ログイン・会員登録

  • Pelotan - LUCKY OLD SUN
    Pelotan - LUCKY OLD SUN
    1,500円
    *** こんにちは ***   [CD ]
  • falls - CUT SELF NOT vol.3
    falls - CUT SELF NOT vol.3
    1,500円
    こんにちは [DVD]
  • WHISKEY & CO. - RIPPED TOGETHER, TORN APART
    WHISKEY & CO. - RIPPED TOGETHER, TORN APART
    1,580円
    フロリダのフォーキーカントリーバンドWHISKEY&Co.の4th ALBUM。さてさて。どうも自分は性急でない作品について「秋に聞きたい作品」などと評することが多いです。とても単純かつ頭が悪いなぁと思います。はい。そういうわけで。こちらのアルバムは秋に聞きたいですね!というのもこれを書いている現在(8月末)は秋も目前ということで、夜半は大分涼しくなってきました。そんな中聞くととても気持ちが良いのです。リリース直後の夏真っ盛りだと…気持ち良いのだけれど夏に毛布をまとっているような…暑苦しいというわけではなく。ぴったりこない。秋だと滋養強壮に効く気がします。訳のわからない例えはこのへんで。EAGER BEAVER RECORDSの(共同)リリースです。EBRといえばWORTHWHILE WAY。そのバンドもそうですがピースフルな空気に満ちたバンドのリリース多数。レーベルの空気が好きならばぜひこちらの作品を。フォーキーですが割と濃厚なサウンドです。シンプル過ぎるのはちょっと…という方もぜひ。あと今作は前編女性メインボーカル。綺麗な歌声。[CD]
  • DANCE WITH ME - Punkrock Struggle
    DANCE WITH ME - Punkrock Struggle
    1,600円
    自分が初めてDWMを観たのは2005年だったかと。八王子の公共施設でのLIVE。BURST YOUR NOISEの第30回。ひどく泥酔してるパンクなお兄さんがいるなあ…と思ったらLIVEを控えているDWMのボーカルでした。とんでもねえなと思いましたがとても格好良いなという記憶。LIVE終了後はしんでましたが。あのころのDWMとはメンバーががらっと変わっているわけですが、自分の中では変わらないなあ…好きだなあ…という気持ちでいっぱい。暑苦しく前のめりでシンガロング全開の最高に疲れる一枚です。[CD]
  • Headsparks - Beastro
    Headsparks - Beastro
    1,600円
    *** こんにちは ***  [CD]
  • WORTHWHILE WAY - Love Is All (LP)
    WORTHWHILE WAY - Love Is All (LP)
    1,600円
    徳島&東京の遠距離バンド、ワースワイルウェイの初アルバム。長いバンド歴からすればやっとというべきか遂にというべきか。再録&新曲の13曲入り(アナログ版もADDから出ますがそちらは12曲入り)でして、これまでのシングルやSPLIT,VA参加曲などの再録がメインで「総括」の一枚かと。PUNK ROCKな力強さとCOUNTRYな温かみ。"SWIG BEER"のタイトルからもうご飯がいけそうな勢い良い名曲もあれば"FAMILY SONG"のような楽しい曲もあり。しかしながらやはりなんといっても1曲目の"LYON"でしょう。CDの開始ボタンを押してまず流れてくるのはギターとワンワン鳴き声ですよ?たまらないじゃないですか。歌詞カード開いてまず飛び込んでくるのはリオン君の笑顔ですよ?最高じゃないですか。犬ほんとかわいい犬ほんとかわいい。 [LP]
  • Headsparks - Headsparks
    Headsparks - Headsparks
    1,600円
    *** こんにちは ***   [CD] 
  • Southport - Southern Soul
    Southport - Southern Soul
    1,600円
    ex-SNUFFのギタリストSimon在籍UK MELODIC-BANDのSOUTHPORTの3rd!! 哀愁と貫禄と苦みと爽快感が良いバランスで味わえるアルバムです。Longball To No-Oneとのスプリットに収録の「Should've Done」や、BOSS TUNEAGEの20周年記念大容量VAに収録されていた「The Last Time」が再録。UK MELODICのベテラン勢のアルバムは退屈で…と思う人にオススメすべきかどうかは悩みますが「Small Steps」とか小粋だし、続く「Bob Marlow」はなんかこう…『主題歌』っぽいし…うん…やっぱりオススメしても問題ないかな。うん。良いアルバムですよ。これ。聴けば聴くほどにはまっていくアルバムで、退屈なんて感じさせないドラマティックなアルバムなんでやっぱりこれはオススメしても問題ないというかオススメすべき1枚ですね。2015年に来日ツアー![CD]
  • Protectors - Soul And Fire Is All We Ever Need
    Protectors - Soul And Fire Is All We Ever Need
    1,600円
    ex-CHOPPERのメンバー在籍UK MELODICバンド!2012年の来日を経てメンバー増。キーボード&女性コーラスも加わりより華やかに。よりぶわっとした具合に。シンプルでグッドなメロディーはそのままに、より気持ちよくなっています。UK MELODICというとやはり哀愁というかもの悲しさ、枯木のような寂しさが真っ先に浮かぶところでありますが、PROTECTORSはそことは異なるステージで、より暖かなサウンドを鳴らしております。ジャケットの表だけ見てるとなんか枯れた感じというか侘しい感じですけどね!いやしかしこれは本当におススメ。ずっと聴いていられます。翌日が休みの夜とコーヒーによく合います。[CD]
  • KENNY BAKER - OUT OF THERE, OUT OF TIME
    KENNY BAKER - OUT OF THERE, OUT OF TIME
    1,600円
    ケニーベイカーの2017年発売2ndアルバム!私が学生だった時分で既にベテランだったと思うのですが…引き続きベテランですね。「黄昏賛歌」にも収録されていた"Na-Na-Na"が相変わらず最高。これを聴いた福島の展望台…ああそう、思い出した。そのイベントでELEVENTH(ex-PEACE OF BREAD)土屋さんと会ったのが最後だったか。その土屋さんがこのケニーベイカーの2ndをリリースするって言ってたんですよね。随分かかるなあと思ってました。残念ながら完成前に亡くなってしまわれたのですが…きっと土屋さんも満足な内容なのではないでしょうか。いやあの人はどうコメントするのか予想つかない人なんですけども。それはそれとして皆大好きケニーベイカーー。爆走ハイテンションではなく、どっぷり腰を下ろしたロックでもなく、MELODIC PUNKであり続けているサウンド。ナウいのかと言われると尾多分ナウくない。ナウさを求めないで。ずっと良いモノです。そういえばex-AS MEIAS、DAIEI SPRAY他の塚本氏が加入ということで今後のLIVEも楽しみですね。[CD]
  • WORTHWHILE WAY - Love Is All
    WORTHWHILE WAY - Love Is All
    1,600円
    徳島&東京の遠距離バンド、ワースワイルウェイの初アルバム。長いバンド歴からすればやっとというべきか遂にというべきか。再録&新曲の13曲入り(アナログ版もADDから出ますがそちらは12曲入り)でして、これまでのシングルやSPLIT,VA参加曲などの再録がメインで「総括」の一枚かと。PUNK ROCKな力強さとCOUNTRYな温かみ。"SWIG BEER"のタイトルからもうご飯がいけそうな勢い良い名曲もあれば"FAMILY SONG"のような楽しい曲もあり。しかしながらやはりなんといっても1曲目の"LYON"でしょう。CDの開始ボタンを押してまず流れてくるのはギターとワンワン鳴き声ですよ?たまらないじゃないですか。歌詞カード開いてまず飛び込んでくるのはリオン君の笑顔ですよ?最高じゃないですか。犬ほんとかわいい犬ほんとかわいい。[CD]
  • TOWN BIKE - GO! FIGHT! WIN!
    TOWN BIKE - GO! FIGHT! WIN!
    1,600円
    久しぶりに再入荷。かつもう廃盤なので再々入荷はないかなと。というわけでイギリスの女性Voバンド。MELODIC/POP PUNK。2009年リリースの1stアルバム。Fixing A holeとSuperkawaiipopとの共同リリース。スーパーカワイイ…はい。ヘイホーレッツゴーなところもある明るいPOPなスピーディーかわいいMELODICですね。"Hey Hey Ho!"なんて曲もあります(与作カバーではありません)。しかしあれだ。この女性ボーカル、歌うますぎやしませんかね…SKIMMERのケビンも絶賛のバンド…とのことですが、ケビンは女好きであることからバンドを褒めているのか女の子を褒めているのか判断に困る…とは日本の各レーベルオーナー談。 [CD]
  • Southpaw - This Is Ours
    Southpaw - This Is Ours
    1,600円
    2015年リリースの5枚目のアルバム!もはやベテランUK MELODIC PUNKバンドサウスポー。流麗かつ熱烈メロディー。1曲目"Banquet"のイントロはラルカンシェルの某シングルのイントロを彷彿とさせましたが別にそれっぽいとかそういう話ではありません。11曲入りで速い曲ばかりではなく、それでいてノロノロダルダルは無いので、ジャケットのような天気の時にじっくりと聴きたい一枚。しかしあれですね…5枚目のアルバムであるわけですけども。southpawは一時期メンバーチェンジなどもあってArch Stantonとしても活動していた時期があったわけですよね。その頃には4枚のシングル(と編集版アルバム1枚)をリリースしていたわけで…本当にベテランだなあとしみじみ思う今日この頃。 [CD]
  • Brown Trout - LONG GOOD-NIGHT LP
    Brown Trout - LONG GOOD-NIGHT LP
    1,680円
    八王子のGENTLEMENもといBROWNTROUTの2ndフルアルバム発売!わぁい。ということでめでたくリリースされましたね。BROWNTROUTの話がされる際には音楽性の変化がやはり話題になりがちなのですが。いやー音楽性の変化といえばpre-schoolはなんでああも変化していったんでしょうね…どの時期も好きなんですけど最終アルバムなんて当初からのファンを置いてけぼりにした感がありますよねぇ…話が逸れました。1stアルバムと比べると変化がありますね。サッドでバーニングな1stでしたがSPLIT~単独7寸等を経て幅広い余裕すら感じさせるPUNK/POWER POP/ROCK感。でもやっぱりMELODIC PUNKですねーどこまで行ってもどの曲も。空気は全体的に明るくなったかな?と思うのですが1曲目から歌詞読むとやはりSADでした。裏切らないなぁ。あ。あと気のせいかなーとも思ったんですが…ミソさん歌詞に"bury(埋める)"って言葉ちょくちょく出てきているような…SAD…"GOLDEN WORLD"や"LULLABY OF NIGHT BIRDS"みたいなウキウキワクワクな曲もありつつグッとくる曲もありつつ。後期BLOTTOやSUSPICIOUS BEASTSなんかも感じつつ。でもやっぱりBROWNTROUTのMELODIC PUNKだなぁと思うアルバム。 [12inch+mp3]
  • DAIEI SPRAY - ISN'T BRAZING[10inch+CD]
    DAIEI SPRAY - ISN'T BRAZING[10inch+CD]
    1,700円
    ダイエースプレー待望の1stフルアルバム!もはや青森バンド!とは言えないと思う(関東バンド)のですが、青森で誕生したバンドがこうスターダムにのし上がる様は嬉しいのです。今回、再度メンバーチェンジがあったダイエースプレー。しかしとても良い…各地でLIVEを観た方々が「今のメンバーは最高」と。自分は現体制のLIVEこそ観てませんがこの円盤を聴けばわかる(気がする)。とてものりにのっていると。個人的に今までのダイエースプレーのイメージは棍棒で叩きつぶす感じだったのですが、近作からは鉄棒で吹っ飛ばすようなイメージですね。それはそれとして。MELODIC PUNKバンドだと自分は思っておるのですが、その捻くれ…というか渋み、味わいがどう表現したものかと。どう表現したものかと思いながらこのアルバムを眺めてたら、ジャケットデザインがこれ内容をよく表現している!と思いました。聴いてから見返すとまた味わい深い。1曲目"ANTENNA"から最高に燃える7曲入り。CD(プラケース)版と、10インチレコード+CD(プラケース無し)版があります。[10inch+CD]

(全商品:267点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索