DISTRO > メロディアス

  • Blackender / DETOUR / Little Factories / HITSVILLE - SEND HI-FIDELITY
    Blackender / DETOUR / Little Factories / HITSVILLE - SEND HI-FIDELITY
    1,200円
    仙台MELODICバンド4 WAY SPLIT!  仙台というとハードコア/パンクバンドも充実しておりますが、メロディックバンドも昔から健在。さて今回の4バンド。こないだリリースしたDETOUR以外は単独作品はデモを除いてたしか出していないはず。かといって新人バンドとは言いがたい活動歴。バンド歴で言っても、BLACKENDERは元COMEONFEELですし、同じくLITTLE FACTORIESもそうですよね。HITSVILLEは目立ったリリースこそ無かったと思いますが…個人的に2005年のDEMOは至高でして。皆ベテランですよね。さてさてBLACENDERはCOFよりも渋く濃く。DETOURは"My World Secret"のシンガロングっぷりがクセになります。小工場はなんて言って良いかわからないんですけども仙台のMELODICという感じです今回特に。HITSVILLEはそれこそ2005DEMOの頃と変わってPOWERPOP/PUNK路線なのですが、現在の路線もまた格好良いのです。[CD] 
  • farandell - active deviation
    farandell - active deviation
    800円
    仙台のfarandellの初作品6曲入り!RISE AND FALL、MAKE MENTION OF SIGHTのメンバーから成る4人組。RISEANDFALLというだけで興奮する界隈。自分。バンドの結成の知らせを目にしたのはいつだったでしょうか。RISEANDFALLはやっぱりもうやらないのかなという寂しさもありましたが、新バンドという吉報。それほど露出は多くないという印象だったのですが2018年に音源リリース。言うまでも無く(言うまでもなくとか言ったらコメント欄を設ける意味が無いですが)とても格好良い。緊張感、日本語英語混成歌詞。ポストハードコアバンドというくくりですが、とてもメロディアス。だけどすんなりするりとは懐に入ってこない展開。ぞくぞくわくわくします。[CD]
  • wombscape - ゆめうつつまぼろし
    wombscape - ゆめうつつまぼろし
    1,800円
    1stフルアルバム!激情ハードコア/カオティックに大別されるかと思いますが、ドラマティックというか物語的というか…本人がアート・コアを自称するように、アートを意識しているのかと思います。そういう意味では音だけではなくてパフォーマンス等を含めたトータルで味わうのがベストなバンドなのかもしれませんが…とりあえずこれはCDなので、音とジャケットと歌詞で味わうものですね。激しさも有りますが、練られた神妙さ、美しさ、焦燥といった不穏な印象が強い作品。curveのようなメロディアスな歌声も時折混じり、視聴にエネルギーを使いますがそれでいて疲労というよりもおなかいっぱいになるような感じです。  [CD]
  • sandinista! - 4songs
    sandinista! - 4songs
    100円
    岩手のニューバンドsandinista!の初録音作品!bandcampで公開(Name Your Price)されたものですが、同内容のCD-Rでございます。歌詞が付いておりますよ。さてsandinista!ですがかつてmouth of speechで活動していたoshitaさんを中心に結成されたバンド。コアな当ディストロユーザーさんなら、ああ、あの!と思うかもしれませんね。他にはTHE DAWNS、A Box of Chocolateのメンバーから成る。ということで。すみません他の2バンドについては未聴だったもんでなんとも言えないのですが、割と不穏な印象があったmouth of speechからするとこれはまた随分グイングインとアッパーな…いや脇腹か。アグレッシヴだなあと最初感じました。後日blogを読んだらその辺が書かれておりバンド名の由来にもつながるので是非そちらも一読を。Bullet and Travoltaしかり私は岩手バンドというだけでちょっとウキウキするところがあります。岩手で暮らしていたことがあるからという面白みも何も無い理由からではありますが、なんというか岩手はこう…凄く大きいのにそんなに音楽の話題は盛んではない(誤解があるといけないので書きますが良い音楽家やライブ会場やお店が沢山あるのは承知してますよ)印象があるんですよね。でもたまに発見するとズドンと気持ちの良いバンドに出会える気がします。岩手時代全然ライブハウスに足を運ぶ自分が書くと説得力皆無なんですけどもね。それにしても。レイモンドペティボンのフォントもあるのか… [CD-R]
  • あなのなかにかくれているロバ - あなのなかにかくれているロバ
    あなのなかにかくれているロバ - あなのなかにかくれているロバ
    1,200円
    小学二年生と幼稚園年長組の兄妹が歌い叫ぶパンクロックバンド。というわけで。小学生のバンドというと最近はチーターズマニアが有名ですね。チーターズマニアより若い。8歳と6歳。さて。正直なところ、若い子がパンクロックバンドに参加ってどうなんんだと思っているわけです。いかんでしょと言いたいわけではなくて、幼子がうるさい環境下に居るなんて…とかそういう他人のおっさんのような気持ちが無駄に先行してしまいまして。しかしまあそんな懸念はさておき楽しくレコーディングされた2018年作のアルバム。2009年(つまり赤子時)のボーカル曲もあり、ベストアルバムというか成長の記録というか…ちっちゃいこにどうしても注目がいってしまいますが(注目しないとおかしい)、おとうさんによる音楽もまたファニーで素敵。ちっちゃいこ歌唱がメインじゃない楽曲がまたちっちゃいこに遠慮なくて良い塩梅なのです。 ※特典CD-R付属 [CD]
  • Flower Zombies - Nowhere Songs
    Flower Zombies - Nowhere Songs
    2,000円
    東京バンドということでいいのかな。FLOWER ZOMBIESの1stアルバム!この独特なタッチのジャケットはやはりSUSPICIOUS BEASTSの岡田氏。媒体がレコードかCDかmp3かWAVかということがどれ程重要なものかはまあ人それぞれだとは思うのですが、このLPはレコードでの鑑賞にとてもフィットしますね。音質も音楽も、なんというか大層な機器を利用せずとも気持ち良く堪能できる。A面ラストに"One more time"がくるのもよろしい。個人的に好きな曲で締められるのが好き。さて男女ボーカル…というか曲毎に男性ボーカル女性ボーカルを使い分けているバンドですがカラっと色分けされていていいですね。ともすれば燻された12曲にどっぷり沈むところをオムニバスかなってくらいにさし色が入るのでいくらでも堪能できます。ジャケット浦の曲名誤記(Chep magic→Cheap magic)は気にしない。 [12inch+mp3]
  • THE BECAUSE - GET OUT THROUGH THE BACK DOOR
    THE BECAUSE - GET OUT THROUGH THE BACK DOOR
    2,160円
    ※3/9発売 THE BECAUSEの1stアルバムにしてラストアルバムがアナログレコードで再発!CDは廃盤になっていたようで…お持ちで無い方は是非こちらを手にして欲しいです。ダウンロードコードも付属しておりますので再生機が無い方でもとりあえずこれを。さて。アルバムですね。このアルバム前はカセットやスプリット、オムニバスといった細かいリリースばかりでした。The Dauntless EliteとのSPLITに収録の"Cheers For Your Future And My Past"のような、切れたナイフのイメージを常に抱いていました。いくつかのLIVEでもそういった低温が感じられた気がします。が。まさにこのアルバムリリース直前。愛知でのRINGERS来日公演で観たビコーズは(当時の)未発表曲連発で。びっくりしました。知らない曲ばかりということもありましたが、熟成、焙煎されたような楽曲の数々。今までと違うというわけではないですが、何かこう…新しいわぁ、と思いました。名曲"The Luck At Last Night"が来た時は知ってる曲が来た喜びとドラムの凄まじさによる興奮が止まりませんで。あの時はRINGERSの人もすげえなぁ!ビコーズすげぇなあ!(英語)って言ってましたね。現在のBALLADMENの手前、まさにpre-BALLADMENな作品です。それにしても。"LET EVERYTHING BE"はいつまでもどこまでも最高の曲ですよね…イントロで御飯が食べられます。[12inch+mp3]
  • bigott - CANDY VALLEY
    bigott - CANDY VALLEY
    1,000円
    tall juan、Hi, how are you?原田 晃行に続く"r"(Dream on rrcords)からのカセットテープリリース第三弾。スペインのbigottのニューリリースがありますぞという知らせを聞き、全く知らないなあ…と思いつつ入荷を決意しました。試聴は勿論一切の情報を収集することなく。いやあプレーヤーに突っ込んでどんな音が流れてくるのかさっぱりわからないワクワク感が欲しくて。しかしさっぱりわからないと描きましたが、dorからのリリースということでカラフルかつ捻りのあるPOPな作品であろうという信頼感がありました。そしてその期待は裏切られることなく。ポップス/ニューウェーブ近辺でしょうか。軽快だったりドリーミーだったり。後から調べてみましたが愉快でファンキーな面白おじさんが出てくるばっかりでbigottがソロなのかバンドなのかすらよくわかりませんね…(多分ソロプロジェクト)
    9曲入り! [TAPE]
  • florence - outer layer
    florence - outer layer
    800円
    横浜ハードコアバンド!先日ナイスなMELODICバンド”without”をリリースしたRAFT RECORDSからのリリース。このバンドは存じ上げなかったもので、紹介された時はもうwithout系の音楽を想定していたので試聴したら驚いた…激情的な要素もありつつ、ドコドコ邁進する様はand protectorを彷彿とさせますね。日本語詞の言葉をしっかりと吐いて届ける感じの歌唱スタイル。4曲というシングルですが熱量的に丁度良いサイズです個人的に。しかしまあジャケットといい、曲名といい、らしさが出まくっていて格好良いですね。[CD]
  • 原田晃行 - DREAM CATCHER
    原田晃行 - DREAM CATCHER
    1,000円
     Hi, HOW ARE YOU?の原田氏ソロ。2018年リリースの5曲入りカセットテープ。RCサクセション、The Halo Bendersのカバー収録。ジャケットのトラックリストの記載がスペルミスあるけど気にしない。本作品はとてもポップでキャッチー…いやキャッチーかこれ…?いやでもポップでドリーミィ。一部ドリーミー過ぎてまたカセットデッキ壊れたかなと思いました。この文章を書いている時点で外は猛吹雪で気象警報出ているのですが、それを束の間でも忘れさせてくれる異次元誘拐ポップ。ミュージックビデオにもなっているA面"夢でバッタリ"も良いですが、B面の"メロンパン"も最高にダンサブルで素敵。ただ、カセット再生終わると同時に外の暴風雪の音がなあ…聞こえてくるなあ…[TAPE]
  • TALL JUAN - JOYA NEDO
    TALL JUAN -  JOYA NEDO
    980円
    アルゼンチン出身NY在住TALL JUANソロプロジェクト4曲入りカセットテープ!さっくりとしたロックンロール、パワーポップ、ガレージ。いくつかのリリースがあって本作品が2017年時点最新作。これまではイェイイェイズイズイな攻めの楽曲が並ぶ中(すみません初めてTALL JUANを本作で知った身なもので過去作品はbandcampで齧る程度にしか聴いていないんですけども)、この4曲はイェイイェイながらもよりフワッとモワっとポップな揺れ幅があって気持ち良いです。私がよくレビューで使う言葉をここでも書きますが、テープで聴くとしっくりくる作品だと思います。良いなー。ところで"Joya Nedo"ってどういう意味だろう… [TAPE]
  • V.A. - Mainspring Tribute
    V.A. - Mainspring Tribute
    600円
    東京メロディックパンクバンド、Mainspringのトリビュート作品。6曲入り。何が凄いって…自分はMainspringの全作品を所持しているわけではないのですが、たしかいくつかのDEMOと、コンピレーション、5曲入りミニアルバムくらいじゃなかったですっけ?フルアルバムはリリースしていなかったと思います…が。そんなバンドですがトリビュート出てしまいましたね。発起人FURTHER PLATONICの愛による部分が大きいとは思いますが、集まったバンドも豪華(だと思います)。今をときめく(と思っています)POP/MELODICバンドが集結しているじゃあないですか。THE HUM HUMSはクール爽快なハムハムズ風味に調理しているし、SLUGGER MACHINEやPASSIVE CHORDは4 way splitの時の絆を感じますね。なんとなく。 [CD]
  • MOMA - SINGLE
    MOMA - SINGLE
    800円
    2017年リリースの最新作。2曲入りの"シングル"としてデジタルリリース(bandcamp)されまして。その2曲に2011年のアコースティックセッションと、2016年のライブ音源を収録。このオマケについてはカセット限定ですので聴きたい方は是非。ダウンロードコードも付属しておりますのでカセットデッキをお持ちでない方も大丈夫。今作も鍵盤が突出し過ぎず埋もれ過ぎずの丁度良い流麗さ。しかし…2曲目のタイトルは何て読むのだろうか…わからない… [TAPE+mp3]
  • vanellope - attention
    vanellope - attention
    800円
    vanellopeの2017年最新作は4曲入りカセットテープ。キラキラ…というよりも快晴といった感じでしょうか。COMEBACK MY DAUGHTERSのような美味しさ。A面とB面でMIX担当を別にしたということで、雰囲気も結構変わっております。どっちも良いんですけども。A面はクリアでB面はスペーシー。スペーシーって言っても自分は宇宙に行ったことないんですけどね…bandcampからデジタルアルバムを購入することもできます。カセットでも欲しいなあという方は今回50本限定生産のようなので、無くなる前に早めに入手されてはいかがでしょう。 [TAPE+mp3]
  • The Restaurant - 暮らしの中で
    The Restaurant - 暮らしの中で
    1,300円
    静岡バンド!全編日本語詞のメロディックパンク…というよりはギターロックでしょうか。ザ・青春。なんて言ったらいいんでしょうねえ…個人的に、いつだったか、こんなバンドがわいわい盛り上がっていたシーンを思い出すのですが、それがどんなシーンだったのか、自分自身のいつの記憶なのか、それはもうトシなので思い出せないんですよね。現行の若いバンド(だと思います)。昔のコピーじゃなくて好きな音楽をやったらたまたま私の記憶をピシピシと良い具合に刺激してくれたという感じでしょうか。muleやonsa、GRAPEVINEをどことなく感じさせてくれます。疾走間のある曲の方が割合として多いミニアルバム(6曲入り)ですが、もっちりしたミディアムな曲がかなり光ってますね。なんとなくふり幅が広めな気がしますが今後どうなっていくのか楽しみです。[CD]
  • bows - Neverunite
    bows - Neverunite
    1,200円
    徳島MELODICの2017年末発売予定だった3曲入り7インチ!約1ヶ月遅れてのリリース。まあそれはそれとして。焦げ臭い熱いバーニングメロディックですね。自分でもよく使う表現なのであれなんですが…LEATHERFACE好きな人に、とかI EXCUSE好きな人に、って書かれているのを読むと期待値が極端に高くなってしまいませんか?私がそこら辺好きだから過敏になっているだけかな…?まあいいいか。そういう事前のハードルが上がっちゃうと、初体験時の感動が薄れてしまうことがあったり、(勝手な)予想からずれていて戸惑ったりしまうので、そういう謳い文句には気をつけているのですが、本作はそういう謳い文句を使っても良いんじゃないかなと思うのです…勿論コピーじゃないので、予想外とか期待外れってのは十分あるかと思いますが良いですぞ。やっすいレコードプレーヤーで聴くと凄く気持ちが良い(製作者サイドからするとちゃんとした再生環境で聴いてくれよと思うでしょうけど)。[7inch+mp3]
      
  • STAND ALONE - think backward e.p.
    STAND ALONE - think backward e.p.
    500円
    山形のニューバンドSTAND ALONEの2017年末作!4曲入りです(3曲目はインストでラストに向けて盛り上がる助走ともいえるような)。酒田CITYハードコアバンドWALLのメンバーも含む…と書くと、おっまた(最近の)山形名産ハードコアかな?と思うかもしれませんがメロディックです。全体的にSAD寄り…というか雰囲気は暗さが醸し出されていますがシンガロングもありの高熱量。現行のバンドよりも10年くらい前のローカルメロディックバンドが好きだわ派の人(いるのか?)も気に入ってくれるでしょう。古いというわけじゃなくて。みんなが沸き上がる、そういう変わらぬ、愛されるもの、ですよ。キキララとか。[CD]
  • infro - signal
    infro - signal
    600円
    2017年最新作3曲入り!メンバーチェンジなどもあってかしばしゆっくりしていたように感じられた北九州のinfro。しかしながら本作に収録の"今が君の思い通りに"のミュージック・ビデオが公開された時にはinfroは死んでなどいないぞ最高だぞという歓声に包まれました。自分の脳内での話ですけどね。どこまでもSADな、エモーショナルなMELODICは今なお最高です。自分が10数年前にディストロを始めた切欠であるinfroです。ディストロ展開して「オススメは?」と聞かれたら毎回提示するこのバンドです。はい。いやあ。なんて言えば良いかはもうよくわからないんですけれども、私はこのバンドが好きなので聴いて欲しいなあ、という素直な気持ち。[CD-R]


  • REVOLUTION FOR HER SMILE - A COMPILATION OF RAD YOUTH
    REVOLUTION FOR HER SMILE - A COMPILATION OF RAD YOUTH
    1,500円
    自分がRFHSについて書くと必ず「青森から岡山までコンビ二に行く感覚で車で出発した」というエピソードがでてきてしまい、同じことを延々書くのは老化のせいだろうかあるいはそれがとても良い思い出だったからだろうか、というのは判断に迷うところでございます。まあ老化で良いんですけども、その時観たRFHSは高校生でしたがとてもナイスでしたしMEGA CITY FOURのカバーを披露していることからもこの人達絶対自分より音楽詳しいわね…と思ったものです。で。そんな人達が順調に進学し順調に教養を深め年輪を刻めばそらあ良いバンドに育ちますよね。変にこじらせるでもなく、無変化でもなく、すくすく伸びに伸びた気持ちよいアルバムです。爽やかだけど陰もあり…SADもあるよなMELODIC PUNK。いやあ…しかしHER SPECTACLESって良いバンドですよね。 [CD]
  • DETOUR - On Your Mark
    DETOUR - On Your Mark
    500円
    仙台MELODIC、DETOURの4曲入り!これまではDEMOとかオムニバス参加で、単独の正式音源って初(ですよね?)。活動歴の長さの割にはあまりリリースの無かったDETOUR…初期音源からはDEEDS NOT WORDSやJACK NICHOLSONSといったズバーンとしたバーニングな感情と爽快感という印象がありました。が。今作では爽快感というか…開放感が気持ち良いです。熱量が減ったわけではなくて別方向の熱源になったのでしょう。別方向っていうほど転換してないんですけどね。真っ直ぐに気持ちが盛り上がる、そんな4曲。"バカにつける薬はない"がとても好き。リリースは仙台のSPOTTED PATTERN。[CD]

(カテゴリー内 : 86点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク