ログイン・会員登録

  • フラットポーチ
    フラットポーチ
    800円
    オフィシャルブートレッグ。利益はNAVELへ送ります。
    紺色です。
  • ボールペン
    ボールペン
    100円
    1本。

  • アクリルピンズ
    アクリルピンズ
    600円
    オフィシャルブートレッグ。利益はNAVELへ送ります。

  • ワッペン
    ワッペン
    900円
    オフィシャルブートレッグ。利益はNAVELへ送ります。
    アイロンで接着もできます。
  • クリップマグネット+缶バッヂ+ボールペン3本
    クリップマグネット+缶バッヂ+ボールペン3本
    800円
    ※セット販売になります。オフィシャルブートレッグ。利益はNAVELへ送ります。

  • V.A. - DISCO SUCKS
    V.A. - DISCO SUCKS
    1,000円
    ハードコアキッチンにより2020年緊急リリースとなったオムニバスアルバム。既発曲や新曲など織り交ぜた21曲入り。2020年6月リリースでこれを書いているのはもう7月です。ウイルスという災害が未だ収まらぬこの時期に各種業界へのサポートも兼ねたリリースのようです。それはそれとしてこのCD、価格のお値打ちさに反して中身はボリュームたっぷりでお得なことこの上ないので是非。1曲目yokoThemaはWATER CLOSETアスカさんのバンドですよね?しょっぱなからワクワクでしたよ。ハードコアキッチンのリリースといえば従来のプラスチックケースというストロングスタイルの印象ですが、今回はスリムな紙ジャケットです。おそらく単価を抑えるためかと思いますが。まさに異例のリリース。ライブハウスもCDショップもレーベルもミュージシャンもここずっと異例の活動が見られます。それらは決して悪いことばかりじゃないんですが、それにしたってやっぱりいつもの、いつもの姿に近い状況になることを願っております。 [CD]
  • 脊髄注射 - イナズマボルツ
    脊髄注射 - イナズマボルツ
    2,000円
    東京ハードコアバンド脊髄注射の1stフルアルバムが2020年リリース!えーと、以下書く前に。以前このバンドを観た時は~といった気持ち悪いおじさん(おじいちゃん)みたいな文章を最近頻発しており、どうなんだと思うんですよ自分自身に。変な思い出を書いていた結果殆ど音について触れていなかったりするわけですよ。音に関してはインフォメーションに綺麗に綴られているから良いじゃないみたいな逃げ道を作ってね…いかんね…いかんねと思いつつも昔を振り返りますが、脊髄注射中心人物ワターリン氏は青森出身で当時GILLZGLOWというハードコアバンドで活動しておりました。だども私は観たことがありません。キャノンボールレコードの面々から青森には今の時代珍しいハードコアな高校生がおるぞいと教えてもらったのです。進学のため青森を離れるてんでそのキャノンボールが企画したLIVEではillyaやkallaqriなどなどが青森SUNSHINEで素敵なLIVEをしたと聞きましてね…興味深いなあと。なんだかんだですれ違うように関東から青森に戻る自分と青森から東京に向かうワターリン氏。だもんで、GILLZGLOWも脊髄注射も今に至るまで一度も観たことないんですよ。from青森だから手放しで絶賛しているのかというとそうではないです。いや、青森出身てだけで正直わあいって思う気持ちはありますよ。愛郷心なのかなんなのかは知らないけれども。それはそれとして脊髄注射は良いんですよ。DEMOの頃は正直よくわからないな…と思いましたが、NOVEMBREからリリースされたシングルではこれは熱いと。ハードコアハードコアなんですが激情というか美麗な歌謡感覚もどこかありまして。日本語詞ということもあってバンバン耳に残る。それがまた今作も。スキンズのような気配が色濃く感じますがそもそもスキンズに精通していないのでうまく説明できませんが、タフガイだなと。ん?タフガイつったらNYHCでしたっけ?まあいいか。本作に"タフ!"ってな直球の曲もありますしね。1曲目"プロローグ”から始まり、12曲目"エピローグ"で締めるわけですが、締めるというかまたループして1曲目に戻りたくなるというか戻らざるを得ない構成。全編通して力こぶが凄いですがなんといっても2曲目(実質1曲目)"甦れ火花"が一番好き。そしてステッカー付。[CD]
  • loro - loro
    loro - loro
    700円
    loroの2回目となるディスコグラフィー!1回目とディスコグラフィーの内容が異なります。(1回目のディスコグラフィーよりも曲数は少ないけれどプラスアルファ有)さてさてloroというと、あのちんねん氏が在籍していたバンドと呼ばれることが多いものの、そのちんねん氏は後から加入したんですよね。うん。懐かしい。現在SLUGGER MACHINEでも活躍するヨシノさんのタガの外れたような(それでいてメロディアスな)歌唱は勿論この頃から。小奇麗にまとめようという気はおそらくなかったのであろう、でもそれでいてきっと綺麗な何かを目指していたのかもしれない。わからない。わからないけれども、まず(MELODICな)バンド組んだらこういうことしたいね!という気持ちになるバンドですよね。時期によって色々変化がありますが、今作では最終曲として配置されている(WATERSLIDEのV.A.に収録されていた)"MAYBE"が一番すきですので是非。お求めやすいお値段ですよ。 [CD-R+  ]
  • Anisakis - 大いなる
    Anisakis - 大いなる
    2,500円
    2020年作品東京のアニサキス。11曲入りサードアルバムということで。ポストパンク、というと普段当ディストロでは取り扱っていませんね。私自身も普段は聴いてこなかったですね。じゃあなんで取り扱っているんだという話になるんですけども、アニサキスさんの営業力が切っ掛けかなあと。こんな場末のディストロに声掛けしていただけること自体は中々珍しい話なんですけども、そこでこちらが興味もって色々見てみたら本気で…というか力を注いでものづくりしているなあと。それはそれとして、さっきも言った普段聴いていないジャンルですが、一発で耳に残る音と歌。特にその歌には中毒性がありますね。歌詞を聴きこむつもりが無くとも耳に突っ込んでくる異様さ。ごくごくシンプルなんですがそのシンプルさも相まってザクザクきますね。シュールというか不穏さを感じるところだと思うんですが、せきしろ(著作「去年ルノアールで」など)を愛読していた自分としては、むしろファニーな世界観だなあと思うのです。これはもうギャグだろう。と思ってみるとまた違った受け止め方もできます。ギャグではないんですけどねきっと。これは是非一度試聴してみてほしいです。そんで現物もこだわりが感じられるのでお手に取ってほしい。 [12inch+DLcode]
  • SNAP PUNCH MOMENT - Just live honesty
    SNAP PUNCH MOMENT - Just live honesty
    2,000円
    2020年リリース北海道メロディックアルバム。濃い歌声でがっつりとシンガロング。four tomorrowとかBLOTTOとかOFF WITH THEIR HEADSとかそういう…って書こうとしたらレーベルインフォメーションにすでに書かれておりましたね。さて。熱いメロディックでメンバーもお客さんもシンガロング…シンガロングと言えばそれで良いのか、そんなシンプルで良いのか、と思うこともあるにはあるんですが、それが好きなんだからしょうがないですね。わぁい!というシンプルな気持ちはとても大事だと思うんですよ。特に今は(2020年4月現在)。さて歌詞自体は明るいてなわけではなく、どちらかというとSAD寄りです。だども、その上で前向きな感情で押してきますね。ごり押しじゃなくて、力を若干抜いた感じで。1曲目"Take It Easy(気楽にやっていくさ)"からも伺えます。ちなみにTake it easyって5曲目"Glad"でも使われているので好きなワードなんでしょうな。私も好きですよ。SPROCKET WHEELも歌っているし、PEACE OF BREADもカバーしていたし。良い、言葉です。しかしまあ勢いある一枚だ。今のところ7曲目"Day by day"が一番好み。 [CD]
  • LEARNERS / HELLO STRANGER [LP]
    LEARNERS / HELLO STRANGER [LP]
    3,000円
    アナログ版! [12inch+DLcode]
  • illya - Microcosmo
    illya - Microcosmo
    2,500円
    2018年リリースだった東京illyaの1stフルアルバム、の、アナログ版!レコードですがCDディスクも付属しております。当初のCD版が発売されてから日数が経っておりますもので、全国のillyaファンは購入済かとは思うのですが…未聴の方、そして入手済みのかたも是非こちらアナログ版をどうぞ。リマスタリングされているという話もあるのですが、それはそれとして、ジャケットアートワークがまたzukk氏によるものでCD版と異なります。よりディープな森ですね。そんでもってこの12インチサイズのジャケットがゴツくてしっかりしております。昨今の12インチジャケットは割と薄い気がするんですよね…あれはあれで味わい深い部分もあるんですけど。昔々のクラシックレコードやサントラみたいな、凶器じみた板がたまらないんですよね。武器にも盾にもなりそうで。黒光りしたジャケットが良いんですよ…とまあジャケットにばかり触れましたがご存じのとおり中身も。日本語ハードコアであり、メロディックパンク、メタル、ロック、哀愁…哀愁というか激情というか。ゴリゴリのハードコアはちょっと…メロディアス要素が欲しい…という方にもちょっといっぺん聴いてみてほしい。とても拳を握りたくなる寄りサウンドであります。ウオオ。    [12inch+CD]
  • COMEBACK MY DAUGHTERS - WORN PATH(LP)
    COMEBACK MY DAUGHTERS - WORN PATH(LP)
    3,000円
    ディストロやってて、まあ、ちょくちょく思うことではあるんですけども、ええ、カムバックマイドーターズの作品をディストロする日が来るとはあの時思ってなかったですね…あの時…というとですね…たしか…spitting kissesリリース時にですね…盛岡club changeにライブしに来てて…チェンジでライブ観たのはあれが初だったかな…いやonsaとか観たのが先だっけ…まあどっちでもいいか…兎に角良かったんですよ…FWRとか諸々ね…あの…そう…犬のね…犬のTシャツが物販でね…あってね…良かったんですよ…本作品は2019年配信&CDリリースされた作品のアナログバージョンです。※ダウンロードコード等の付属はありません。とてもいいぞ。  [12inch]
  • AIMING FOR ENRIKE - MUSIC FOR WORKING OUT
    AIMING FOR ENRIKE - MUSIC FOR WORKING OUT
    2,000円
    ノルウェーの2人組インストバンド。事前知識ゼロで音源聴いて、はえー色々やってる手の込んだ感じだなーと思ったのですが、LIVE映像観たら2人きりで、しかもオンタイムで演奏いじくって練り上げていってる…わあ…と驚きました。当ディストロからしたら割と取り扱うこと自体が珍しい方のサウンドです。テクニカルでもうもりもりダンスミュージックですから。来日回数も多数ということで。本作品に収録の"Ponzu Saiko"(ポン酢最高)って曲名が凄い…曲名として凄いんですが楽曲としてもこのアルバム通して一番すきですね。ピンピンと活きの良いダンスフロアの方々も疲れそうな1曲です。いいなあ。それにしても曲名にするくらい気に入ったのか…何の料理で味わったのかなポン酢…こちらで取り扱っているのはFLAKE REOCRDSからリリースの日本版。ボーナスディスクとして新代田FEVERでのLIVE-CDが付属しているお得な2枚組となっておりますよ。  [2CD]
  • NERD MAGNET (ナードマグネット) - 透明になったあなたへ(LP)
    NERD MAGNET (ナードマグネット) - 透明になったあなたへ(LP)
    3,000円
    2019年リリースのナードマグネットの2ndアルバム!の!アナログ版です。※ダウンロードコードは付属しません。さて。ナードマグネットについてああだこうだ書く前に、皆もう知っているのではないのか…?ナードマグネットって結構大きなフェスに出てしかるべき存在になっているのではないか…?とか思ったりするんですけどどうなんでしょうね。世間的には。パワーポップといいますか、J-ROCK界ど真ん中を堂々と歩いて良いミュージックだと思うのです。とはいってもカバー他いろんな部分で独特な横道っぷりをキラキラさせているのがまた魅力的なんでしょうね。ナードというほどナードなのだろうかと思いますがWEEZERもナードならそうかそうだねというところですね。さて本作品の頭とお尻に登場する"YOU ARE MY SUNSHINE"、これを聴くとついLEATHERFACEを思い起こしてしまうのですが、原典ってどこなんだっけ?と検索したら1939年頃のアメリカであると…古いポピュラーソングだったんですねえ。2020年の今なお良い曲だなあと思いますね…さて。こちらCD版の発売の後を追ってリリースされたアナログ版ということで、CD版所有者からしたらコレクターズアイテムくらいにしか感じないかもしれませんが、そこはこのバンドの面白さなんでしょうか。ちょっとした驚きをもたらしてくれますよ。 [LP ]
  • DAIEI SPRAY- Behind The Wall [CD]
    DAIEI SPRAY- Behind The Wall [CD]
    1,800円
    こちらはCD only版。プラスチックケースです。 [CD]
  • DAIEI SPRAY- Behind The Wall [LP+CD]
    DAIEI SPRAY- Behind The Wall [LP+CD]
    2,400円
    ダイエースプレー最新作です。前作ISN'T BRAZINGでは、かなり力こそパワーといった品揃えだった印象ですが、今作はダイエースプレーの何か変な感じという不穏で異様な空気が再燃している感じです。といっても異様さ全開だった頃とは別の、どっしり安定感のある強固なメロディーが良いですよね。ドガンと発散してグッと締めてくれるので最近のダイエースプレー作品は本当に好きなんですよね…ええ…ところで。今作も12インチレコード+CD版と、CDオンリー版が存在します。単純にLP+CD版の方がお得じゃない?と思うかもしてませんが、LPの方のCDはあくまで付属なのでCDサイズジャケット等はないですからね。当たり前か。プラケースCD愛好家はCDonly版もよろしいかと。しかしですね。今回の作品は6曲目"GARAM.M"というインストがレコードA面の終わりに来るんですよ。んで更にB面のどあたまに"SHAME ON YOU"(ビデオにもなってる曲)が来るんですよ。その配置になんかこうぐっとくるものがありますもんで、再生機器がある方はぜひレコード版もお試しになってみてはどうでしょう。あと単純にジャケットが格好良いから12インチサイズが素敵。   [12inch+CD]
  • Headsparks / Die Communications - Split
    Headsparks / Die Communications - Split
    1,200円
    2020年日英SPLIT!両者ともFIXING A HOLEからのリリースでお馴染みなところでありますが。DIE COMMUNICATIONS。SAD MELODIC。こんなにもなんとも言えない歌声でミリミリと響かせるのは90~00年代の地下を思い起こさせます。んでとってもギターが弾かれています。ギターは弾くものなのでそりゃそうだろうってな話ですが。SLEEP LIKE A LOGや、大分違うんですがDEEDS NOT WORDSなんかも頭をよぎりました。良い…それと対するHEADSPARKS。1曲目の"We Lost"が良いストレートに来るメロディックなんですけれども、そのミュージックビデオ(下記参照)がまた良いんですよ。先日の日本ツアーでの映像を編集したもののようですが、いやあ楽しそうで…いいなあ…[CD]
  • Crocodile God - 13
    Crocodile God - 13
    1,600円
    ニューアルバムのCD版!ということで。大ベテランUK MELODIC/POP PUNKバンドですね。先日九州のThe CorpseとのSPLITが出てましたが、そちらとの楽曲の被りはありません。(Markソロアルバムの方では"Ladders"が収録されてますが)ばっちり13曲収録です。大ベテランとは思えないボンボボと浮足立ったPOP PUNKで良いです。かつグッドメロディーなメロディックバンドとしての側面も…ありますが、POP PUNKですね。軽過ぎない、良い塩梅の。2019年するっと来日を果たしていたということで、観に行けた方が羨ましい。さて今回、ボーナスディスクとしてギターボーカルMarkのソロアルバム付きです。おまけだけどフルアルバムな13曲入りですぞ。[CD]
  • Southpaw - Repeat, Deplete
    Southpaw - Repeat, Deplete
    1,600円
     FIXING A HOLE タイトルナンバー100!おめでとうございます。おめでとうございますな記念の作品はUK MELODICサウスポーの6枚目のアルバム。さて。southpawって地味な印象ですよね。それを言ったらUK MELODICは大概地味じゃない?と言う話なんですけども。その中でも知名度の割には地味な印象を持たれているという個人的イメージなsouthpaw。なのですが今作は!勿論煌びやかになっているわけではありません。でも格好良いんですよ。壮大さも醸し出す曲もあれば、ビンビンな曲も。"Silence Can Be Louder"なんてタイトルからもう好きですよ。タイトルから、といえば、"Bad Guy"はビリー・アイリッシュのカバーではないですよ。念のため。前作に続いて気持ちよく聴ける一枚。ラスト"BATTLESTAIONS!!!"で思いの外盛り上がりますぜ。[CD]

(全商品 : 139点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク