ログイン・会員登録

商品一覧

  • PEACH KELLI POP - Demos & Rarities
    PEACH KELLI POP - Demos & Rarities
    1,000円
    2015年来日ツアーを記念して作成された1枚。以前Lolipop RecordsからリリースされていたカセットテープのCDバージョン。DEMO音源や未発表曲が収録。PKPはシンプルだしDEMO音源みたいなモワッモワというかガッシャガシャな音質が気持ちいい…と思うのは自分だけかもしれませんが、1st~3rdアルバムを聴いて気に入った人は是非!無くなる前に。枚数沢山プレスされたモノではないので…女性ボーカルPOWER POP/POP PUNK/GUITAR POP/etc...が好きな方に是非。 [CD]
  • DAWN / SHIPYARDS - split
    DAWN / SHIPYARDS - split
    1,800円
    自分がSHIPYARDSに関するレビューを書くときにSUFFERING FROM A CASEを出すのはもういい加減にしたまえと思わなくもないのですが、SHIPYARDSのシノザワさんが以前やっていたSUFFERING FROM A CASEは非常に良いバンドでありオススメし続けなければいけないと思っておりますので、やはりちょくちょく名前は出していきたいなあと思う所存です。さてそれはそれとしてSHIPYARDS。より一層歌がうまくなっていくシノザワさんですね。スタイリッシュなアートワークも魅力的なバンドですが引き続きSADなバンドですね。爽やかにSADというか。そしてDAIEI-SPRAYのギタリストでもあるシバタさんのDAWN。DAWN→THE SCOTT VEGETAVLES→DAWNという…DECENDENTS→ALL→DECENDENTSみたいな(ちがう)。どこまでも渋い、濃いPUNK/ROCKの中に居るこう…オルターネイティヴな、エネルギッシュな楽曲の数々。ダイエーとはまた違う雰囲気が素敵。DEBAUCH MOODこだわり(?)のアナログリリースですが、同内容のCDも付属していますのでプレーヤーをまだ所持していない方でも安心!プレイヤーは後々買いましょう![12inch+CD]
  • NAVEL - Heartache
    NAVEL - Heartache
    1,000円
    島村卯月は346プロダクションが企画運営を行うシンデレラプロジェクトのオーディションに一度は落選するものの、欠員が出たことから繰り上げ合格、プロデューサーが街中でスカウトした渋谷凛、再選考オーディションで合格した本田未央とともに346プロダクションに入る。プロジェクトのメンバーとの顔合わせと宣材写真の撮影を行った直後、撮影現場で知り合った先輩の城ヶ崎美嘉の要望によりバックダンサーとしてのステージデビューが決定する。後に3人はnew generationsというユニットを組む。数々の成功や失敗を積み重ね、CDデビューやアイドルフェス参加と着実に成長していく。そして彼女達は結成20年を超えた2015年に10年ぶりとなる12曲入りサードアルバムをリリースする。本作には2ndアルバム以降の楽曲群が収録されており、それらが現在入手困難であることから嬉しい限り。FIFTH HOUR HEROとのSPLITや、CARCASS GRINDERとのSPLIT、Notsuperstitious Live Series Vol.1に収録されていた幻(?)の"RAINFALL"まで。もちろん再録だけではない数々の新曲(LIVEでは相当前から披露しているものもありますが新曲は新曲)の煌めきは最高。ただし歌詞はこの上なく暗い。[CD]

  • THE ACT WE ACT - レボリューションインザサマーep.
    THE ACT WE ACT - レボリューションインザサマーep.
    1,000円
    愛知のTHE ACT WE ACTの2015年7インチが登場!表題曲レボリューションインザサマーのサビはもう初見からシンガロングしてしまうだろうというくらいにキャッチーでございましてたまりません。ジアクトはキャッチーさが無い気がするのに何故かキャッチー。みたいな印象があります。変態的で難解でシュールで狂暴なのにスーッと入ってくるメロディーというかなんというか。自分がLIVEを観ていたのは08年近辺だったと思うのですが、当時もバリバリ企画やLIVEなど積極的かつ観る度に印象違うなあ…と思わされていました。あれって1stALBUM出る前だっけか…あれからメンバーチェンジもあり、このシングル及び2ndアルバムリリース後にもメンバー脱退が続くとのことですが、引き続きジアクトを観て行きたいなあと思うのです。凄く格好良いバンドなので。それにしても"明日に敬礼"の再録はうれしいなあ。 ※ジャケット端に若干の折れがあります。ご了承ください。[7inch]
  • kallaqri - カイホウ
    kallaqri - カイホウ
    500円
    待望の2015年作2曲入りCD。青森のPUNK/HARDCORE/激情/EMO/なサウンドでパッと見こわい。その実良い人たちであり、ある冬に東京へLIVEのため車移動していたら思いもよらぬ大雪による大渋滞。結果として会場にたどり着けなかったカラクリですが、道中で数々の困っている車両を助け出すその姿にまるでJAFのようだと全国各地から称賛の声が上がりました。まあそれはそれとして。長い活動の割に音源をあまり出していない且つ現状手に入りにくい(STAND OUR GROUND 2010くらい?)ことで、広く認知されにくい状況でした。YouTube等はありましたけども。で。今作のリリースは非常に目出度く、うれしいものでございます。いやほんとに。自分自身が一番待ち焦がれてましたもの。しかも"箱庭"が収録されているじゃあないですか。メンバーそれぞれに見せ場(?)があって美しい曲だと思って毎回観てました。はい。アートワーク含め素晴らしい一枚。あとはアルバム出ないかなあ…あとSource Ageもリリースしないかなあ…というわけでenvy、killie、LIP CREAM、CONVERGE、OUTOなど好きな方にぜひぜひ。[CD]
  • KOWLOON GHOST SYNDICATE - Demo 2014
    KOWLOON GHOST SYNDICATE - Demo 2014
    500円
    2014年結成の東京ニュー・バンド!と言ってもフレッシュマンというよりは経験値のある人達です。死んだ方がまし、gauge means nothingなどでお馴染みのカサヌマ氏がボーカルを取り歌うハードコアバンド。と書くとカオティック且つ変則的な味わいのバンドかなと想像する方も居ると思いますが、何といいますかバーニングなハードコアです。当然にしてカオティックとかそういうエッセンスもあるのですが、HARDCORE KITCHENからのニューリリースと言われても違和感ないなという雰囲気。それはそれとして。日本語詞の楽曲群なわけですが、コーラスがズババーァンと降りかかってくるのがたまらなく熱いです。歌うだけじゃなく語るというか喋るというかスポークンなパートもありつつですが兎角激動のサウンドの中で緩みや弛みは全くありません。CD-R付きですが是非カセットテープでも一聴を。[TAPE+CD-R]
  • Fight Fat - Dichotomy
    Fight Fat - Dichotomy
    0円
    2015年新作! [mp3]

    DLはコチラから
  • MEIAN - 18 oct 2014
    MEIAN - 18 oct 2014
    100円
    岩手の激情/EMO/HCバンド!2014年ライブ音源2曲収録。この収録曲自体は下記リンクにありますMEIANのbandcampでダウンロードできますので、手っ取り早く聴きたい方はそちらからどうぞ!こちらはCD-Rですが紙パッケージ、歌詞同梱です。こちらも是非。というわけで、2015年4月に青森サンシャインでLIVEがあるわけで、それを私は楽しみにしているわけです。盛岡人だったこともある自分ですが、当時滅多に岩手のライブハウスに行かなかったことを若干後悔しております。まあ当時岩手のライブハウスに行ってもMEIANは居ませんでしたけどね。青森のkallaqriと双璧を成す(?)岩手のMEIANの演奏が楽しみで楽しみで。 [CD-R]
  • BY-PASS / DIMWIT / LOWCARD de la morte - FOUR WORDS IS ENOUGH FOR THE IDIOTS
    BY-PASS / DIMWIT / LOWCARD de la morte - FOUR WORDS IS ENOUGH FOR THE IDIOTS
    1,500円
    滋賀のBY-PASS、京都のDIMWIT、愛知のLOW CARD de la morteによる3WAY THRASH SPLIT!!!BY-PASSは剛速球、DIMWITはビーンボール、LOW CARD de la morteは魔球という感じで三者三様の速球ながらも独自の色が滲み出ている作品です。はっやいはやい。すみません各バンドについて存じ上げなかったのですが(いつものことですが)、DIMWITはex-OUTNAUTSであるとか、LOW CARD de la morteはADA+MAXであるとか、おおう…そうだったのか…という気持ちに。ベテランの経験値に裏打ちされるはハードコアパンク。おすすめです。 [CD]
  • none but air [at the vanishing point] - s/t
    none but air [at the vanishing point] - s/t
    1,500円
    京都の激情ハードコアバンドの全国流通作品としては初であろうCDのリリース。6曲入り。ドラマティックで悲愴感のある楽曲群。ボーカルは叫び、語り、ボハーと放出する形で演奏は壮大で美しくやかましく激しく。さて、こういっては身も蓋もないのですが、激情バンドといえばウォアアアアァァァンア!ってな感じですよね。荒々しくもドラマティックでヒステリックで粗野で…汚らしさもあって。てな。で、このバンド(口に出して言うときは何て言えば良いのかなあ…ナバテア?)は綺麗なんですよね。バンドメンバーにプログラミング担当が居るからといえばそれまでというかまあ単純明快ではあるんですけども。その綺麗さが丁度いいラインに居るというか。あまりキラキラドリーミーになり過ぎず、それでいて煤けた感じが薄いというか。激情バンドって何考えてるかわかんないし怖いし敬遠するわーって人にもレコメンド…どうでしょう。いやどうなんだ。そこまでポップじゃないぞ。うーん。激しいぞ。怖いぞ。 [CD]
  • visitor - HIGH SPEED SAVAGE
    visitor - HIGH SPEED SAVAGE
    1,000円
    ex-EXPOSE、METAL SKULL、SCOURGEのメンバーにより結成された東京ハードコアバンドvisitorの1stアルバム!自主レーベルHigh Speed Savageからのリリースです。アナログ盤のリリースもありましてそちらは海外のレーベルImminent destruction recordsから。内容に違いがあるようですが両方購入すれば問題なし。ノイジーながらにどこで何が起きているのかさっぱりわからないということはなく、むしろわかる、わかるわ。と言いたくなるハードコア楽曲群。豪傑の咆哮のようなボーカル、すんげえ速くて狂おしい攻撃的なギター。各曲1~2分で休憩も粘着性もなしで叩き込むアルバム。ああでもボーナストラックまでの隙間が休憩と言えば休憩かな…?んでジャケットデザインなんですが、シンプルながらにこの発想おもしろいなあとひとり感心してました。こういうのを見ると大きいもの(12インチ)で欲しくなりますね。まあ当方は現状12センチのCDのみの取り扱いですがね!大事なのは音です!(迷走) [CD]
  • STAY CLEAN JOLENE - STAY CLEAN JOLENE
    STAY CLEAN JOLENE  - STAY CLEAN JOLENE
    1,680円
    GREAT ST. LOUISやLEIF ERICSSONのメンバーによるイギリスメロディック。1stアルバムが2014年リリース。does it floatとのSPLITってどうなったのかな…とか触れてはいけない感じでしょうか。どうなんでしょうか。まあそれはそれとして。しゃがれた歌声の瑞々しい枯れた哀愁メロディック。矛盾?スピーディーで上向きな楽曲群。KISS OF DEATHとかFAT WRECKとかNO IDEAとかからリリースしても違和感ないですね個人的には。EAGER BEAVER/DRUNKEN SAILOR/RAD GIRLFRIEND/DEAD BROKEの共同リリースでございます。しかし綺麗なジャケットで凄く好きですね個人的に。 [LP]
  • myheadswims / R3-N7 - DADA split cdep
    myheadswims / R3-N7 - DADA split cdep
    1,000円
    2007年リリースの東京MYHEADSWIMSと大阪R3-N7のSPLIT!R3-N7(ロザンナ)は現在の(Stubborn fatherとのSPLIT)のような重厚な感じではなく、物凄く奇天烈な頃の音源です。シャウトモスクワとかを彷彿とさせるような。そしてマイヘッドスイムズ。凄く好きでした。関東在住時ちょくちょく観に行ってました。何が好きって、変なんですもの。コミックバンドという印象はないんですけどもお客さんを突き放した世界に居るわけでもない、かといってなネットリ寄ってくることもない、なんか面白いバンドでした。再度LIVEやるなら私は何を置いても飛んでいくでしょうな…なんでしょうね…おもしろおかしいんですけどすんげえ格好良かったんですよね…JOYとかDEEPSLAUTERのようなバンドが光り輝いていたとうじ、似てるようで全然違う路線を満喫しているあのバンドが本当に好きでした。 [CD]
  • Trikorona - 様々な困惑(Various Embarrassments)
    Trikorona - 様々な困惑(Various Embarrassments)
    1,400円
    東京のVIOLENCE変則直球混沌HCバンド!何を書いているのか自分でもわかりません。初めてこのバンドのDEMOを聴いた時、何が何だかわからない…という気持ちでした。正直今聴いても何がなんだかわからない…という感じでもあります。しかしながら、DEMOを聴いた当時、轟音と騒音と荒ぶる唄と演奏の中になんかこうダンスミュージックなものを感じてワクワクしながら何度も聴いたものです。何度も聴いておいてなんなんですけど、よくわかりません。そして今作、個人的に大好きな"様々な困惑"も再録され、よりクリアに雑然とした感じになってウォオオオとなると同時にやっぱりよくわからないな…と思う今日この頃。多分ずっとよくわからない…とか思いながら楽しく聴いていくんだと思います。しかしうるせえなあこの一枚。ほんとすき。 [CD]
  • MEIAN - 18 oct 2014
    MEIAN - 18 oct 2014
    0円
    ライブ音源 [mp3]

    DLはコチラから

(全商品:268点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索