SUFFERING FROM A CASE - THAT SCENE

現SHIPYARDSのシノザワ氏が在籍していたことでも知られる八王子の解散済BAND。初めてDEMOを聴いたときに感じた「なんだこのボーカル」という印象。しかし病みつきになるボーカルは今現在のシップヤーズでも絶好調です。さてこの単独作6曲入りCDはとても良いです。陰りがあってナーバスでスピーディーで勢いがあってナーバスなMELODIC PUNKですが、当初感じた病弱さが薄れ、無骨な匂いが漂います。幾分。本当にナイスな6曲。惜しむらくは、なんで"EVEN NOW"を再録しないまま解散してしまったのか、ということですよ… [CD]



※以下WATERSLIDEより引用


西東京八王子シーンから現れるや否やアンダーグラウンドパンクシーンですぐに口コミでバンド名が知れ渡ったSUFFEREING FROM A CASE唯一の単独音源。2006年リリース6曲入り。熱さと哀愁爆発なメロディーは否応無しに拳があがるっバーニングメロディック!激情系のハードコアファンからも人気があったのもうなずけるテンションの高さは一聴の価値あり!ファストかつドラマチックな展開もナイス。
LEATHERFACE、SNATCHER、I EXCUSE、BAGGAGE、MARSHALL TELLER、PHOENIX FOUNDATIONなどなど熱いメロディックが好きな人は聴いてください。
現在はSHIPYARDSとして活動中。こちらも要注目!


1,000円

在庫あり
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索