ログイン・会員登録

  • stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP
    stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP
    800円
    静岡のインスト3人組バンドstereo typeのラスト(?)2曲入りシングル!ラストということについて疑問形なのは、2013年夏に『活動限界』ということで終了したように見えるため。言葉のとおり限界なので二度とは無いかもしれないし、限界を超えて次があるかもしれない。『解散』とか『終了』とかいう言葉は使っていないし。そこら辺はまあ本人達の事情が色々あるでしょうからあれこれ推測してもしょうがないんですが、次も期待したいな、と思えるこの2曲です。mirrorやtoeなどのような、格好良い且つクール且つ熱い楽曲。クール且つホットというと真逆じゃないかと今書いてて気づいたわけですけども、清濁併せ持つって日本語もあるくらいだし良いのか。まあ、そういうわけでクールでホットなんですよ。どちらかがニョっと飛び出ているではなく、両立した感じの攻めのサウンドです。ジャケットもイカすので(CD版とではデザインが異なります)ぜひ。[7inch+mp3]
  • tail / calledyouvie - SPLIT
    tail / calledyouvie - SPLIT
    800円
    兵庫のinstバンドtail(テイル)と京都emoバンドcalledyouvie(コールドヨービ)の2曲ずつ収録SPLIT!!まずはインストゥルメンタルtail。不穏さと美しさ兼ね備えた感じです。ズドンズドン豪快に俊敏に攻める感じではなく、変化球変化球という感じでもなく、なんというかこう…虎視眈々というか。AS MEIASのしなやかさとThere is a light that never goes outの緊張感とあと独自の雰囲気と。5分台と3分台の曲で長尺冗長拙速感なく美味しくいただけます。対するcalledyouvieは女性ボーカルでして、まず仙台のAnswerを思い起こさせてくれました。bufferins, jejuneのコピーから始めたバンドということでそこら辺のカラーが顕著かなと。しっとりというよりもジィィイイーンという感じです。私の文章は擬音が多いですね。あとすみません音楽的にあまり似てないとわかってはいるのですが女性の歌声が青森のfluff ball.cやLautを彷彿とさせました。[CD]
  • CUNNILINGUS VAMPIRE - DRUNK PUNK ROCK ep
    CUNNILINGUS VAMPIRE - DRUNK PUNK ROCK ep
    800円
    *** こんにちは *** [CD]
  • WORTHWHILE WAY / PRETTY BOY THORSON & THE FALLING ANGELS - SPLIT
    WORTHWHILE WAY / PRETTY BOY THORSON & THE FALLING ANGELS  -  SPLIT
    800円
    関東+四国のWWWと現SLOW DEATHのPBのSPLIT!ジャケットはWWWのマユさんが担当。サムネイル程度の画像だと写真と見紛う絵画ですね。現在は戸島夫妻が東京から四国に移り住んだために遠距離バンドとなり、LIVE本数自体はそう多いバンドではありませんが、3年連続FEST出場を果たすなど活躍が目立つバンドであります。戸島さんはEagerBeaverRecordsでディストロ、レーベル運営もやっており、日本にNO IDEA周辺バンド等々をガンガン取り込んでくれています。それはそれとして、とても仲良しな2バンドでありますがUS MELODIC&アコースティックな空気をまとい、どこかランランランとしたSPLITとなっています。現在のSLOW DEATHはコミック付シングルを出したりアルバムを出したりと精力的!んで今作はカラーヴィニール![7inch]
  • WEARABLESUCKS - WASTE
    WEARABLESUCKS - WASTE
    800円
    *** こんにちは *** [TAPE+mp3]
  • SKIMMER / heylome - SPLIT
    SKIMMER / heylome - SPLIT
    800円
    多作というかなんというか。青森で「曲が全くできない…」と嘆いていらっしゃる某ギタリストにいくらかでも作曲衝動を分けてくれたら…と思えるイギリスメロディックSKIMMER!!2013年も来日してくれましてその際にリリースされたSPLIT。2曲目はジャケットも歌詞も見ずに聴くと間違いなく"LONG WAY HOME"と勘違いする"WRONG WAY HOME"。瑞々しさと爽快感が全く失われない格好良いおじさん達です。対するは静岡メロディックheylome。WATERSLIDEの紹介文で知ったんですが元A SINGLE WORDのメンバー居るんですね。いやあのバンドDEMO以降どうなったのかなと気になっていたんですが…まさかこんな形で。A SINGLE WORDといえばPEACE OF BREADの"MY GIRL"のイントロそのまんまの曲ありましたけどあれってわざとだったんですかね。いやまあそれはそれとして。女男ボーカルでミルク多めのコーヒーみたいで実に良い具合です。DISCOUNTとかCHECKMATESとかCIGARETTEMANとか好きな人にぜひ。 [CD]

  • VOTZCO - s/t
    VOTZCO - s/t
    800円
    こんにちは [7inch+mp3]
  • CUSTODY - S/T
    CUSTODY - S/T
    800円
    *** こんにちは ***  [7inch+CD-R]  
  • Protectors / Chippendale - SPLIT
    Protectors / Chippendale - SPLIT
    800円
    ジャケットが可愛い。これを持って繁華街をうろつくだけで女子中高大生からキャッキャ言われるんじゃないかと錯覚するレベル。キャッキャ言われたからどうなんだ、と考えると悲しくなるからしませんがPROTECTORS来日に合わせて発売された鴬谷チッペンデールとのSPLIT。共に2曲ずつの収録。分類としては両バンドMELODIC PUNKのカテゴリに入れても問題無いのかなあと思いますが、どういもこうにも陰陽分かれているなあと思いました。プロテクターズが陽でチッペンデールが陰。来日公演が各所で絶賛されたプロテクターズ。「期待通り良かった!」という感想よりも「何か知らなかったけど良かった!」という感想を良く目にした気がします。まあ自分の観察範囲なんであれですが。CHOPPER時代の曲をセルフカバーしてたりしたそうで羨ましい限りです観に行けた人。対するチッペンデールは毎回作品を聴くたび唯一無二だなあと思うのですが、それはやはり歌によるものが大きいのかしら。SADな雰囲気とも違う根暗とも違うダークネスなのとも違う、独特な感じ。 [CD]
  • ボロキチ(Bo!Rock→1) - 此ノ崎ニテ
    ボロキチ(Bo!Rock→1) - 此ノ崎ニテ
    800円
    2013年に引き続き2014年もDEBOUCH MOODよりリリースされました3曲入りシングル!日本語詞のROCK/PUNK/FUNKな独特なハイテンション攻撃的サウンド。今作はなんといってもSoundcloudでも公開されている"Fried Garlic"が好きですね。ダンスダンスダンスな感じです。1stアルバム収録の"ラリラリブギウギ"でも思いましたがハーモニカ具合がたまりません。変則的というほどねじ曲がっているでなく、ド直球というには不穏な、その隙間を突き抜けつつハイテンションで駆け抜けるこのベテラン(と言ってもいいですよね?1998年結成だし…)は本当に生で観たいと思わせるバンドです。狭い会場で観たら凄く暑そうだなあ…いやなんとなくですけれど…すっごく熱気が強烈そうなイメージ。[7inch]
  • SUSPICIOUS BEASTS - SUNSHINE IN THE TRASH
    SUSPICIOUS BEASTS - SUNSHINE IN THE TRASH
    800円
    青い三角定規やジャッキー吉川とブルー・コメッツらへんを彷彿とさせるジャケットがたまらない新作7インチレコード!新作、といえば間違いなく2014年の新作なわけですが、収録のタイミングは下記にあります通り2ndアルバムと同時期とのこと。まあ中心人物であるex-BLOTTOのオカダ氏が海外在住のようですし、その他の日本在住のメンバーと一緒に録音するタイミングとなると限られる?のかしら?まあそこらへんの事情は置いといて、この3曲入りのレコードですよ。サイケデリックといえば良いのでしょうか?ズゥウウウウウウンブァアアンンンアアァアアアンンンといったサウンドでして、頭を完全に空っぽにしてとっかえひっかえドーナツ盤を聴いててこの盤をかけた瞬間「プレイヤー壊れたかん?」と思ってしまったくらいに独特。楽曲そのものもさることながら録音方法にも工夫がされているそうな。丁度これは春向きの1枚ですねえ。 [7inch]
  • V.A. - FOUR PITFALLS #1
    V.A. - FOUR PITFALLS #1
    800円
    CASSETTECASE BOYS / FROM TEN TO NINE / MAINSPRING / PASSIVE CHORDによる4WAY SPLIT!! ex-loroやLAZYMAN RECORDSマスコット等のメンバーからなる横浜CCB。ポカスカジャン勢いメロディックで良いですね。何度もリピートしたくなる快速曲。大洋ホエールズじゃなくて横浜ベイスターズを歌った曲。あれ?モバゲーズでしたっけ?そしてこの4バンドの中では異色のFROM TEN TO NINE。日本語シリアスポストハードコア。写真を見るに若そうで今後に期待したくなります。MAINSPRINGは解散しちゃいましたね…でもあまずっぺえ歌声は2010年代のバンドでありながら1990年代っぽさも同時に感じさせてくれました。素敵。そしてPASSIVE CHORD。あまずっぺえ…なんてあまずっぺえラブソング…これがよくわからないコンピで流行の「セツナソング」ってやつかしら。TSUTAYAとかでよく見かける感じの。うん。違うと思いますが。ああ…甘い…[7inch]
  • ボロキチ(Bo!Rock→1) - s/t
    ボロキチ(Bo!Rock→1) - s/t
    840円
    2006年SATIRE RECORDSからリリースされたアルバムが衝撃的だったボロキチの新作3曲入り7インチ!とんでもなく男臭いバンド。PUNK/ROCK'N'ROLL/HARDCORE。前のめりなテンションで叩きつける攻撃的衝動的な曲。ボロキチの曲は大体1~2分でして、短いのですが短くないというか。いや、短いんですけど。ファストコアとかそういうんでもないなと。全編日本語詞で歌心もあるバンドだなあと。LIVE観たことないけど汗とか唾とか凄そうなイメージ。フルアルバム以降DEMOをいくつかリリースしており、その事実を知らなかったことが非常に悲しいのですが…まあしかし今作ですよ。どこを切ってもボロキチな3曲!トトノツマリインザムード!燃える。[7inch]
  • DOG HOTEL / THE TIFFS - SPLIT EP
    DOG HOTEL / THE TIFFS - SPLIT EP
    840円
    ex-BLOTTOのメンバーからなる"THE TIFFS"とex-THE SCRIBBLERのメンバーからなる"DOG HOTEL"のパンクロックバンド2バンドよるスプリット!TIFFSはアメリカなPUNK,ROCKですね。前作でも思いましたが佇まいからなにからしっくりきます。キャリアが成せるものなのか、生まれつきのものなのか。格好良いやとしか言えないですね。BLOTTO後期に通ずるものもありますが、やはり別物ですね。対するDOG HOTEL。SCRIBBLERというとかなり刺々しいバンドという印象がありますが、こちらはそれとはまた違ったPUNK。しかしこれを何と言ったら良いものかしら?と悩んでしまいまして、筆が止まっているんですけども。うーん。あ。Minutemen,Gang Of Fourか。おお。なるほどわかりやすい(Black Hole ZINEを読みました)。シンプルな作りの中に面白い展開が見えて楽しいです。大体1~2分くらいなのかな?短めでスパっと決めてます。 [7inch]
  • DOG HOTEL - DANCE ON THE CAKE
    DOG HOTEL - DANCE ON THE CAKE
    840円
    一聴してこれは2012年の日本人によるバンドなのかと思いました。良い意味で?悪い意味で?と聞かれたら勿論良い意味で、と答えるのですけどもなんなんでしょうこの感じ。斬新!という感じではないものの周りを見渡しても同類がパッと見つからないし、じゃあ懐古的なモノかと思えば多分そうじゃない感じ。シンプルなPUNK ROCKと言っていいのかなーこれは。PUNKだけどPOWER POP好きな人も良いんじゃないかしら。CRIMPSHRINE好きな人なんかも。格好良いなー西東京。 [7inch]

(全商品:269点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索