Southport - Southern Soul

ex-SNUFFのギタリストSimon在籍UK MELODIC-BANDのSOUTHPORTの3rd!! 哀愁と貫禄と苦みと爽快感が良いバランスで味わえるアルバムです。Longball To No-Oneとのスプリットに収録の「Should've Done」や、BOSS TUNEAGEの20周年記念大容量VAに収録されていた「The Last Time」が再録。UK MELODICのベテラン勢のアルバムは退屈で…と思う人にオススメすべきかどうかは悩みますが「Small Steps」とか小粋だし、続く「Bob Marlow」はなんかこう…『主題歌』っぽいし…うん…やっぱりオススメしても問題ないかな。うん。良いアルバムですよ。これ。聴けば聴くほどにはまっていくアルバムで、退屈なんて感じさせないドラマティックなアルバムなんでやっぱりこれはオススメしても問題ないというかオススメすべき1枚ですね。2015年に来日ツアー![CD]

※以下Fixing a holeのインフォより引用



Simon持ち前の貫禄たっぷりで渋いギターサウンドに
ときに軽快、ときに躍動的、ときに陰りを見せるハモンドオルガンを絡ませながら
爽快なメロディーとサビでのコーラスが全曲でビシっと決まる!
1stアルバムから大きな飛躍を見せて大絶賛を浴びた2ndアルバム、
そして、それを含む過去の路線を踏襲しつつも、よりシャープな音質になっており、
サウンドプロダクションをタイトにしながらも繊細さを失わない手腕は見事の一言に尽きます。
また、Snuffy SmileからリリースのLongball To No-Oneとのスプリットに収録された
名曲「Should've Done」も現在のSouthportとしての演奏とアレンジで再録音されており、
古くからSouthportのファンであった方々を熱狂させる事間違いなし!

メンバー構成はベースであったex-BlockoのLloydの脱退はあったものの、
Fixing A Holeからもリリースのある7 Day Conspiracyの中心メンバー・Danが
Lloydの脱退から間を置かずして加入、しっかりと後釜を務めております。
ドラムは前作と変わらずMidway StillのDecが彼らしいパワフルなドラムを叩いています。
また、Midway Stillは今年の3月に行われた来日ツアーの成功も記憶に新しいところです。
今回もUKメロディックのオールスターが揃い踏みといった豪華な面子!

Track List
01-Slide
02-Best Of Me
03-Kings
04-Turn It Up
05-Fade Away
06-The Last Time
07-The Plasterers Song
08-Should've Done
09-Small Steps
10-Bob Marlow
11-Little By Little

1,600円

在庫あり
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索