Nostalgic four past and Cigarette end - サヨナラのわけ

Nostalgic four past and Cigarette endの8曲入りミニアルバム!倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンスを彷彿とさせる長いバンド名ですね…倭製~はたしか「一番長いバンド名」にするためにあんなのになったはずですが、今検索したら後期に「!wagero!」に改名していたと…なんで…まあそれはそれとして。タワーレコード限定リリースや3rdRECORDSからのシングルなど数々のリリースのあった2011年結成京都バンド。MOTHERのメンバーも在籍。MOTHERというとギンギンのサウンドですが、Nostalgic~は…こちらも結構ギンギンですね。しかしその方向性が異なると申しますか。凛として時雨、アジアンカンフージェネレーション、ナンバーガールのような日本語ロック寄りのギンギンしたサウンド。なんとなく凛として時雨を例に挙げたのはハイトーンなヴォーカルゆえ。これはもしかしたら好き嫌いが分かれる部分かもしれないのですが、このバンドはかなり幅広く聴いてもらえる音楽じゃないかしらと思うのです。[CD]



※以下インフォより引用


MOTHERのテラダコウジ率いる京都の若手重要バンドNostalgic four past and.Cigarette end。
THEE MICHELL GUN ELEPHANTやBLANKEY JET CITYに代表されるスタンダードかつストレートなロックを確かに感じる若手には稀有な存在だ。歪みまくりの感情剥き出しのハイトーンヴォーカルに、ナンバーガール以降のソリッドなギターサウンドの影響による珠玉のフレーズ、曲の重心をさせるリズム隊の躍動。バンドにジャンルは関係ない.。日常のストーリーを大袈裟に過剰に表現することが、バンドの未来を形作ることができるだろう。ロックンロールファンから、アンダーグランドなハードコアファンまで一聴して必ず胸を打つ事になるアルバムが完成した。


1    アユミ       
2    最終指令       
3    テレビジョンソング       
4    業       
5    kabuki.       
6    グッドバイ       
7    わからないふりをして       
8    フレンズ


 

1,800円

在庫あり
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索