DISTRO > メロディアス

  • DETOUR - On Your Mark
    DETOUR - On Your Mark
    500円
    仙台MELODIC、DETOURの4曲入り!これまではDEMOとかオムニバス参加で、単独の正式音源って初(ですよね?)。活動歴の長さの割にはあまりリリースの無かったDETOUR…初期音源からはDEEDS NOT WORDSやJACK NICHOLSONSといったズバーンとしたバーニングな感情と爽快感という印象がありました。が。今作では爽快感というか…開放感が気持ち良いです。熱量が減ったわけではなくて別方向の熱源になったのでしょう。別方向っていうほど転換してないんですけどね。真っ直ぐに気持ちが盛り上がる、そんな4曲。"バカにつける薬はない"がとても好き。リリースは仙台のSPOTTED PATTERN。[CD]
  • Tonota 80 - Killer Sands And Beating Hearts
    Tonota 80 - Killer Sands And Beating Hearts
    1,600円
    元STROOKASメンバーによるTONOTA80のフルアルバム。どうしても人様に説明する際に「地味」という言葉を用いたくて仕方が無いこれ。ただ説明するにあたってやっぱり最短経路の言葉とも思うのですよね。それで「地味」というのは別に「退屈」「単調」「凡庸」って言葉とは同義ではなくて。地味なんですよ。煌びやかではない歌声、サウンド…いやサウンドも煌びやかかな…?幾度と無く、また聴きたくなるバンドですので(STROOKASもですね)、聴いているうちに、おっこの曲面白いわあ華々しいわあと感じたりもしますね。そして大体1曲あたり2~3分のいわゆるUK MELODICなわけですが、ラストの曲のアウトロ(と言えばいいのかな…?)がやたら壮麗。 [CD]
  • LIPUPS - 7ep2
    LIPUPS - 7ep2
    900円
    東京LIPUPSのセカンドEP!!と、いうことで。malegoatのギタータナベ氏率いる男女混成バンド。malegoatの~といってもmalegoat風ではないこのLIPUPS。ザックザクのバッキバキでギュンギュワァンなPUNKROCK。ところで。ドラムの方が元EXTRA CONSOLIDATEという情報を拝見しまして。ECは良いバンドでしたね…デモ一枚くらいしか知らないんですけども…2007年に中野ムーンステップに1000 travels of jawaharlalが来たときに(びっくりするほどお客さん少なかったんですけども、凄く盛り上がっているお客さんが居て。それが終演後話したらECの方々だったというね。LIPUPSと全然関係ないんですけど思い出しちゃいましたね。良い人達でした…ところで今作の"HINT"は居一局ですよ! [7inch+mp3]
  • CONTRAIRE - s/t
    CONTRAIRE - s/t
    1,500円
    宮城インストゥルメンタル現在2ピースバンドの1stアルバム!CONTRAIREといえば弘前でのLIVEですね。聞こえないふりをした+Jamie Squeezeの共同企画だったかしら?初体験でしたがびっくりしました。ドラム2セットの2人バンド。ギターやらなんやら駆使しつつループのあれこれも使いつつ。機材はさっぱりだけどループ技で印象深いバンドはCONTRAIREとウーネリーズですなあ。さて。インストということで。なんと言って良いものか毎回ちょっと悩むわけですけどもね。ロックでありダンスでもあると言いますか。とても色々複雑な感じではあるのですが、迷宮感はなくて曲全体を通して聴くとスターンと一本芯を感じまして。1曲目の"Waver Waver"がやっぱりヒュー!格好良い!と感じるダンスミュージック。2011年のNoeyeとのSPLITにおいてこの"Waver Waver"がNoeyeにカバーされているのですが、本当に原形無いなあ…としみじみ…そんなNoeyeは現在Excuse To Travelですがそれはまた別のお話。さてこのアルバムのMIXはSOURCE AGEのササイ氏ですが本当に青森に縁がありますねえ。[CD]
  • BALLADMEN - Dear Old-Fashioned Rhythm(LP)
    BALLADMEN - Dear Old-Fashioned Rhythm(LP)
    2,000円
    とても、良い、アルバムです。しかしまあ、毎度のことながらBALLADMENをなんと紹介すればいいのかしらと思うところではありますが、DEBAUCH MOODの紹介文にありました「JAPANESE SWINGIN' NIHILISTIC R&B PUNK GROUP」という言葉がすんなり染み入りましたね。良い言葉。1st7インチから近作に至るまでメンバーチェンジもあったものの根幹は変わらぬナイスミュージック。THE BECAUSEやBLOTTOの後期の方向性をより熟成させた…させたけどスモーキーなウィスキー化にととまらず、ハイボールのような親しみやすさも有り。でも日本の下町のハイボール感ではなく、どこぞのPUBで飲む酒のような空気が漂う作品。いや本当に歌詞読んでても思うのですが、こう、日常であり非日常だなあと。日常には違いないのですがこの人はどの世界腺を歩いているのかと思ったり。それにしてもsnuffy smile好きの人にお勧めの一枚なのかどうかと聞かれるならば、間違いなくお勧めでしょう。SAD MELODICかどうかとかそういう次元じゃなくて。好きだろう!?ねえ!としか言いようが無いなと。現に私は大好きです。これを書いているのは9月ですが2017年の個人的ベスト5に間違いなく入るアルバムです。最高。[[12inch]
  • SKIMMER / NAVEL - SPLIT
    SKIMMER / NAVEL - SPLIT
    1,000円
    英SKIMMERと日NAVELの久しぶり二度目のSPLIT。この2バンドの仲の良さは言うまでもなく。NAVELも割りと高齢バンドの域に達している今日この頃ですが、それよりも高齢なSKIMMERが頑張っているので是非NAVELおじさんも4thアルバム目指していただけたら。2017年SKIMMERが来日予定でしたが諸般の事情によりキャンセルになりました。結構頻繁に来日しているバンドだけにまあいっかな空気が流れるのかな?と思いきや、本当に無念がる沢山の声とSKIMMERに捧げるSKIMMER抜きツアー参加者面々。本当に愛されているバンドなのだなとしみじみ思いました。さてそれはそれとして。SPLITという形式のリリースにおける互いのカバー収録という行為はただただ最高であると毎回書いているのですが、最高です。SKIMMERとNAVELは大きく見るととても似たバンドであり、カバーも大きな変化球に仕立て上げたわけではないと思うのですが、互いに「SKIMMERが贈るNAVEL」と「NAVELが贈るSKIMMER」を提供しております。格好良い。老若男女のPOP PUNK/MELODIC PUNK好きは是非聴いていただきたい。[CD]
  • WHISKEY & CO. - RIPPED TOGETHER, TORN APART
    WHISKEY & CO. - RIPPED TOGETHER, TORN APART
    1,580円
    フロリダのフォーキーカントリーバンドWHISKEY&Co.の4th ALBUM。さてさて。どうも自分は性急でない作品について「秋に聞きたい作品」などと評することが多いです。とても単純かつ頭が悪いなぁと思います。はい。そういうわけで。こちらのアルバムは秋に聞きたいですね!というのもこれを書いている現在(8月末)は秋も目前ということで、夜半は大分涼しくなってきました。そんな中聞くととても気持ちが良いのです。リリース直後の夏真っ盛りだと…気持ち良いのだけれど夏に毛布をまとっているような…暑苦しいというわけではなく。ぴったりこない。秋だと滋養強壮に効く気がします。訳のわからない例えはこのへんで。EAGER BEAVER RECORDSの(共同)リリースです。EBRといえばWORTHWHILE WAY。そのバンドもそうですがピースフルな空気に満ちたバンドのリリース多数。レーベルの空気が好きならばぜひこちらの作品を。フォーキーですが割と濃厚なサウンドです。シンプル過ぎるのはちょっと…という方もぜひ。あと今作は前編女性メインボーカル。綺麗な歌声。[CD]
  • THE SNEAKERS - SNEAKERS FREAKS
    THE SNEAKERS - SNEAKERS FREAKS
    800円
    インドネシアのPOP PUNKバンドの3rdEP!バンド名からもジャケットからも感じるRAMONES臭…さて自分はRAMONES関連といいますかその周辺のバンドに疎いのですが、本作品のインサート。MODEL.T氏(THE RACETINGERS)が書いております、この人がお勧めするRAMONES方面POP PUNKバンドが粗悪であろうはずがありません。というなんかこう…信頼感。お話したことないですけれど。信頼の証としてもうひとつ。リリースレーベル。近作が一発目という新興レーベルなのですが、FLXのメンバーが運営しているので。悪かろうはずがないでしょう。これで悪かったらもう誰も信じられない…信じるのは自分の耳だけだ…それはさておきかなり爽快感というか舌触りが滑らかなPOP PUNKで気分良いですよこれ。母国語で歌う曲も有り。[CD]
  • NAVEL - Heartache
    NAVEL - Heartache
    1,000円
    島村卯月は346プロダクションが企画運営を行うシンデレラプロジェクトのオーディションに一度は落選するものの、欠員が出たことから繰り上げ合格、プロデューサーが街中でスカウトした渋谷凛、再選考オーディションで合格した本田未央とともに346プロダクションに入る。プロジェクトのメンバーとの顔合わせと宣材写真の撮影を行った直後、撮影現場で知り合った先輩の城ヶ崎美嘉の要望によりバックダンサーとしてのステージデビューが決定する。後に3人はnew generationsというユニットを組む。数々の成功や失敗を積み重ね、CDデビューやアイドルフェス参加と着実に成長していく。そして彼女達は結成20年を超えた2015年に10年ぶりとなる12曲入りサードアルバムをリリースする。本作には2ndアルバム以降の楽曲群が収録されており、それらが現在入手困難であることから嬉しい限り。FIFTH HOUR HEROとのSPLITや、CARCASS GRINDERとのSPLIT、Notsuperstitious Live Series Vol.1に収録されていた幻(?)の"RAINFALL"まで。もちろん再録だけではない数々の新曲(LIVEでは相当前から披露しているものもありますが新曲は新曲)の煌めきは最高。ただし歌詞はこの上なく暗い。[CD]

  • NAVEL - Depend
    NAVEL - Depend
    600円
    ※自主レーベルBelly Buttonからの再発盤です。
    コミックマーケット(Comic Market、通称:コミケあるいはコミケット)とはコミックマーケット準備会が主催する世界最大規模の同人誌即売会。毎年8月と12月の年2回、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される。開催期間は現在では主に3日間。8月に開催されるものは「夏コミ」、12月に開催されるものは「冬コミ」と呼ばれる。この時期にNAVELに対しLIVEのお誘いをかけても不思議と断られることが多いらしい。そのことを申し訳なく思っているメンバーも居るとか居ないとか。同様に例大祭(東方Project専門の同人誌即売会)の時期においてもNAVELがLIVEを行う可能性は極端に低いと噂されている。真偽は不明。近年はそのコミケにおいてNAVEL(おへそや)は出品サイドに頻繁に
    登場している。[CD]
  • NAVEL - uneasy recordings:1994-1999
    NAVEL - uneasy recordings:1994-1999
    600円
    艦隊これくしょん -艦これ-とは、角川ゲームズが開発し、DMM.comが配信しているブラウザゲーム。第二次世界大戦中の海軍軍艦を題材にし、各軍艦が萌えキャラに擬人化されたカード「艦娘」を集め、強化しながら敵と戦闘し勝利を目指す。最近はプレイヤーの急増によりサーバーがおっつかないとかなんとか。NAVELのDrは島風(通称ぜかまし)や初春がお気に入り。Guは金髪の愛宕の金髪がお気に入り。Baは文月、雷、電、暁、三日月、初霜…と、まあ、なんというかご趣味が感じられる編成。なお、本作品はMELODIC PUNK BANDであるNAVELの1stにV.A.参加曲等を加えた編集盤であり、艦これとは特に関係ありません。[CD]
  • TIED KNOTS - DEMO2013
    TIED KNOTS - DEMO2013
    200円
    2013年のDEMO CD-R!後日発売された1stアルバムに全曲収録されておりますが、このデモヴァージョンも是非。[CD-R]
  • V.A. - A RAY OF HOPE
    V.A. - A RAY OF HOPE
    300円
    ベネフィットコンピレーションアルバム!Mall'd to Death / The Wild / Madison Bloodbath /Rivethead / Dear Landlord / Caves / Too Many Daves / Banquets Dan Padilla / Arms Aloft / Bangers / +Rations / The Slow Death Wax Phantom / Mayflower / Run, Forever / Crow Bait / Iron Chic / Worriers / Apologies, I Have None / PJ & GABY / Worthwhile Way[CD]
  • SKIMMER - Peep Sessions 2004
    SKIMMER - Peep Sessions 2004
    300円
    2004年のラジオセッション![CD-R]
  • drama / slower / jyugatsunodrum - 3WAY-SPLIT
    drama / slower / jyugatsunodrum - 3WAY-SPLIT
    1,000円
    新潟で活動する1020DISTROが贈る、新潟3バンド(うち1つはソロですが)のSPLIT!ディストロ活動10年を向かえレーベル活動まで…素晴らしい。私も10年くらいやってますが何も成してませんからね。そもそもいつから始めたか思い出せないんでここ数年「ディストロはじめて10年」って言ってますからね。それはそれとして、3バンドを聴いた感想。第一に「弘前だな」「弘前のnorthmalllabレーベルの匂いがするな」というものでした。弘前関係ないしこれを読んでいる人にも全く伝わりませんが。あっそうか弘前で輝いていたfoolieを感じるのだ…それはそれとして。さてトップバッターのdrama。20代バンドとのことですが、綺麗でやや土臭くてメロディアスなEMO/ROCK。なんだろう初見なのに馴染み深いなあと感じる。この3バンドのトップバッターにふさわしい感じ。次はslower。ソロということで。これまた綺麗なボーカルと幻想的なトラック。あの有名バンドmineralの曲名からユニット名を…ということですが…恥ずかしながら私mineral聴いたこと無くてそこらへん突っ込んだこと賭けなんで。ラストはjyuugatsunodrum。こちらは30代バンドということでdramaよりもどっかりどっしりゴリっとしてますね。より男の体臭を感じる…けどもメロディアス。いずれも「派手」とは違うというかなんというかな3組ですが、すごくぐっとくる1枚になっていると思います。ジャケットも凝った神ジャケット仕様。 [CD]
  • without - westgate No.5 EP
    without - westgate No.5 EP
    700円
    人はどうしても熱心に音楽を聴いていた時期、楽しんでいた時期、引きづられていた時期のそれを後年もずっと愛聴してしまいがちで。suffering from a caseとかshort storyとかdoes it floatとかそこらへんが自分にとってのそれの一つになるわけで。話はwithoutに戻りますがこの横浜の新バンド、「そこらへん」が好きな自分にグッとくる3曲を提供してくれました。まあ、私は単純なので「みんなでマイク無し演奏無しでシンガロング」部分があるだけでグッときてしまうところがあります。私の性癖はともかく。RAFT RECORDSがレーベルとしては1作目のリリースになるわけですが、そのレーベル運営者がスラッガーマシーンのメンバーなので、スラッガーマシーンが好きな方は間違いなく気に入っていただける一枚かと。ジャケット絵がそうだからってわけでもないですが、urban sleepからリリースしてもおかしくなかったバンドですなあ。 [CD]
  • Turning Center - DEMO
    Turning Center - DEMO
    500円
    ATARIやTIED KNOTSメンバー含むターニングセンターの1stデモ。bandcampでフリーダウンロード可能です!それでも現物が欲しい…歌詞カードも欲しい…という方には是非このCD-Rを。さてその歌詞。とてもSADですね。実際このターニングセンター結成からDEMOリリースに至るまで、みんなのアイドルちんねんさんはとてもお仕事が大変そうでした。とても鬱屈しておりました。SNSを追う限り。それを見ていた自分はとてもかわいそう…辛そう…と思うと同時に、とても良い作品が出来そう…と期待してもおりました。音楽に限らず負の感情が高まると良い作品ができるので。結果として、MELODICともEMOとも言い難い、でもMELODICなドンガラガッシャンした4曲。"Your Lie"すごく好き。[CD-R]
  • The Firewood Project - Keys & Lights e.p.
    The Firewood Project - Keys & Lights e.p.
    1,000円
    HUSKING BEE、malegoat、fam、カントリーヤードのメンバーから成るニューバンドの1stシングル。malegoat、famのメンバーは下HUSKING BEEでもあるわけですが…このバンドのHUSKING BEE(ドンドン氏)とは仲良くやっているあたり、脱退の理由はやはり…いやそんな邪推しても何にもなりませんね。いやびっくりしたんですよ当時の脱退劇。地方民としては。話を戻しまして。ざっくり言うとEMO/MELODICバンドですけれどもボーカルドンドン氏の歌声がまた美しく若くたおやかで。HUSKING BEEの"NEW HORIZON"とか愛聴していた身としては。ああ。歌声にまず引きづられるのですが、サウンドはこのニューバンドによる味わいそのものであり、王道と行き過ぎない変化球と爽快感を一まとめにして空に放出した気持ちの良い3曲入り。 [CD]
  • Skimmer / The Hum Hums - Split
    Skimmer / The Hum Hums - Split
    1,200円
    またSKIMMERリリースだよ!とんでもなくコンスタントなリリース…戸惑うくらいに早いリリース…なSKIMMERですが、今作は本当ここ最近で一番好きと言えるほどに良い3曲。対するHUMHUMSもまた安定して清らかで気持ちいい3曲。先攻SKIMMERで後攻HUMHUMSなのですが、1曲目SKIMMERの "Goodbye Forest Lane"がとても良くてですね。6曲目HUMHUMSの"Good Vibrations"がとても良い。つまり始めと終わりが最高なので気持ちよく抜けていく一枚。いやあ、本当にSKIMMERとTHE HUM HUMSは気持ち良いんですよね。どちらも熱いPUNK ROCKバンドであることは間違いないのですが、「気持ち良い」んですよね…とにかくそれがしっくりくる表現なのです個人的には。[CD]
  • e;in / cowbells - POST SPLIT EP
    e;in / cowbells - POST SPLIT EP
    1,200円
    国内インストバンドSPLIT!「インストは難解でよくわかんない…パス…」という人にも是非聞いてほしい一枚です。1曲目e;inの"Towards Tomorrow"で魅了されます。華やかでウキウキなメロディー。最高です。難解なインスト作品じゃなかった!と安心できる導入でもあります。まあ聴き進めていくうちになんなんだこの世界は…となっていくわけですが、この1曲目さえ通して聴いてもらえればもうこっち(どっち?)のものです。e;inは1曲目の陽の雰囲気全開から2,3曲目は陰…ではないですがシリアスにドラマティック。対するcowbells。forget me notでもある井川氏参加のバンド。ドラム×2というドキドキな編成。2曲目"dialog"なんて本当にドキドキしますね。何やってるんだこの人達は…と。難解ではなくむしろシンプルなのですがシンプルながらに戸惑いを覚え、そしてはまっていく。インフォメーションにて「クラブファンにも」とこの作品を紹介されているのですがまさにその通りだと思います。私はクラブに行ってないんですけどDJの方に本当に押し売りたい一枚なんです。[CD]

(カテゴリー内 : 89点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク