インチにて発売された作品。LIVE会場から先行発売され始めましたが、いずれ通販にも出てくるかな…とのんびり構えていましたが、出てくる前に消えました。出てたかなあ?HFTGのショップページを押さえていたんですが商品開示された瞬間SOLDでしたからね…NAVEL/CHESTNUT ROADどころじゃない…と思っていたらめでたくFIXING A HOLEよりCD版がリリース。楽曲も追加されて5曲入り。それにしても。東京ベテランMELODICデイブレイク。重鎮かと思うんですが重鎮感があんまり匂わないのはなぜ…石浦氏が凄いのは知っております。2005年第30回BURST YOUR NOISEを観に大東京に行ったあの日。大トリでのデイブレイク。何故か電池で大騒ぎのライブ。何故か胴上げのライブ。あの頃から、というかその前から思っていた、何だろうこの歌…?という印象。ウッキウキになるとかワイワイするだとか気持ち良くなるだとかそういうビューティフルなメロディックシンガソングでは全くない、あの、歌。2019年の今なら…いや今でも実はよくわかんないというかなんだろうこの華々しくない感じ…!という感情に包まれているんですけどね。煌びやかさとは別の感情激情。一曲目"流転"凄くぐっとくるなあ…なんていえば良いのか、こう、ぐっと来るなあ…燃えるというよりも滾るといえば良いかしら。いやでもぐっとくるという感じかしら。やはり。[CD]
  • Skimmer / Fatman Seminar - 5 Tunes Split EP
    Skimmer / Fatman Seminar - 5 Tunes Split EP
    1,000円
    2013年リリース作品です。再入荷しました。久しぶりに。…青森県の八戸・弘前・青森と割と遠距離バンド、ファットマンゼミナールの待望の新曲2曲!現時点でもはや新曲のストックは尽きたように思えるが果たして次回作はいつになるのか?意外と早いのか?期待に胸が高鳴る今日この頃。私が青森県に帰って来てから多分一番LIVEを観ているバンドですが、「早くこの新曲音源化しないかなー…」と悶々していた曲がめでたく今回のSPLITにパッケージされて嬉しいことこの上ないですね。ずっと"You don't care"だと思ってたのが"U OK?"であったという事実には参ってしまいましたが。対する絶叫調SKIMMER。近年もリリースペースは落ちませんがその中でも今回の3曲、特に"ONE MORE DAY"は好みですなー。ハンドクラップが個人的に好きという理由なんですけどもね。 [CD]
  • trash youth -DEMO
    trash youth -DEMO
    300円
    弘前のトラッシュユースの8曲入り一発目作品でございます。2019年リリース。っ現在大学生。のはず。弘前の大学生というとダイエースプレーとかFATMAN SEMINARとかDEAD STOCKとか思い起こされますね。まあ私は弘前が地元ではないしそこら辺の歴史を特に感じてはいないんですけども。青森市も大学は有りますが弘前市はもりもりと良いバンドを排出している印象がありますね。なんなんでしょうね。さてそれはそれとして。メロコアの良い土壌という個人的な印象の弘前市発バンドということで勝手にそっちの音楽と思い込んでいましたが、初めて観て驚きました。いわゆる激情でしょうか。いやでもこれ激情か?と思いながらも終始ステージを楽しく鑑賞した記憶があります。基本的に歌い上げるのではなく叫ぶようなボーカル。ドラマティック・シリアス…というよりもゴリゴリと突き進む音。けれども節々にポップさが見え隠れします。見え隠れというよりもはっきりアピールしてきますね。象徴ともいえるのは"Sad love"ではないでしょうか。格好良くボリボリ進むLIVEの中で突然ボサノヴァのひとときが流れるとびっくりです。なんでしょうかね。ディープにズブズブと沈むようなものではなく、ある意味美味しいところをこれでもかと食い千切っているような、そんなハードなミュージック。kallaqriのようでいてそうでもない。1分~3分くらいのスパッとした楽曲群。FIXEDとかTIALAとかそういう感じの…というと流石に言い過ぎでしょうか。でもこれからのバンドなのでどうなっていくのか楽しみです。あと、単純に自分が青森県民なので地元から良いバンドが出ることが嬉しいのです。そんなもんなのです。[CD-R]
  • TURNCOAT - My dear ex...
    TURNCOAT - My dear ex...
    2,000円
    四国メロディックの雄、TURNCOATの2019年リリース新作フルアルバム。「元DRIFTAGEの…」という解説は必要なのかどうなのか。そもそもDRIFTAGEのリリースは決して多くはなくて、今でも入手しやすいのってレザーフェイストリビュートくらいなのでは?なのに「あのDRIFTAGE」って添えたくなるのは、やはり良いバンドだったよねということでしょう。体感としては当時それほど人気だったか…?と思わなくもないのですが。私は大好きですが。いやね。持ってない人は7インチ"PAINT IT BLACK"探して買いましょう。プレミアついてないはずなので。さてDRIFTAGEはさておき。TURNCOATの新作はまたどっしりとしつつ痛快で爽快でバーンってしていてたまらないですね。一曲目"FOR YOUR RIGHT"というタイトルからもわかるように現世に対する明快なメッセージが全編通して響きわたり、それでいて重苦しくならない。男女混声バンドですが男女混合だったり女性Voメインだったりと色々多彩です。そういう意味では近日発売された九州のDENOMIもそうですね。良いですよね混声ボーカルスタイルって。 [CD]
  • SOLPAATOS - VAPAUS
    SOLPAATOS - VAPAUS
    1,800円
    新潟ハードコアバンドの2019年時点までの作品をまとめたディスコグラフィー!(現役バンドです)。新潟の北欧。高橋組とか初期キラーパスとか。英語ならぬあちらの独特な語感がえもいわれぬ気持ちよさがありますよね。なんか多くの日本人の琴線に触れる何かがあるんでしょうね。知りませんけども。5曲目"TELEVISIO PASKA"とかもうね。一発聴いただけでもうシンガロングできるんではないかと。いやもう何を歌っているのかはよくわからいんですけども。全22曲(かどうかは買って確かめてください)というディスコグラフィーならではの大ボリュームなのですが、基本的に1曲が1分そこそこの潔いバンドなので一気に堪能できます。デモも収録されているので荒々しいそれらと聴き比べてみてください。今も相当荒々しいな!と感じますので。洗練とは違う強化。格好良いです。"ROSKA"が一番好き。しかし意味はわからない! [CD]
  • [2ndPress]CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べに - 恋のホワンホワン(Cruel To Be Kind) w/ ゼア・シー・ゴーズ
    [2ndPress]CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べに - 恋のホワンホワン(Cruel To Be Kind) w/ ゼア・シー・ゴーズ
    1,500円
    ※2ndPress です。ジャケットカラーが異なります。ニック・ロウ原曲かつ三遊亭円丈によるカバーが(一部で)有名な表題曲。カバーのカバーという感じでしょうか。ジャケットは両作品の要素をがっちりぶち込んだ素敵デザイン。さてその中身はCHILDISH TONESによるおもちゃ楽器も駆使されたとてもファンシーかつ小粋なサウンド。んであヴァんだんどメンバーによる可愛らしいボーカルがとても合いますね。三遊亭円丈氏の方が軟弱なのが意外と言えなくも無い…ところで、三遊亭円丈カバーは一度再発されているもののそちらも完売しており、ながらくプレミア扱いだったのですが、ちょうどこのタイミングでCDで再発(企画盤)されましたので、気になる方は是非そちらをどうぞ。 [7inch+DL code]
  • STEVE ADAMYK BAND - PARADISE
    STEVE ADAMYK BAND - PARADISE
    1,600円
    カナダのスティーヴ・アダミック・バンドの6枚目のアルバム!もう6枚目なの?という驚きと共に変わらないなあという思いも強く。表題曲"Paradise"とか9曲目"No Help"とか相変わらず真っ直ぐにビンビンくる曲が、S.A.B.だ…すきだ…という気持ちになります。本作で一番すきなのは2曲目"In Death"なんですけどね。シンプルなイントロにいいなーと。凝ったあれこれはなく、スパーっとしてていいんですよね。いつも。(比較的)まろやかな楽曲も交えつつそれでも一貫してスパアーと駆け抜けるこのバンドが好きなんですよ。好きなんですよと言いつづけながら来日公演に行ってないんですけどね。LIVE活動が活発なのでまた日本に来るかもなのでその際には…なんとか…[CD]

(全商品 : 166点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク