DISTRO > メロディアス

  • THE CRY! / THE CONNECTION - split
    THE CRY! /  THE CONNECTION - split
    800円
    POWER POP界騒然の(?)素敵SPLIT。THE CRY!が良い!というコメントはここのDISTRO内では散々書いているような気がするので割愛しても良いかなあと思う今日この頃。いやでも。"Discotheque"ってタイトルがもう卑怯なんですよねえ。個人的に。水樹奈々 の同タイトル曲も素晴らしいじゃないですか?今回水樹奈々は全然関係無いですけども。んで。THE CRY!が良い良いと散々言ってきていますが、今回はTHE CONNECTIONがより良いです。キラッキラのメロディーに加山雄三を彷彿とさせる高揚感。過去の偉大なバンドも良いけど現行バンドもね!ということで。ジャケットはBRIDGE SHIP HOUSE。ザワさんのPRIVATE WORLDフロントビュー記念誌(非売品)に登場していたので独特のタッチに気付きました。イカしてます。 [7inch+CD]
  • stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP
    stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP
    800円
    静岡のインスト3人組バンドstereo typeのラスト(?)2曲入りシングル!ラストということについて疑問形なのは、2013年夏に『活動限界』ということで終了したように見えるため。言葉のとおり限界なので二度とは無いかもしれないし、限界を超えて次があるかもしれない。『解散』とか『終了』とかいう言葉は使っていないし。そこら辺はまあ本人達の事情が色々あるでしょうからあれこれ推測してもしょうがないんですが、次も期待したいな、と思えるこの2曲です。mirrorやtoeなどのような、格好良い且つクール且つ熱い楽曲。クール且つホットというと真逆じゃないかと今書いてて気づいたわけですけども、清濁併せ持つって日本語もあるくらいだし良いのか。まあ、そういうわけでクールでホットなんですよ。どちらかがニョっと飛び出ているではなく、両立した感じの攻めのサウンドです。ジャケットもイカすので(CD版とではデザインが異なります)ぜひ。[7inch+mp3]
  • Brown Trout - Blues, Blues, Blues
    Brown Trout - Blues, Blues, Blues
    700円
    私関東に住んでいたことがありまして。関東っていっても千葉の南の方で。でも千葉県って関東じゃないですか。LIVE観やすい環境にあるわけで。で、LIVE観にちょくちょく行ってたわけですが。何故か八王子によく行ってたんですよ。千葉とか柏とか小岩とかあるじゃないかと言いたいんですけど、仕事終わりだろうが八王子にLIVE観に行ったりしてたんですよ。会場着いたら最後のバンドの最後の曲だったりして。んですぐ千葉に戻ったりして。なんでそんなことしてたのかな、なんで八王子なのかな、って思うんですけども、それは、よくわかりませんね…いややっぱりBROWNTROUTが居たからですよ。他にもmalegoatとかPeace Of BreadとかI Hate My Schoolとか沢山居ましたけども。丁度自分が関東居た時のBROWNTROUTは1stアルバムを出す前~リリース頃でして、今作とは雰囲気がちょっと違った頃でした。んで、色々あって転勤したりして名古屋でBROWNTROUTを観ました。DRUNKEN BOATとのSPLITの頃ですね。何か変化し始めてるけどこれも良いね!と思ったものです。それから色々あって…この7インチが出たのは2010年でしたっけ。2010~2011年の自分は振り返りたくないので省略。この7インチ格好良いですよ! [7inch]
  • RATIONS - MARTYRS AND PRISONERS
    RATIONS - MARTYRS AND PRISONERS
    300円
    EAGER BEAVER RECORDS含む世界30レーベルによる共同リリース!…よくわかんないんですが沢山のレーベルが出資してくれればバンド側の負担が少なく録音~発売できるって解釈で良いんですかね。それはそれとして激しめMELODIC PUNKです。歌詞を読んでもどこまでもSADです。ジャケットの雰囲気もSAD。陰鬱というよりも悲観というか。ん?あんまり変わらないか。ジメっとしているわけではなく攻撃的ででもミドルな曲調も交えつつの6曲入り。A面の"LEAVES OF GRASS"がお気に入り。7インチサイズの巨大布パッチ付き! [7inch]
  • WORTHWHILE WAY - Love Is All (LP)
    WORTHWHILE WAY - Love Is All (LP)
    1,700円
    徳島&東京の遠距離バンド、ワースワイルウェイの初アルバム。長いバンド歴からすればやっとというべきか遂にというべきか。再録&新曲の13曲入り(アナログ版もADDから出ますがそちらは12曲入り)でして、これまでのシングルやSPLIT,VA参加曲などの再録がメインで「総括」の一枚かと。PUNK ROCKな力強さとCOUNTRYな温かみ。"SWIG BEER"のタイトルからもうご飯がいけそうな勢い良い名曲もあれば"FAMILY SONG"のような楽しい曲もあり。しかしながらやはりなんといっても1曲目の"LYON"でしょう。CDの開始ボタンを押してまず流れてくるのはギターとワンワン鳴き声ですよ?たまらないじゃないですか。歌詞カード開いてまず飛び込んでくるのはリオン君の笑顔ですよ?最高じゃないですか。犬ほんとかわいい犬ほんとかわいい。 [LP]
  • THE SLOW DEATH / WORTHWHILE WAY - tour split
    THE SLOW DEATH / WORTHWHILE WAY - tour split
    300円
    2012年のSLOW DEATH来日に合わせて発売されたSPLIT。両バンドによるSPLIT7インチの発売が予定されていますが、本作はその7インチの先行公開というわけではありません(その辺は以下のEBRの解説参照)。WWWはAGAINST ME!やghost miceなどを彷彿とさせるカントリーな雰囲気をいつも以上に醸しだしつついつも通りに前向きな楽曲。対するSLOW DEATHについては来日ツアーに行けなくて悲しいのでなんとも言えません。互いの楽曲をカバーしあうという個人的にSPLITにおける好きな展開をかましてくれています。 [CD-R]
  • V.A. - The Life Between you and me Vol.3
    V.A. - The Life Between you and me Vol.3
    1,000円
    WATERSLIDEコンピレーション第3弾。全26バンド!どのバンドも素晴らしい!…って書くと終わってしまうしなんの参考にもならないので、個人的に特に思い出のあるバンドをピックアップして紹介しようと思ったのですがこれもまたピックアップとは言い難い数になってしまいそうで、ああ、どうしたものかな、と思うところです。いや、しかしな…とこういうグズグズした文章を推敲すればいくらでも紹介スペースとれるんじゃないの?と思いますが毎回書きっ放しのコメント欄ですので。ええい。では、初音源となりますeleventhをば。元Peace Of Breadの内2人が在籍する4人組バンドです。ex-POBというと、そらあもうPOBを期待してしまうのが人情でございますが、もともとそれとは違った路線をやりたいということで始めたバンドだそうなので、まあ、違います。「5songs」より更にダークになってますね。これがまた、これもまた、格好良いんですね。まあその直後に更にまた格好良いMOLさんのアコースティックが鳴り響くわけなんですけども。 [CD]
  • DOG HOTEL / THE TIFFS - SPLIT EP
    DOG HOTEL / THE TIFFS - SPLIT EP
    800円
    ex-BLOTTOのメンバーからなる"THE TIFFS"とex-THE SCRIBBLERのメンバーからなる"DOG HOTEL"のパンクロックバンド2バンドよるスプリット!TIFFSはアメリカなPUNK,ROCKですね。前作でも思いましたが佇まいからなにからしっくりきます。キャリアが成せるものなのか、生まれつきのものなのか。格好良いやとしか言えないですね。BLOTTO後期に通ずるものもありますが、やはり別物ですね。対するDOG HOTEL。SCRIBBLERというとかなり刺々しいバンドという印象がありますが、こちらはそれとはまた違ったPUNK。しかしこれを何と言ったら良いものかしら?と悩んでしまいまして、筆が止まっているんですけども。うーん。あ。Minutemen,Gang Of Fourか。おお。なるほどわかりやすい(Black Hole ZINEを読みました)。シンプルな作りの中に面白い展開が見えて楽しいです。大体1~2分くらいなのかな?短めでスパっと決めてます。 [7inch]
  • DOG HOTEL - DANCE ON THE CAKE
    DOG HOTEL - DANCE ON THE CAKE
    800円
    一聴してこれは2012年の日本人によるバンドなのかと思いました。良い意味で?悪い意味で?と聞かれたら勿論良い意味で、と答えるのですけどもなんなんでしょうこの感じ。斬新!という感じではないものの周りを見渡しても同類がパッと見つからないし、じゃあ懐古的なモノかと思えば多分そうじゃない感じ。シンプルなPUNK ROCKと言っていいのかなーこれは。PUNKだけどPOWER POP好きな人も良いんじゃないかしら。CRIMPSHRINE好きな人なんかも。格好良いなー西東京。 [7inch]
  • THE WILD / WORTHWHILE WAY - split
    THE WILD / WORTHWHILE WAY - split
    800円
    徳島/東京のWWWとアトランタのWILDのSPLIT!CD-R版は先行リリースされていましたがこちらが本番。両バンド共にカントリー/アコースティックな音が好きなこともあって(勿論下地はPUNK ROCKとして)どこか牧歌的な空気も漂いつつ。POGUES的な空気も若干感じつつ。愛と勇気のSPLIT。という感じです。WWWの"FAMILY SONG"が収録されたのが個人的に嬉しいです。八王子だかで披露されたのを観ておぉーとなったのが何年前でしたっけ。インパクトあった新曲でした。それがまたレコードで聴けるというんだから(自分にとっては)嬉しい話なのです。 [7inch]

(カテゴリー内 : 90点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク