ログイン・会員登録

  • SLUGGER MACHINE - STOVE LEAGUE ep
    SLUGGER MACHINE - STOVE LEAGUE ep
    1,200円
    ex-loro、cassettecase boysのメンバー在籍横須賀MELODIC。カセットケースボーイズはもうやらないの…?解散なの…?"1998"とか大好きなんだけど…まあそれはそれとして。このスラッガーマシーンはスラッガーマシーンで素敵なので。高温ボーカルはsuffering a from caseを彷彿とさせます。そして各所で言われているのですが…"Kevin"という曲が特に名曲。これこそが哀愁のメロディック。と胸を張って言えるそんな名曲。ところで、この"Keven"という曲。タイトルそのまま「ケビン」という男について歌われたものなんですけども。これは実話でしょうかね。『どこに行ったんだい?何をしてるんだい?何してるんだい?「ケビン」この歌は君に届くかい』という歌詞。実話なのでしょうかねえ。実話だとしたら、ケビンさんに届くと良いですなあ。この歌が。[CD]
  • SLYDINGMAN - 我慢は限界
    SLYDINGMAN - 我慢は限界
    1,500円
    北九州SLYDINGMANの初アルバム。初…ですよね…?DEMO、ミニアルバム、SPLIT等リリースを続けてきてここで初アルバム。ボーカルの西村氏は4hou8pouやTEST MUSTARD DISCOでしたので私個人的にはお馴染みなところがあります。前述バンドと本質は大きく変わっていませんが、結構捻くれというか奇妙な雰囲気がブンブンだった前バンドに比べて直球度が上がっているのがスライディングマン、という感じです。PUNKというか荒ぶるPOP PUNKというか。はい。激昂感のあるバンドですが、2011年以降の日本から思う部分がこれでもかという位にぶち込まれた15曲。ど真ん中にインストを挟みますがそれ以外はもう本当に徹底して叩き込んできます。憤怒。鼓舞。発散。それいけスライディングマン。[CD]
  • source age - under frequency...
    source age - under frequency...
    1,000円
    2001年リリースの3曲入りシングル。青森のそろそろ20年選手と噂の4人組ポスト・ハードコアBAND。2014年現在からすると若々しいというか瑞々しいというか。そりゃそうですよね乳幼児ならもう中学に入学する程の時の流れが…あれ…そうなんだ…2001年ってそんなに昔だったんだ…割と最近って感じなのに…ちょっと切ないですね…いやなんでもないです。さて大分前の作品とはいえ今現在もガンガン演奏されております。特に3曲目"WALL"は本当にもうゴリッとして格好良いですので是非。始まって3秒でわぁってなります。フロント3人の咆哮が実に良い塩梅で絡むバンドでして、なんて説明すればいいのやらってな具合ですけれども。ドラゴンクエストⅥでいえばベギラゴンみたいな感じというか。わかりづらいか。BULLET AND TRAVOLTAやFLEXとかFLASH LIGHT EXPERIENCEとか好きな人に。ああそれにしてもそうなんだ…2001年って13年前なんだ…そうなんだ… [CD]
  • Southpaw - This Is Ours
    Southpaw - This Is Ours
    1,600円
    2015年リリースの5枚目のアルバム!もはやベテランUK MELODIC PUNKバンドサウスポー。流麗かつ熱烈メロディー。1曲目"Banquet"のイントロはラルカンシェルの某シングルのイントロを彷彿とさせましたが別にそれっぽいとかそういう話ではありません。11曲入りで速い曲ばかりではなく、それでいてノロノロダルダルは無いので、ジャケットのような天気の時にじっくりと聴きたい一枚。しかしあれですね…5枚目のアルバムであるわけですけども。southpawは一時期メンバーチェンジなどもあってArch Stantonとしても活動していた時期があったわけですよね。その頃には4枚のシングル(と編集版アルバム1枚)をリリースしていたわけで…本当にベテランだなあとしみじみ思う今日この頃。 [CD]
  • Southpaw / Die Communications - Foundation Split
    Southpaw / Die Communications - Foundation Split
    1,200円
    UK MELODICサウスポー!復2013年に復活アルバムをリリース(復活というかボーカル変わってArch Stantonとしてやっていたんだけどオリジナルメンバーに再編したから改名した)SOUTHPAW。UK MELODICというと繊細っぽいイメージもありますがサウスポーは音楽性の変化もありますが練りに練った芯の太い感じの2013年アルバムの流れをくむ3曲入り。ところでおじさん怒らないからsouthpawとsouthportを混同している人手を挙げなさい。おじさん怒らないから。おじさんもよく混同してるから。京都のex-KIRIEでもあるSADメロディックPUNKバンドDie Communications!!1曲目は"Burn This Golden Temple"(燃えよ金閣寺)!!何が凄いって歌詞の中でGolden Templeについては特に触れていないということ…読み込めば歌詞の向こうに金閣寺が見えてくるかもしれない…でも見えてくるようになったら正直危ない気がする。 I ExcuseやHush Puppyを彷彿とさせるサッドでバーニングでジャパニーズ感ある3曲![CD]
  • Southport - Southern Soul
    Southport - Southern Soul
    1,600円
    ex-SNUFFのギタリストSimon在籍UK MELODIC-BANDのSOUTHPORTの3rd!! 哀愁と貫禄と苦みと爽快感が良いバランスで味わえるアルバムです。Longball To No-Oneとのスプリットに収録の「Should've Done」や、BOSS TUNEAGEの20周年記念大容量VAに収録されていた「The Last Time」が再録。UK MELODICのベテラン勢のアルバムは退屈で…と思う人にオススメすべきかどうかは悩みますが「Small Steps」とか小粋だし、続く「Bob Marlow」はなんかこう…『主題歌』っぽいし…うん…やっぱりオススメしても問題ないかな。うん。良いアルバムですよ。これ。聴けば聴くほどにはまっていくアルバムで、退屈なんて感じさせないドラマティックなアルバムなんでやっぱりこれはオススメしても問題ないというかオススメすべき1枚ですね。2015年に来日ツアー![CD]
  • Southport / Jim Abbott - Split
    Southport / Jim Abbott - Split
    1,200円
    ***こんにちは*** [CD]
  • STAY CLEAN JOLENE - S/T
    STAY CLEAN JOLENE - S/T
    580円
    GREAT ST. LOUISとLEIF ERICSSONのメンバーによる新バンド! 前述の2バンドでどういう感じか想像つくと思いますがMELODICです。特にB面が好きだなあ…どことなく九州のJIM ABBOTTを感じましたが気のせいだと思いますが男らしくも哀愁漂うも枯れることなくツヤツヤしている感じのMELODIC PUNK。4レーベルによる共同リリースということもあってかEAGER BEAVER RECORDSも共同リリースなのですが日本流通分は少なめだそう。150枚だとか。なんとか。 [7inch]
  • stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP
    stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP
    800円
    静岡のインスト3人組バンドstereo typeのラスト(?)2曲入りシングル!ラストということについて疑問形なのは、2013年夏に『活動限界』ということで終了したように見えるため。言葉のとおり限界なので二度とは無いかもしれないし、限界を超えて次があるかもしれない。『解散』とか『終了』とかいう言葉は使っていないし。そこら辺はまあ本人達の事情が色々あるでしょうからあれこれ推測してもしょうがないんですが、次も期待したいな、と思えるこの2曲です。mirrorやtoeなどのような、格好良い且つクール且つ熱い楽曲。クール且つホットというと真逆じゃないかと今書いてて気づいたわけですけども、清濁併せ持つって日本語もあるくらいだし良いのか。まあ、そういうわけでクールでホットなんですよ。どちらかがニョっと飛び出ているではなく、両立した感じの攻めのサウンドです。ジャケットもイカすので(CD版とではデザインが異なります)ぜひ。[7inch+mp3]
  • stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP [CD]
    stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP [CD]
    600円
    静岡のインスト3人組バンドstereo typeのラスト(?)2曲入りシングル!ラストということについて疑問形なのは、2013年夏に『活動限界』ということで終了したように見えるため。言葉のとおり限界なので二度とは無いかもしれないし、限界を超えて次があるかもしれない。『解散』とか『終了』とかいう言葉は使っていないし。そこら辺はまあ本人達の事情が色々あるでしょうからあれこれ推測してもしょうがないんですが、次も期待したいな、と思えるこの2曲です。mirrorやtoeなどのような、格好良い且つクール且つ熱い楽曲。クール且つホットというと真逆じゃないかと今書いてて気づいたわけですけども、清濁併せ持つって日本語もあるくらいだし良いのか。まあ、そういうわけでクールでホットなんですよ。どちらかがニョっと飛び出ているではなく、両立した感じの攻めのサウンドです。ジャケットもイカすので(7inch版とではデザインが異なります)ぜひ。[CD]
  • STEVE ADAMYK BAND - DIAL TONE
    STEVE ADAMYK BAND - DIAL TONE
    1,300円
    *** こんにちは *** [CD]
  • STEVE ADAMYK BAND - III
    STEVE ADAMYK BAND - III
    1,200円
    1stが出た頃から好きだ好きだと言い続け、気がつけば3rdまでリリースしている。1stから変わらず、と言いつつも若干の変化も見せつつ、そういえば1st(日本盤)に収録の"Satellite"がアレンジを変えてここで収録されておりますね。SKIMMERに通ずるなんというかこうBANDに対する安心感というかそんな感じがありますね。そして、今作はラストの曲"Won't Let You Go"(邦題:行かせないさ)が良いですね。アルバムのラストが良い曲(好きな曲)で締められると良い気分になれますね。SIDEKICKSのアルバム「AWKWARD BREEDS」を聴き終えた時の気分のような。そんな、感じ。 [CD]
  • Stimulus - El estímulo previsto
    Stimulus - El estímulo previsto
    800円
    こんにちは [TAPE]
  • strange over the sun - this city is changing for better or worse
    strange over the sun - this city is changing for better or worse
    1,200円
    2003年リリースの福岡ハイテンションハードコア!残念ながら既に解散しておりますが、TEST MUSTARD DISCO,SHYBOY,SNAREKILLS,THE CENTERHITSなどなどで皆様活躍。3人ボーカルが入り乱れる13曲。"はなれた!"や"TRAPPED"など激昂曲もあれば"CAT?"というボワーンとした曲もあり、"歯科医"のような5秒で終わる曲もあり、"インスト”や"INSTRUMENTS"のようなタイトルそのままのインスト曲があり、結構バリエーション豊かな13曲なのですが、通して聴いた印象は、すげえ変なテンションのバンドだなあ…というものでした…しかしGIVEGIVEさんのハイトーンボーカルは本当にクセになるなあと。TEST MUSTARD DISCOやSNAREKILLSでも変わらぬその高温が聴けますが本当に印象深いですわ… [CD]
  • SUFFERING FROM A CASE - THAT SCENE
    SUFFERING FROM A CASE - THAT SCENE
    1,000円
    現SHIPYARDSのシノザワ氏が在籍していたことでも知られる八王子の解散済BAND。初めてDEMOを聴いたときに感じた「なんだこのボーカル」という印象。しかし病みつきになるボーカルは今現在のシップヤーズでも絶好調です。さてこの単独作6曲入りCDはとても良いです。陰りがあってナーバスでスピーディーで勢いがあってナーバスなMELODIC PUNKですが、当初感じた病弱さが薄れ、無骨な匂いが漂います。幾分。本当にナイスな6曲。惜しむらくは、なんで"EVEN NOW"を再録しないまま解散してしまったのか、ということですよ… [CD]

(全商品:267点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索