ログイン・会員登録

  • VOTZCO - s/t
    VOTZCO - s/t
    800円
    こんにちは [7inch+mp3]
  • ボロキチ(Bo!Rock→1) - 此ノ崎ニテ
    ボロキチ(Bo!Rock→1) - 此ノ崎ニテ
    800円
    2013年に引き続き2014年もDEBOUCH MOODよりリリースされました3曲入りシングル!日本語詞のROCK/PUNK/FUNKな独特なハイテンション攻撃的サウンド。今作はなんといってもSoundcloudでも公開されている"Fried Garlic"が好きですね。ダンスダンスダンスな感じです。1stアルバム収録の"ラリラリブギウギ"でも思いましたがハーモニカ具合がたまりません。変則的というほどねじ曲がっているでなく、ド直球というには不穏な、その隙間を突き抜けつつハイテンションで駆け抜けるこのベテラン(と言ってもいいですよね?1998年結成だし…)は本当に生で観たいと思わせるバンドです。狭い会場で観たら凄く暑そうだなあ…いやなんとなくですけれど…すっごく熱気が強烈そうなイメージ。[7inch]
  • V.A. - FOUR PITFALLS #1
    V.A. - FOUR PITFALLS #1
    800円
    CASSETTECASE BOYS / FROM TEN TO NINE / MAINSPRING / PASSIVE CHORDによる4WAY SPLIT!! ex-loroやLAZYMAN RECORDSマスコット等のメンバーからなる横浜CCB。ポカスカジャン勢いメロディックで良いですね。何度もリピートしたくなる快速曲。大洋ホエールズじゃなくて横浜ベイスターズを歌った曲。あれ?モバゲーズでしたっけ?そしてこの4バンドの中では異色のFROM TEN TO NINE。日本語シリアスポストハードコア。写真を見るに若そうで今後に期待したくなります。MAINSPRINGは解散しちゃいましたね…でもあまずっぺえ歌声は2010年代のバンドでありながら1990年代っぽさも同時に感じさせてくれました。素敵。そしてPASSIVE CHORD。あまずっぺえ…なんてあまずっぺえラブソング…これがよくわからないコンピで流行の「セツナソング」ってやつかしら。TSUTAYAとかでよく見かける感じの。うん。違うと思いますが。ああ…甘い…[7inch]
  • SUSPICIOUS BEASTS - SUNSHINE IN THE TRASH
    SUSPICIOUS BEASTS - SUNSHINE IN THE TRASH
    800円
    青い三角定規やジャッキー吉川とブルー・コメッツらへんを彷彿とさせるジャケットがたまらない新作7インチレコード!新作、といえば間違いなく2014年の新作なわけですが、収録のタイミングは下記にあります通り2ndアルバムと同時期とのこと。まあ中心人物であるex-BLOTTOのオカダ氏が海外在住のようですし、その他の日本在住のメンバーと一緒に録音するタイミングとなると限られる?のかしら?まあそこらへんの事情は置いといて、この3曲入りのレコードですよ。サイケデリックといえば良いのでしょうか?ズゥウウウウウウンブァアアンンンアアァアアアンンンといったサウンドでして、頭を完全に空っぽにしてとっかえひっかえドーナツ盤を聴いててこの盤をかけた瞬間「プレイヤー壊れたかん?」と思ってしまったくらいに独特。楽曲そのものもさることながら録音方法にも工夫がされているそうな。丁度これは春向きの1枚ですねえ。 [7inch]
  • CUSTODY - S/T
    CUSTODY - S/T
    800円
    *** こんにちは ***  [7inch+CD-R]  
  • Bal-bas-bow - Our Great Escape EP
    Bal-bas-bow - Our Great Escape EP
    800円
    愛媛!のMELODIC!の!4曲入りシングル! DRIFTAGE、TURNCOATっぽくてたまらない…と思ってたらDRIFTAGEメンバー在籍とのことでした。うん。それっぽいのも当然か!DRIFTAGEっぽい、というのは私自身にとってはそれはもう素晴らしい響き、意味を持つものでして。だって、DRIFTAGEのsnuffy smileからリリースされた7インチ、あれ大好きなんですよ?仙台にLIVEしに現れた時も観に行ったんですよ?でもアルバム出さずに解散しちゃったんですよ?残念なことこの上ないんですよ?でもその血脈ドックドクなバンドが登場したらもう期待がかかるじゃないですか。私からの。ねえ。本当に今現在注目されまくってるバンドです。私から。[CD]
  • Baby, Please Kill Me - Hello Again, And Fuck You
    Baby, Please Kill Me - Hello Again, And Fuck You
    800円
    キルミーベイベーの3rd!!!というわけで。illya、NAVELといったメンバーから構成される爆音パワフルハードコアです。…ん?NAVELいとーさんって実際のところ今BPKMのレコーディングに参加してるの…?忙しいんじゃ…?と思ってクレジットをよくよく見たら、「Takumi Ito - Admiral」、と。admiral[名詞:海軍大将、海軍将校、提督]…「提督」…ヘーイ!テイトクゥー!艦これじゃないですか…バンド内提督担当なんてあるんだ…世の中は広いなあ…まず最初にこのCDをふわっと聴き始めて、「おっこの曲すきだなー」と思ったのが4曲目"HYPER HINDU SQUAT"。ん…?これって…HYPER HINDU SQUATTERS!わあ!なつかしい!とHYPER HINDU SQUATTERSの音源聴いたりしてあっちこっち。逸れましたがあれですね。HYPER HINDU SQUATTERS好きな人はBPKMすきだろうなあ…と改めてHHS聴いて思う2014年夏。熱中症で頭ぼんやりしてます。 [CD]
  • midnight parade / Kitten - SPLIT
    midnight parade / Kitten - SPLIT
    800円
    新潟midnight paradeと東京kittenの各2曲ずつ収録のSPLIT!!なんというか…90年~00年代のエモ/カオティック好きにはストライクな1枚なのではないでしょうか。互いにテクニカルですし静動ビンビンですしヒギャアアアってなってますし激情感ありますし。個人的には虫ジャケットはちょっと苦手…なんですが、LOCUSTとかこうカオティックな方々って虫ジャケ多い気がしないでもないですね。だからこのジャケットも受け入れられるわーってことにはならないんですけども…慣れればなんとか。kittenはdocument not foundやtodori、stereo type等のメンバーにより構成されている模様。midnight paradeのタカハシさんは1020DISTROも運営。是非ご利用くださいませ。[CD]
  • GRIN - 壊滅のパレード
    GRIN - 壊滅のパレード
    800円
    東京ハードコアGRINのラストシングル!2011年リリース!というわけで。GRINというと「省略された世代の皺寄せ」しか持っていませんで、それでいてその作品が結構好きでして"(白く塗れ"とか)。悲壮感バリバリのアアアアアァアアアア!って楽曲群がいいなあ、って思っててそこで耳にしたのが今作。アァァアアアアアアアア!ってな展開は引き続きですがなんていうんでしょう?コシがあるというか。前作が灰になりそうなハードコアなら今作はまだギンギンの炭。というか。ざっくりし過ぎた表現ではある。1曲あたり3~4分と比較的長尺なナンバー揃い。曲中のタメやもったいぶったイントロなどは特に無く、スピーディーな曲の中でクイックイと味付けが散りばめられてりますゆえ、熱く燃えるなあと思えるのです。わずかに4曲。されど4曲。最後の4曲。[CD]
  • SATURDAY NIGHT KARAOKE - SLURP!
    SATURDAY NIGHT KARAOKE - SLURP!
    800円
    SP RECORDSのShort-Run CD-RでPrabuという謎の男の作品で気になっていた方は日本に数十人は居るとは思うのですが、そんな彼の組むバンドのアルバムがリリース!バンド名、ジャケット、歌声、ビジュアル、ありとあらゆる面でタフガイという言葉とは真逆の、しょぼい雰囲気満点。おっじゃあショボいのかいショボいPOP PUNKかいと食いつく人、あるいはそれらが苦手なので敬遠する人も居るかもしれませんが、そこらへんよりもうちょい、ちょっとだけ王道メロディ感がなくもないかなと。日本のメロコア、アイドル歌謡曲も好きな彼らですのでストレートにスルーンと入り込むメロディを感じるのです。へっぽこ感もしっかりありますよ!同系統バンドとしてはERGS,ALL,DECENDENTS等が例に挙げられていますね。ワクワクしながら1曲目を再生しちゃうとガックリきますので注意!「サタデーナイトカラオケ…エット…ハイ…」 [CD]
  • Brown Trout - Blues, Blues, Blues
    Brown Trout - Blues, Blues, Blues
    800円
    私関東に住んでいたことがありまして。関東っていっても千葉の南の方で。でも千葉県って関東じゃないですか。LIVE観やすい環境にあるわけで。で、LIVE観にちょくちょく行ってたわけですが。何故か八王子によく行ってたんですよ。千葉とか柏とか小岩とかあるじゃないかと言いたいんですけど、仕事終わりだろうが八王子にLIVE観に行ったりしてたんですよ。会場着いたら最後のバンドの最後の曲だったりして。んですぐ千葉に戻ったりして。なんでそんなことしてたのかな、なんで八王子なのかな、って思うんですけども、それは、よくわかりませんね…いややっぱりBROWNTROUTが居たからですよ。他にもmalegoatとかPeace Of BreadとかI Hate My Schoolとか沢山居ましたけども。丁度自分が関東居た時のBROWNTROUTは1stアルバムを出す前~リリース頃でして、今作とは雰囲気がちょっと違った頃でした。んで、色々あって転勤したりして名古屋でBROWNTROUTを観ました。DRUNKEN BOATとのSPLITの頃ですね。何か変化し始めてるけどこれも良いね!と思ったものです。それから色々あって…この7インチが出たのは2010年でしたっけ。2010~2011年の自分は振り返りたくないので省略。この7インチ格好良いですよ! [7inch]
  • WORTHWHILE WAY / PRETTY BOY THORSON & THE FALLING ANGELS - SPLIT
    WORTHWHILE WAY / PRETTY BOY THORSON & THE FALLING ANGELS  -  SPLIT
    800円
    関東+四国のWWWと現SLOW DEATHのPBのSPLIT!ジャケットはWWWのマユさんが担当。サムネイル程度の画像だと写真と見紛う絵画ですね。現在は戸島夫妻が東京から四国に移り住んだために遠距離バンドとなり、LIVE本数自体はそう多いバンドではありませんが、3年連続FEST出場を果たすなど活躍が目立つバンドであります。戸島さんはEagerBeaverRecordsでディストロ、レーベル運営もやっており、日本にNO IDEA周辺バンド等々をガンガン取り込んでくれています。それはそれとして、とても仲良しな2バンドでありますがUS MELODIC&アコースティックな空気をまとい、どこかランランランとしたSPLITとなっています。現在のSLOW DEATHはコミック付シングルを出したりアルバムを出したりと精力的!んで今作はカラーヴィニール![7inch]
  • stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP
    stereo type - Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP
    800円
    静岡のインスト3人組バンドstereo typeのラスト(?)2曲入りシングル!ラストということについて疑問形なのは、2013年夏に『活動限界』ということで終了したように見えるため。言葉のとおり限界なので二度とは無いかもしれないし、限界を超えて次があるかもしれない。『解散』とか『終了』とかいう言葉は使っていないし。そこら辺はまあ本人達の事情が色々あるでしょうからあれこれ推測してもしょうがないんですが、次も期待したいな、と思えるこの2曲です。mirrorやtoeなどのような、格好良い且つクール且つ熱い楽曲。クール且つホットというと真逆じゃないかと今書いてて気づいたわけですけども、清濁併せ持つって日本語もあるくらいだし良いのか。まあ、そういうわけでクールでホットなんですよ。どちらかがニョっと飛び出ているではなく、両立した感じの攻めのサウンドです。ジャケットもイカすので(CD版とではデザインが異なります)ぜひ。[7inch+mp3]
  • tail / calledyouvie - SPLIT
    tail / calledyouvie - SPLIT
    800円
    兵庫のinstバンドtail(テイル)と京都emoバンドcalledyouvie(コールドヨービ)の2曲ずつ収録SPLIT!!まずはインストゥルメンタルtail。不穏さと美しさ兼ね備えた感じです。ズドンズドン豪快に俊敏に攻める感じではなく、変化球変化球という感じでもなく、なんというかこう…虎視眈々というか。AS MEIASのしなやかさとThere is a light that never goes outの緊張感とあと独自の雰囲気と。5分台と3分台の曲で長尺冗長拙速感なく美味しくいただけます。対するcalledyouvieは女性ボーカルでして、まず仙台のAnswerを思い起こさせてくれました。bufferins, jejuneのコピーから始めたバンドということでそこら辺のカラーが顕著かなと。しっとりというよりもジィィイイーンという感じです。私の文章は擬音が多いですね。あとすみません音楽的にあまり似てないとわかってはいるのですが女性の歌声が青森のfluff ball.cやLautを彷彿とさせました。[CD]
  • from ten to nine / Order From - SPLIT
    from ten to nine / Order From - SPLIT
    800円
    from ten to nineとOrder FromのSPLIT!!!カセットテープですがmp3ダウンロードコードも付いておりますのでカセット再生機が無い方でも安心。でもカセットでの再生も良いものですよ?再生機もなんだかんだで入手できる時代ですし。ポータブルタイプなら気軽に入手できますし。それはそれとして。Order Fromはクレジットをみる限りこの音源では正式メンバーは一人だけ。んでメンバーの紆余曲折を経て新バンドSINKERへと進化していくわけで、今作がOrder Fromとしての遺作になるわけですね。EMOい雰囲気のMELODIC PUNKですねー。今作と同時入荷のSinkerを聴き比べると「同じ声だなあ…」と感動します。当たり前ですが。from ten to nineは相変わらず不穏なシリアスインスト。3曲収録。fron ten to nineの曲はどれも"#数字",なんですよね。今作では"#7"、"#10"、"#16"ですね。普通に推測するとこれらのタイトルは曲が生まれた順かな?と思うところですが、そう思わせて実は#7より#10が先に作曲されていた…っていうのが金田一少年的展開ですよね。全然関係ないですけど。 [TAPE+mp3]

(全商品:273点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索