DISTRO

  • ZAWA FREAKBEAT - 喫茶ゲム
    ZAWA FREAKBEAT - 喫茶ゲム
    250円
    2014年にリリースされたG釣墨州とのSPLIT(合同誌)を経てリリースされたザワさん新作。"Private World"はバンド絡みのお話ですがこちらはゲーム…というかゲーム喫茶絡みのお話。先述のSPLIT(合同誌)の再録というかREMIXというかRE-Recordingというか。2曲入り7インチというか。独特な陰謀顔が"Private World"に引き続きもうなんというかおなじみだなあと思う今日この頃。社会人×ゲーム喫茶×ラブコメというシンプルな世界でさらりと、それでいてゆるっと展開する2話掲載32ページ。それにしてもヒロイン本間さん好きですね。表紙で既に苦虫を噛み潰したような顔してますけど。主人公は(あれ?これは主人公は本間さんかしら)SPLITの時と若干スペックが異なるのか謎感があってこっちの方が面白くて好きかも。SPLITとの比較で言えば今回の本間さんはメガネ無しなんですよねえ…メガネも良いんだけどなぁ。 [COMIC]
  • ENOUGH - enough
    ENOUGH - enough
    1,000円
    ex-THE OXIDEのメンバー含む新バンド「ENOUGH」の1st7曲入りCDがリリース!THE OXIDEというとHERE COMES THE BOTTOM LINE...やFORGET ME NOTとのSPLITで(個人的には)おなじみのバンドでした。単独作は…とか思っている内に行方がわからなくなって2014年新バンドのお知らせですよ。実に(個人的に)嬉しいお知らせでした。ex-THE OXIDEとありましたが、そのカラーは十分に引き継いでいるのではないかと思います。より円熟味…というか重心が低くなったというか。ざっくりいうとENOUGHは激情バンドでございますが、一括りに激情といっても色んなタイプがありまして。静と動がくっきりしているであるとか、ドラマティックであるとか、ダンサブルであるとか、物語的であるとか、いろいろあると思うのです。で。このENOUGHはどんな感じかというと、数人がかりでベコベコになったバットでやたらめったらに襲い掛かられる感じの激情ハードコアであると思うのです。例えがピンと来ないことと思いますがそれはそれとして、畳みかけるゴスッゴスッとしたダークで粗野な音は実に格好良いと思うのです。洗練だとか美麗だとかとは違う景色。 [CD]
  • And Protector - Lime Green
    And Protector - Lime Green
    1,500円
    2014年リリースの6曲入りCD!というわけで。2013年にロマンチックノビタレコーズからリリースされた無料配信オムニバスアルバム"Japanese Pop Punk Compilation 2013"に収録されていた"エゴサーチ"が満を持して(?)この単独作にも収録。いや音楽家ではないので実感はないですが、オムニバスに投げ込む1曲というのは一撃必殺感のある曲を投じるものではないのかなと。アルバムのフックになる曲を提供しよう…と考えるのは捻くれた人かなあと。何が言いたいかというとエモーショナルで良い曲だということです。1曲目"中吊り広告、風に揺れて"からの2曲目"envy"で聴き手としても疲れるくらいにエネルギーが放出されています。オール日本語詞なので唄がストレートに直撃することもあるでしょうが、熱くシリアスな一枚。間違っても爽快感を求める方には薦めません。激情HC/MELODIC POP PUNKの中間をゆく感じで、中間というか美味しいところを喰らう感じで、幅広い層にオススメできるんじゃないかと思います。爽快感をお求めの方を除いて。 [CD]
  • from ten to nine / Order From - SPLIT
    from ten to nine / Order From - SPLIT
    800円
    from ten to nineとOrder FromのSPLIT!!!カセットテープですがmp3ダウンロードコードも付いておりますのでカセット再生機が無い方でも安心。でもカセットでの再生も良いものですよ?再生機もなんだかんだで入手できる時代ですし。ポータブルタイプなら気軽に入手できますし。それはそれとして。Order Fromはクレジットをみる限りこの音源では正式メンバーは一人だけ。んでメンバーの紆余曲折を経て新バンドSINKERへと進化していくわけで、今作がOrder Fromとしての遺作になるわけですね。EMOい雰囲気のMELODIC PUNKですねー。今作と同時入荷のSinkerを聴き比べると「同じ声だなあ…」と感動します。当たり前ですが。from ten to nineは相変わらず不穏なシリアスインスト。3曲収録。fron ten to nineの曲はどれも"#数字",なんですよね。今作では"#7"、"#10"、"#16"ですね。普通に推測するとこれらのタイトルは曲が生まれた順かな?と思うところですが、そう思わせて実は#7より#10が先に作曲されていた…っていうのが金田一少年的展開ですよね。全然関係ないですけど。 [TAPE+mp3]
  • Fight Fat - Too Fat To Fight EP
    Fight Fat - Too Fat To Fight EP
    500円
    青森県八戸のFight Fatの6曲入りファースト!基本日本語詞のPOP/MELODIC/PUNKで、AFTER TONIGHTとかWE ARE THE CHAMPIONSとかそういう方向のサウンド。2014年現在日本で流れがグッと来ているということもあるかと思いますが、Fight Fatはその流れをバンド招聘などで積極的に青森に引き寄せ、この数年でこの周辺のバンドすき!という人が青森で増えた気がします。気のせいである可能性も十二分にあります。はい。まあムーヴメントとかはさておき、Fight Fatですね。前述の通り日本語詞なのですが当初LIVEで観ていた時は半分くらい英語詞なのかな?と思ったりしたものですがCDで聴くとしっかり日本語詞でストレートで前向きな内容です。サッドな要素はありません。LIVEは当初からしっかりまとまっていたバンドだと思うのですが回数を重ね更にエネルギッシュ且つFUNな味わいが出てきていると思います。今後も期待です。あーしかしボーカルの声を聴くとなんとなく秋田のMustang!を思い出しますねえ…[CD-R]
  • The No Marks / Not For... - 7 Songs Split
    The No Marks / Not For... - 7 Songs Split
    1,200円
    FIXING A HOLE RECORDSのお馴染洋邦SPLIT!! 2014.10.22にWATERSLIDEからアルバムがリリースされるTHE NO MARKSと徳島のNOT FOR...。THE NO MARKSはDOWN AND OUTS、CROCODILE GOD、BLOCKOというメンバーからなる新星と言っていいものかてなバンド。今作では過去アナログで発表していた楽曲をまとめて再録という持っていない身としては非常に嬉しい話。いや、アナログ作品ってうっかり逃すとCD作品以上に入手が難しくなったりしません?若干ですけども。SKIMMERやMEGA CITY FOURなんかを彷彿とさせるナイスメロディ。それに対するNot For...も表情豊かな3曲収録。Not For...て発声するときどうしたら良いんでしょう?「ノットフォー・・・」と語尾にタメを作る感じでいいんでしょうか。九州~四国MELODICはなんかこう…「つよい」って感じがしますねえ。マッチョというわけでなくて。強引ってわけでなくて。威圧的ってわけでなくて。「つよい」感じ(アバウト)[CD]
  • REVOLUTION FOR HER SMILE - SONGS FOR ALL ALONE
    REVOLUTION FOR HER SMILE - SONGS FOR ALL ALONE
    864円
    西日本バンドRFHSの4曲入りシングル!WATERSLIDE RECORDSや生き埋めレコーズのV.A.にも参加していましたが久々に新曲が聴けました。岡山で高校生だったBANDですが進学やらで離ればなれ…なのに解散せずスローペースでも活動しているのは嬉しいですね。個人的には2011年の岡山ペパーランドでのLIVEで観たきりですが…また観たいですね。あの時は「ちょっとコンビニ行ってくる」と言って青森~岡山間ドライブでしたからね…何考えてたんでしょうね…無職の行動力はよくわからないですね。HER SPECTACLESの"Lie"という曲の歌詞からとったバンド名であることは極一部では有名な話ですが、HER SPECTACLES活動再開しませんかね…そちらは海外に行ったメンバーも居るんでしたっけ…CIGARETTEMANみたい…[CD]
  • SKIMMER / heylome - SPLIT
    SKIMMER / heylome - SPLIT
    800円
    多作というかなんというか。青森で「曲が全くできない…」と嘆いていらっしゃる某ギタリストにいくらかでも作曲衝動を分けてくれたら…と思えるイギリスメロディックSKIMMER!!2013年も来日してくれましてその際にリリースされたSPLIT。2曲目はジャケットも歌詞も見ずに聴くと間違いなく"LONG WAY HOME"と勘違いする"WRONG WAY HOME"。瑞々しさと爽快感が全く失われない格好良いおじさん達です。対するは静岡メロディックheylome。WATERSLIDEの紹介文で知ったんですが元A SINGLE WORDのメンバー居るんですね。いやあのバンドDEMO以降どうなったのかなと気になっていたんですが…まさかこんな形で。A SINGLE WORDといえばPEACE OF BREADの"MY GIRL"のイントロそのまんまの曲ありましたけどあれってわざとだったんですかね。いやまあそれはそれとして。女男ボーカルでミルク多めのコーヒーみたいで実に良い具合です。DISCOUNTとかCHECKMATESとかCIGARETTEMANとか好きな人にぜひ。 [CD]

  • Nostalgic four past and Cigarette end - サヨナラのわけ
    Nostalgic four past and Cigarette end - サヨナラのわけ
    1,800円
    Nostalgic four past and Cigarette endの8曲入りミニアルバム!倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンスを彷彿とさせる長いバンド名ですね…倭製~はたしか「一番長いバンド名」にするためにあんなのになったはずですが、今検索したら後期に「!wagero!」に改名していたと…なんで…まあそれはそれとして。タワーレコード限定リリースや3rdRECORDSからのシングルなど数々のリリースのあった2011年結成京都バンド。MOTHERのメンバーも在籍。MOTHERというとギンギンのサウンドですが、Nostalgic~は…こちらも結構ギンギンですね。しかしその方向性が異なると申しますか。凛として時雨、アジアンカンフージェネレーション、ナンバーガールのような日本語ロック寄りのギンギンしたサウンド。なんとなく凛として時雨を例に挙げたのはハイトーンなヴォーカルゆえ。これはもしかしたら好き嫌いが分かれる部分かもしれないのですが、このバンドはかなり幅広く聴いてもらえる音楽じゃないかしらと思うのです。[CD]
  • ZAWA FREAKBEAT - Private World vol.8
    ZAWA FREAKBEAT - Private World vol.8
    450円
    2014年リリースの第8巻!PUNK/POWER POP漫画プライベートワールド。今回は4話収録88Pです。この作品もどうやら終盤に突入してきたようで…話が転がって行きます。自分は楽器やらないし当然LIVEのステージに立つことも無いので、今作を読んでてへぇーと思うわけですが、実際バンドやってる人が読んだらあーあるわーこれあるわーと思ったりするんでしょうねぇ。それはそれとしてこの8巻。漫画そのもの&PWという作品に慣れてきたことからか表現や線の簡略化などに伸び伸びしたところを感じると共に、やっぱり今大変なのかなと思う部分もしばしば。あと全く関係ないけどライブハウス近藤さんの顔設定も悩んだのかなーと思ったり。しかしまあ漫画の魅力は一枚絵ではなくて絵/コマ割り/吹き出し/展開/etc諸々総合的なもんだと思いますですよ。話が逸れに逸れましたが高校生佐々倉さんいいですよね。[COMIC]
  • LITERATURE - CHORUS
    LITERATURE - CHORUS
    1,400円
    1stアルバムが素晴らしくて評判になったLITERATUREの2ndアルバム!の日本盤!(WATERSLIDE)です。日本盤に限りシングルでリリースされていた"Apples"を収録。 POWER POPを基盤に…別にPOWER POPが基盤ってわけでもないのかな?まあそれはそれとして。キラキラしてたのしい気持ちいいPOPがとにかく軽快に鳴り響くアルバムです。ファーっといた歌声とポァーとしたキーボード感というかなんというか2014年作品なのか昭和の名盤なのかという混乱を招かないでもないそんなLITERATURE。いや古臭いって話でなくて。ちょうどこの文章を打っているのが天気の良い昼間でして。布団干してまして。生活感溢れるタイミングですがこんなシチュエーションにも良く合うなあ…と思いながら寛がせていただいてます。[CD]
  • Baby, Please Kill Me - Hello Again, And Fuck You
    Baby, Please Kill Me - Hello Again, And Fuck You
    800円
    キルミーベイベーの3rd!!!というわけで。illya、NAVELといったメンバーから構成される爆音パワフルハードコアです。…ん?NAVELいとーさんって実際のところ今BPKMのレコーディングに参加してるの…?忙しいんじゃ…?と思ってクレジットをよくよく見たら、「Takumi Ito - Admiral」、と。admiral[名詞:海軍大将、海軍将校、提督]…「提督」…ヘーイ!テイトクゥー!艦これじゃないですか…バンド内提督担当なんてあるんだ…世の中は広いなあ…まず最初にこのCDをふわっと聴き始めて、「おっこの曲すきだなー」と思ったのが4曲目"HYPER HINDU SQUAT"。ん…?これって…HYPER HINDU SQUATTERS!わあ!なつかしい!とHYPER HINDU SQUATTERSの音源聴いたりしてあっちこっち。逸れましたがあれですね。HYPER HINDU SQUATTERS好きな人はBPKMすきだろうなあ…と改めてHHS聴いて思う2014年夏。熱中症で頭ぼんやりしてます。 [CD]
  • GRIN - 壊滅のパレード
    GRIN - 壊滅のパレード
    800円
    東京ハードコアGRINのラストシングル!2011年リリース!というわけで。GRINというと「省略された世代の皺寄せ」しか持っていませんで、それでいてその作品が結構好きでして"(白く塗れ"とか)。悲壮感バリバリのアアアアアァアアアア!って楽曲群がいいなあ、って思っててそこで耳にしたのが今作。アァァアアアアアアアア!ってな展開は引き続きですがなんていうんでしょう?コシがあるというか。前作が灰になりそうなハードコアなら今作はまだギンギンの炭。というか。ざっくりし過ぎた表現ではある。1曲あたり3~4分と比較的長尺なナンバー揃い。曲中のタメやもったいぶったイントロなどは特に無く、スピーディーな曲の中でクイックイと味付けが散りばめられてりますゆえ、熱く燃えるなあと思えるのです。わずかに4曲。されど4曲。最後の4曲。[CD]
  • DERIDE/WAGPLATY/antoniothree/HOLLYWOOD MASSAGE VIBRATION - 百万$ノキッス
    DERIDE/WAGPLATY/antoniothree/HOLLYWOOD MASSAGE VIBRATION - 百万$ノキッス
    1,500円
    新潟DERIDE、東京WAG PLATY、四日市antoniothree、大阪HOLLYWOOD MASSAGE VIBRATIONによる4 way split!DERIDE3曲、WAG PLATY4曲、antoniothree3曲、H.M.V.4曲で合計14曲と中々のボリュームでございます。ベテラン揃いの4バンドですが古臭い(古臭いのが何かって聞かれても困るのですけども)カビ臭いサウンドではなく現在進行形で活動しているバンドの精力魅力に溢れていると感じます。中でも、と言いますか単純に好きで先日の7インチなんかもお気に入りのH.M.V.が今作でも一番輝いていますね個人的に。すきなものはすきだからしょうがない。すきしょ?なんですかそれは。それはさておきH.M.V.は全体的に独特なんですがボーカルも独特ですよね。全くの未聴の曲でも耳に入った瞬間「H.M.V.だ!」ってなるこの感覚。うふふ。そしてこのCDジャケット。4つ折りになってまして、CDケースから見えているのは1/4なんですね。ケースから抜いてパラっと開くと全体像が拝めるわけですが、10インチジャケットでリリースされないかなーと思うナイスデザイン。[CD]
  • RINTO-SS - 日本の一番あれの日
    RINTO-SS - 日本の一番あれの日
    1,300円
    東京PUNK / NEW WAVE / HARDCOREバンドの2013年作フルアルバム!かなり長い活動歴のはずですが、今作が初アルバム。ガシガシとメンバーチェンジがあったりもしまして、現在はサックスとギターとドラム。サックスとギターがそれぞれボーカルをとっています。サックスばんばん吹いて歌ってってどんなパワーだ。メンバーチェンジの影響もあるでしょうが、若干の変化も。以前はもっとムッキムキなバンドという印象がありまして。自分が観たのはたしか2007年くらいだったかなーと思いますが、GROANING GROOVEやPRATFALLと並んで力こぶ感が凄かったです。現在はその血管の太さをそのままに、変則感や変化球感、ハチャメチャ感が盛り込まれてて、例えるならばaccidents in too large fieldやNO、ボロキチ、JOY、myheadswims…といったバンドの、ような。そんな、9曲入り!(10トラック) [CD]

(カテゴリー内:203点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索