DISTRO

  • REDSHEER - Eternity
    REDSHEER - Eternity
    1,800円
    2013年結成のハードコア3ピースバンド。2013年結成とは言っても各人それぞれにキャリアがあって全く新人感はありません。ハードコアとは言ってもさて大筋どこに分類して説明すべきかというのは迷うところ。激情/カオティック枠というのが一番しっくりくるとは思うのですが、個人的にはパワー系レスラーのような筋力も感じてしまうところがありまして。タイトルでもある1曲目"Eternity"は正に静のインストで不穏な空気むんむん。静動荒れ狂うアルバムで、全体的にとてもシリアスなんですが美麗というよりも粗暴な感じで…だからパワー系レスラーとかおかしな文章が先ほど出てきたわけですけれども。この重量級のアルバムは是非大音量で聴くべき一枚。10曲入り。当方特典CD-R付きます。個人的に1番好きな"Yoru No Sotogawa"含む2曲入り。[CD]

  • SATURDAY NIGHT KARAOKE - SLURP!
    SATURDAY NIGHT KARAOKE - SLURP!
    800円
    SP RECORDSのShort-Run CD-RでPrabuという謎の男の作品で気になっていた方は日本に数十人は居るとは思うのですが、そんな彼の組むバンドのアルバムがリリース!バンド名、ジャケット、歌声、ビジュアル、ありとあらゆる面でタフガイという言葉とは真逆の、しょぼい雰囲気満点。おっじゃあショボいのかいショボいPOP PUNKかいと食いつく人、あるいはそれらが苦手なので敬遠する人も居るかもしれませんが、そこらへんよりもうちょい、ちょっとだけ王道メロディ感がなくもないかなと。日本のメロコア、アイドル歌謡曲も好きな彼らですのでストレートにスルーンと入り込むメロディを感じるのです。へっぽこ感もしっかりありますよ!同系統バンドとしてはERGS,ALL,DECENDENTS等が例に挙げられていますね。ワクワクしながら1曲目を再生しちゃうとガックリきますので注意!「サタデーナイトカラオケ…エット…ハイ…」 [CD]
  • DAWN / SHIPYARDS - split
    DAWN / SHIPYARDS - split
    1,800円
    自分がSHIPYARDSに関するレビューを書くときにSUFFERING FROM A CASEを出すのはもういい加減にしたまえと思わなくもないのですが、SHIPYARDSのシノザワさんが以前やっていたSUFFERING FROM A CASEは非常に良いバンドでありオススメし続けなければいけないと思っておりますので、やはりちょくちょく名前は出していきたいなあと思う所存です。さてそれはそれとしてSHIPYARDS。より一層歌がうまくなっていくシノザワさんですね。スタイリッシュなアートワークも魅力的なバンドですが引き続きSADなバンドですね。爽やかにSADというか。そしてDAIEI-SPRAYのギタリストでもあるシバタさんのDAWN。DAWN→THE SCOTT VEGETAVLES→DAWNという…DECENDENTS→ALL→DECENDENTSみたいな(ちがう)。どこまでも渋い、濃いPUNK/ROCKの中に居るこう…オルターネイティヴな、エネルギッシュな楽曲の数々。ダイエーとはまた違う雰囲気が素敵。DEBAUCH MOODこだわり(?)のアナログリリースですが、同内容のCDも付属していますのでプレーヤーをまだ所持していない方でも安心!プレイヤーは後々買いましょう![12inch+CD]
  • THE ACT WE ACT - レボリューションインザサマーep.
    THE ACT WE ACT - レボリューションインザサマーep.
    1,000円
    愛知のTHE ACT WE ACTの2015年7インチが登場!表題曲レボリューションインザサマーのサビはもう初見からシンガロングしてしまうだろうというくらいにキャッチーでございましてたまりません。ジアクトはキャッチーさが無い気がするのに何故かキャッチー。みたいな印象があります。変態的で難解でシュールで狂暴なのにスーッと入ってくるメロディーというかなんというか。自分がLIVEを観ていたのは08年近辺だったと思うのですが、当時もバリバリ企画やLIVEなど積極的かつ観る度に印象違うなあ…と思わされていました。あれって1stALBUM出る前だっけか…あれからメンバーチェンジもあり、このシングル及び2ndアルバムリリース後にもメンバー脱退が続くとのことですが、引き続きジアクトを観て行きたいなあと思うのです。凄く格好良いバンドなので。それにしても"明日に敬礼"の再録はうれしいなあ。 ※ジャケット端に若干の折れがあります。ご了承ください。[7inch]
  • kallaqri - カイホウ
    kallaqri - カイホウ
    500円
    待望の2015年作2曲入りCD。青森のPUNK/HARDCORE/激情/EMO/なサウンドでパッと見こわい。その実良い人たちであり、ある冬に東京へLIVEのため車移動していたら思いもよらぬ大雪による大渋滞。結果として会場にたどり着けなかったカラクリですが、道中で数々の困っている車両を助け出すその姿にまるでJAFのようだと全国各地から称賛の声が上がりました。まあそれはそれとして。長い活動の割に音源をあまり出していない且つ現状手に入りにくい(STAND OUR GROUND 2010くらい?)ことで、広く認知されにくい状況でした。YouTube等はありましたけども。で。今作のリリースは非常に目出度く、うれしいものでございます。いやほんとに。自分自身が一番待ち焦がれてましたもの。しかも"箱庭"が収録されているじゃあないですか。メンバーそれぞれに見せ場(?)があって美しい曲だと思って毎回観てました。はい。アートワーク含め素晴らしい一枚。あとはアルバム出ないかなあ…あとSource Ageもリリースしないかなあ…というわけでenvy、killie、LIP CREAM、CONVERGE、OUTOなど好きな方にぜひぜひ。[CD]
  • KOWLOON GHOST SYNDICATE - Demo 2014
    KOWLOON GHOST SYNDICATE - Demo 2014
    500円
    2014年結成の東京ニュー・バンド!と言ってもフレッシュマンというよりは経験値のある人達です。死んだ方がまし、gauge means nothingなどでお馴染みのカサヌマ氏がボーカルを取り歌うハードコアバンド。と書くとカオティック且つ変則的な味わいのバンドかなと想像する方も居ると思いますが、何といいますかバーニングなハードコアです。当然にしてカオティックとかそういうエッセンスもあるのですが、HARDCORE KITCHENからのニューリリースと言われても違和感ないなという雰囲気。それはそれとして。日本語詞の楽曲群なわけですが、コーラスがズババーァンと降りかかってくるのがたまらなく熱いです。歌うだけじゃなく語るというか喋るというかスポークンなパートもありつつですが兎角激動のサウンドの中で緩みや弛みは全くありません。CD-R付きですが是非カセットテープでも一聴を。[TAPE+CD-R]
  • MEIAN - 18 oct 2014
    MEIAN - 18 oct 2014
    100円
    岩手の激情/EMO/HCバンド!2014年ライブ音源2曲収録。この収録曲自体は下記リンクにありますMEIANのbandcampでダウンロードできますので、手っ取り早く聴きたい方はそちらからどうぞ!こちらはCD-Rですが紙パッケージ、歌詞同梱です。こちらも是非。というわけで、2015年4月に青森サンシャインでLIVEがあるわけで、それを私は楽しみにしているわけです。盛岡人だったこともある自分ですが、当時滅多に岩手のライブハウスに行かなかったことを若干後悔しております。まあ当時岩手のライブハウスに行ってもMEIANは居ませんでしたけどね。青森のkallaqriと双璧を成す(?)岩手のMEIANの演奏が楽しみで楽しみで。 [CD-R]
  • none but air [at the vanishing point] - s/t
    none but air [at the vanishing point] - s/t
    1,500円
    京都の激情ハードコアバンドの全国流通作品としては初であろうCDのリリース。6曲入り。ドラマティックで悲愴感のある楽曲群。ボーカルは叫び、語り、ボハーと放出する形で演奏は壮大で美しくやかましく激しく。さて、こういっては身も蓋もないのですが、激情バンドといえばウォアアアアァァァンア!ってな感じですよね。荒々しくもドラマティックでヒステリックで粗野で…汚らしさもあって。てな。で、このバンド(口に出して言うときは何て言えば良いのかなあ…ナバテア?)は綺麗なんですよね。バンドメンバーにプログラミング担当が居るからといえばそれまでというかまあ単純明快ではあるんですけども。その綺麗さが丁度いいラインに居るというか。あまりキラキラドリーミーになり過ぎず、それでいて煤けた感じが薄いというか。激情バンドって何考えてるかわかんないし怖いし敬遠するわーって人にもレコメンド…どうでしょう。いやどうなんだ。そこまでポップじゃないぞ。うーん。激しいぞ。怖いぞ。 [CD]
  • visitor - HIGH SPEED SAVAGE
    visitor - HIGH SPEED SAVAGE
    1,000円
    ex-EXPOSE、METAL SKULL、SCOURGEのメンバーにより結成された東京ハードコアバンドvisitorの1stアルバム!自主レーベルHigh Speed Savageからのリリースです。アナログ盤のリリースもありましてそちらは海外のレーベルImminent destruction recordsから。内容に違いがあるようですが両方購入すれば問題なし。ノイジーながらにどこで何が起きているのかさっぱりわからないということはなく、むしろわかる、わかるわ。と言いたくなるハードコア楽曲群。豪傑の咆哮のようなボーカル、すんげえ速くて狂おしい攻撃的なギター。各曲1~2分で休憩も粘着性もなしで叩き込むアルバム。ああでもボーナストラックまでの隙間が休憩と言えば休憩かな…?んでジャケットデザインなんですが、シンプルながらにこの発想おもしろいなあとひとり感心してました。こういうのを見ると大きいもの(12インチ)で欲しくなりますね。まあ当方は現状12センチのCDのみの取り扱いですがね!大事なのは音です!(迷走) [CD]
  • myheadswims / R3-N7 - DADA split cdep
    myheadswims / R3-N7 - DADA split cdep
    1,000円
    2007年リリースの東京MYHEADSWIMSと大阪R3-N7のSPLIT!R3-N7(ロザンナ)は現在の(Stubborn fatherとのSPLIT)のような重厚な感じではなく、物凄く奇天烈な頃の音源です。シャウトモスクワとかを彷彿とさせるような。そしてマイヘッドスイムズ。凄く好きでした。関東在住時ちょくちょく観に行ってました。何が好きって、変なんですもの。コミックバンドという印象はないんですけどもお客さんを突き放した世界に居るわけでもない、かといってなネットリ寄ってくることもない、なんか面白いバンドでした。再度LIVEやるなら私は何を置いても飛んでいくでしょうな…なんでしょうね…おもしろおかしいんですけどすんげえ格好良かったんですよね…JOYとかDEEPSLAUTERのようなバンドが光り輝いていたとうじ、似てるようで全然違う路線を満喫しているあのバンドが本当に好きでした。 [CD]
  • Trikorona - 様々な困惑(Various Embarrassments)
    Trikorona - 様々な困惑(Various Embarrassments)
    1,400円
    東京のVIOLENCE変則直球混沌HCバンド!何を書いているのか自分でもわかりません。初めてこのバンドのDEMOを聴いた時、何が何だかわからない…という気持ちでした。正直今聴いても何がなんだかわからない…という感じでもあります。しかしながら、DEMOを聴いた当時、轟音と騒音と荒ぶる唄と演奏の中になんかこうダンスミュージックなものを感じてワクワクしながら何度も聴いたものです。何度も聴いておいてなんなんですけど、よくわかりません。そして今作、個人的に大好きな"様々な困惑"も再録され、よりクリアに雑然とした感じになってウォオオオとなると同時にやっぱりよくわからないな…と思う今日この頃。多分ずっとよくわからない…とか思いながら楽しく聴いていくんだと思います。しかしうるせえなあこの一枚。ほんとすき。 [CD]
  • VIOLENT ARREST - LIFE INSIDE THE WESTERN BLOC
    VIOLENT ARREST - LIFE INSIDE THE WESTERN BLOC
    2,500円
    ex-RIPCORDのUKハードコアパンク2014年ニューアルバム!ボーカルが交代しFOUR LETTER WORDの人が加入…って話を目にして驚き。UKメロディックの人でしょう…LEATHERFACEっぽいというかLEATHERFACEトリビュートにも参加してましたしね。しかしながら元々力強い歌声であった人なので、違和感なくバンドに溶け込んでいます。むしろ良い影響を齎している?ジャケットからビンビンに発せらるる印象そのままにムッキムキのタフネス満載ハードコアですので、しんみりしたもの、美しいもの、キラキラしたものをお求めの気分の方にはまったくもってお勧めできない一枚となっておりますが、逆にジャケットを見てこういうサウンド好きそうだわい自分!と思ったなら間違いないんじゃないかと思います。アナログ盤でありますが同内容+αのCDも付属しているタイプを今回当方では入荷。[LP+CD]
  • THUNDER TOMAHAWK - THUNDER TOMAHAWK
    THUNDER TOMAHAWK - THUNDER TOMAHAWK
    2,000円
    宮城のR&Rな3ピースバンドサンダートマホークの2014年リリース1stアルバム!FOUR×FOURのメンバーも在籍していたりするのですがブンブンズンズンガンガン攻めるばかりではなく(基本的に攻めに攻めてますが)、じっくり聴かせる"月のアイラビュー"なんかも挟んできます。”シーサイドキッス"とか"ミッドナイトチャイニーズレストラン"とか英語タイトルがほとんどですが日本語詞です。日本語詞の中に英語が混じっているわけですがこう…とても日本語っぽいというか。ザ・にいちゃんの英語、みたいな(わかりづらい)。それがいいですけどね。このバンドのこの音で流麗な英語を駆使されても萎えてしまいそう…時折きらめくブンブンなベースもまた実に良い味わい。初めてこのバンドを観たのはたしか2011年。当時「なんかすごい人たちだなあ…」とバンド名はその企画で一番強く心に刻まれたのですがその後観る機会もなく、刻まれっぱなしで忘れてたんですけどもこのCDを再生してあの時の「なんかすごい人たちだなあ…」感が蘇りました。本作収録の13曲が2011年に聴いたそれらだっけ?というのは全く思い出せなかったわけですけども、あの時のサンダートマホークはここにいました。 [CD]
  • 死んだ方がまし - 切断魔/不自然な光
    死んだ方がまし - 切断魔/不自然な光
    1,000円
    東京ハードコア「死んだほうがまし」(バンド名)の2015年作1st7インチ!非常にインパクトある名前です。昨今は「水中、それは苦しい」「巨人ゆえにデカイ」踊ってばかりの国」とかまあインパクトあるバンド名自体は珍しくはなくなっているのですけども。単に『バンド名はふざけてるけど中身はカッコいいんだぜこのギャップがシャレてるだろ?センスいいだろ?』とチラチラアピールしたそうなグループも結構居る気がしないでもないです。が。このバンドについてはそういう気配がサラサラなく実にシリアスにそのバンド名から伝わる生々しさが音に現れていると感じます。80'S PUNK/POST PUNK/NEW WAVE等々といったジャンルに近しく、メンバーに元gauge means nothingのメンバーも居ますのであのバンドの迫力、魅力、異色さがにじみ出ております。本当に異色だなあと。自分自身がこういうバンドの音を新旧問わずあまり聴いてこなかったから、というのもあるでしょうが…独特な悲愴感、切迫感、ハイトーンなボーカルがそう私に感じさせるのかもしれません。(青森の人にしか伝わらないけど)fuguriっぽさもあるなあと思います。2曲入り! [7inch+mp3]
  • 6thMAN - Don't forget your memories
    6thMAN - Don't forget your memories
    500円
    弘前新進気鋭MELODIC、6thMAN。シックスマンと呼ぶかシックススマンと呼ぶかで意見が分かれていますがシックスマンで良いみたいです。MELODIC PUNKというかMELOCOREといった方が良いでしょうか。高速メロコア。個人的に高速メロコアという謳い文句はFULLSCRATCHやSTORMでよく目にしてたんですけども。うーんFULLSCRATCHとかのオラオラさ(?)はあまりなくスマートな感じなのでlocofrankとかそういう方向と言えばいいのかしら。フレッシュな若人といえば若人ではありますが、演奏はもうびしびししてますし地元や県外のLIVEを重ね段々と味わい深くなってきてます。Cash Number、Follow Close Behind等々と共に弘前メロディック界隈を今盛り上げている若手の一翼。今後も期待。[CD-R]

(カテゴリー内:206点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索