ログイン・会員登録

  • STEVE ADAMYK BAND - DIAL TONE
    STEVE ADAMYK BAND - DIAL TONE
    1,300円
    *** こんにちは *** [CD]
  • THE HUM HUMS - BACK TO FRONT
    THE HUM HUMS - BACK TO FRONT
    1,500円
    *** こんにちは ***   [CD]
      
  • didsmileat - Sad vacation ep
    didsmileat - Sad vacation ep
    200円
    *** こんにちは ***  [CD-R]  
  • Protectors - Soul And Fire Is All We Ever Need
    Protectors - Soul And Fire Is All We Ever Need
    1,600円
    ex-CHOPPERのメンバー在籍UK MELODICバンド!2012年の来日を経てメンバー増。キーボード&女性コーラスも加わりより華やかに。よりぶわっとした具合に。シンプルでグッドなメロディーはそのままに、より気持ちよくなっています。UK MELODICというとやはり哀愁というかもの悲しさ、枯木のような寂しさが真っ先に浮かぶところでありますが、PROTECTORSはそことは異なるステージで、より暖かなサウンドを鳴らしております。ジャケットの表だけ見てるとなんか枯れた感じというか侘しい感じですけどね!いやしかしこれは本当におススメ。ずっと聴いていられます。翌日が休みの夜とコーヒーによく合います。[CD]
  • source age - under frequency...
    source age - under frequency...
    1,000円
    2001年リリースの3曲入りシングル。青森のそろそろ20年選手と噂の4人組ポスト・ハードコアBAND。2014年現在からすると若々しいというか瑞々しいというか。そりゃそうですよね乳幼児ならもう中学に入学する程の時の流れが…あれ…そうなんだ…2001年ってそんなに昔だったんだ…割と最近って感じなのに…ちょっと切ないですね…いやなんでもないです。さて大分前の作品とはいえ今現在もガンガン演奏されております。特に3曲目"WALL"は本当にもうゴリッとして格好良いですので是非。始まって3秒でわぁってなります。フロント3人の咆哮が実に良い塩梅で絡むバンドでして、なんて説明すればいいのやらってな具合ですけれども。ドラゴンクエストⅥでいえばベギラゴンみたいな感じというか。わかりづらいか。BULLET AND TRAVOLTAやFLEXとかFLASH LIGHT EXPERIENCEとか好きな人に。ああそれにしてもそうなんだ…2001年って13年前なんだ…そうなんだ… [CD]
  • Ca-P / source age - SPLIT
    Ca-P / source age - SPLIT
    1,000円
    共に青森で活動を続ける2バンドによる2009年作のSPLIT!各BAND2曲ずつ収録。Ca-PはPIXIESトリビュートにも参加していることでお馴染のシューゲイザー。(単純かもしれませんが)BP.やTHE EART EARTHをまず思い浮かべますねー。さて長期に渡って青森をメインに活動しているバンドさんなのに私はまだ生で観たことがなく…青森に帰ってきて2014年時点で3年ってこともあるのですが。高校生時代ほとんど青森市のLIVE会場行かなかったし。長く長く続けているからといって明日も存するとは限らないので観たいならちゃんと足を運ぼうね!と自分に言い聞かせました。そして対するSOURCE AGE。こちらは私青森に戻って観ました。はい。観たからもう悔いは無いですってこともないのですけれども。2回目、3回目とまた感想が違うものですし、バンドさんは毎回毎回おんなじLIVEを提供することも稀でしょうし。出不精な私ですが行ける時は観に行きたいですね。今年はまた一つ弘前のLIVEHOUSEが閉店しますでね…はい…うん…SPLITの内容を全然紹介してない…[CD]
  • TIED KNOTS - the end of the rainbow
    TIED KNOTS - the end of the rainbow
    2,000円
    AND BELIEVE、EASEL、4thDifference、 loroといったメンバーから成る関東バンドTIED KNOTSの待望の1stフルアルバム。日本語詞(だけど英語詞のように聞こえる歌唱)の熱いEMO/MELODICなバンドですね。速球ではない、変化球ではない、3tボール(わたるがぴゅん!参照)でもない…内角低めのストレートのようなアルバム。DEMOで披露されていた3曲も再録。大名曲"CROSSWALK"も勿論。ex-loroのちんねんさんが職場の移動やらなんやらでSADな感じになってきており、非常に心配なのですが、こういうアンダーグラウンドでかき鳴らすミュージシャンは残念ながらSADであればあるほど素晴らしい作品を生み出しているような気がして(偏見)。早く状況が好転してほしいなあと思う反面、今ミュージシャンとしてギラギラ輝いているタイミングなのかなあとワクワクしてみたり。
    [CD]
  • SLUGGER MACHINE - STOVE LEAGUE ep
    SLUGGER MACHINE - STOVE LEAGUE ep
    1,200円
    ex-loro、cassettecase boysのメンバー在籍横須賀MELODIC。カセットケースボーイズはもうやらないの…?解散なの…?"1998"とか大好きなんだけど…まあそれはそれとして。このスラッガーマシーンはスラッガーマシーンで素敵なので。高温ボーカルはsuffering a from caseを彷彿とさせます。そして各所で言われているのですが…"Kevin"という曲が特に名曲。これこそが哀愁のメロディック。と胸を張って言えるそんな名曲。ところで、この"Keven"という曲。タイトルそのまま「ケビン」という男について歌われたものなんですけども。これは実話でしょうかね。『どこに行ったんだい?何をしてるんだい?何してるんだい?「ケビン」この歌は君に届くかい』という歌詞。実話なのでしょうかねえ。実話だとしたら、ケビンさんに届くと良いですなあ。この歌が。[CD]
  • NAVEL - クージー(黒)
    NAVEL - クージー(黒)
    300円
    クージー!NAVELのLIVE会場限定販売グッズ少量入荷しました!
  • NAVEL - クージー(橙)
    NAVEL - クージー(橙)
    300円
    クージー!NAVELのLIVE会場限定販売グッズ少量入荷しました! 
  • NAVEL - Tシャツ(緑)XSサイズ
    NAVEL - Tシャツ(緑)XSサイズ
    1,300円
    Tシャツ!バックプリント無し。XSサイズ。NAVELのLIVE会場限定販売グッズ少量入荷しました! 
  • NAVEL - Tシャツ(紺)Sサイズ
    NAVEL - Tシャツ(紺)Sサイズ
    1,300円
    Tシャツ!バックプリント無し。Sサイズ。NAVELのLIVE会場限定販売グッズ少量入荷しました! 
  • NAVEL - Tシャツ(赤)Sサイズ
    NAVEL - Tシャツ(赤)Sサイズ
    1,300円
    Tシャツ!バックプリント無し。Sサイズ。NAVELのLIVE会場限定販売グッズ少量入荷しました! 
  • KAZUHIRO - TRASH WORKS 1982 TO 2015 THIS IS NOT ART,THIS IS LIFE BOOK
    KAZUHIRO - TRASH WORKS 1982 TO 2015  THIS IS NOT ART,THIS IS LIFE BOOK
    3,000円
    画集!最近はハードコアキッチンリリース作品のジャケット等でもお馴染み。イマイ氏の80年代から現在に至るまでのアートワーク満載の104ページ。ドローイングやフォトコラージュなどなど。表紙のようなバリバリゴリゴリハードなものばかりではなく、FIRST ALERTのジャケットやフライヤーではまたカラっとした違うテイストの作品多数。しかしまあなんと言いますか、絵が上手いです。上手いから支持されてるんですけども。ただ単にイラストが上手くてもなんというこう…どう料理するかによるんですよね。レコードのジャケット、ポスター、LIVEフライヤー、ロゴデザイン、それぞれがそれぞれの料理方法があると思うんですよ(よくわからないですが)。で、それぞれにビシっとくる構成というか配置というか錬成というか…ざっくりいうと格好良いんですよね・アートブックとしての良さもさることながら、新旧ハードコアバンドのアートワークを堪能する面白さもある一冊だと思います。[BOOK]
  • WART - 全開必死華
    WART - 全開必死華
    1,000円
    2007年リリースの1st!!!濃密5曲入り。既に解散済みではありますが神戸HCバンド。この後に2ndというかフルアルバム『終走男児』をリリースしておりまして、そちらも最高なのですがこちらの1stだって最高なのです。実はこの1stから2曲ほど2ndに再録されており、その再録がとても良いので、2ndこそが至高と言いたくなる気持ちもなくはないのですが、本作の1~2曲目("前進曲"→"威風堂々") が本当に素晴らしくてですね。その2曲合わせて4分弱の世界で御飯がとても進みます。暑苦しくて熱すぎてやかましくせわしなく、ザ・関西という塩梅で、それがなんともまあこの…シンガロングというかうわあああああって言いたくなるような、そんなバンドですね。病みつきになってしまうバンド…そう、2015年現在再度ディストロ入荷してしまうくらいに… [CD]

(全商品:280点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索