drama / slower / jyugatsunodrum - 3WAY-SPLIT

新潟で活動する1020DISTROが贈る、新潟3バンド(うち1つはソロですが)のSPLIT!ディストロ活動10年を向かえレーベル活動まで…素晴らしい。私も10年くらいやってますが何も成してませんからね。そもそもいつから始めたか思い出せないんでここ数年「ディストロはじめて10年」って言ってますからね。それはそれとして、3バンドを聴いた感想。第一に「弘前だな」「弘前のnorthmalllabレーベルの匂いがするな」というものでした。弘前関係ないしこれを読んでいる人にも全く伝わりませんが。あっそうか弘前で輝いていたfoolieを感じるのだ…それはそれとして。さてトップバッターのdrama。20代バンドとのことですが、綺麗でやや土臭くてメロディアスなEMO/ROCK。なんだろう初見なのに馴染み深いなあと感じる。この3バンドのトップバッターにふさわしい感じ。次はslower。ソロということで。これまた綺麗なボーカルと幻想的なトラック。あの有名バンドmineralの曲名からユニット名を…ということですが…恥ずかしながら私mineral聴いたこと無くてそこらへん突っ込んだこと賭けなんで。ラストはjyuugatsunodrum。こちらは30代バンドということでdramaよりもどっかりどっしりゴリっとしてますね。より男の体臭を感じる…けどもメロディアス。いずれも「派手」とは違うというかなんというかな3組ですが、すごくぐっとくる1枚になっていると思います。ジャケットも凝った神ジャケット仕様。 [CD]




※以下インフォより引用…

2008年から現在まで新潟にてディストロ活動している”TEN-TWENTY DISTRO”
活動10年目のタイミングで”TEN-TWENTY RECORDS”名義でリリースする新潟バンド3組(ソロ1組含む)各2曲の3WAY SPLIT-CD。 

drama(ドラマ)
新潟でまだ結成して間もない20代前半の4ピースバンド、いわゆる今の世代の感覚を持ちつつも、彼ら自身のフェイバリットでもあるオルタナ/グランジ/EMO/シューゲイザーサウンドの素養を感じさせ、心のどこかにあるふとした日常描写を蒼さと遣る瀬無さと共に吐き出す。荒削りながらもDIYの感覚も合わせ持っており、スタジオライブや自主企画など行いつつ若い世代に認知を広めている。


slower(スローワー)
新潟ではマナビヤ食堂のギターとしても活動する、小池亮太によるソロユニット。名前の由来はmineralの好きな曲からとっており、USインディーを愛する彼の奏でる音は優しく透明感ある歌声に望郷的な情景を喚起させる歌詞とギターサウンド。ゲストボーカルでGARAN「」(ガランドウ)のVox/草木も参加。ライブではamerican footballのカヴァーをやるなど空間エフェクトを駆使し、聴く人を魅了する。


jyugatsunodrum(ジュウガツノドラム)
新潟は南魚沼市で活動する3ピースバンド、キャリアは長くメンバーも30歳後半ミッドエイジ。ボーカルギター榎本の歌や風貌からよくbloodthirsty butchersを例えに挙げられるが、広い定義ではNeil youngを彷彿とさせる土着的で熱いバンドサウンド。そこに叙情的で飾らない歌詞が宙を舞い聞き手の心に届くと、得も言えぬ「ジュウガツノドラム」のサウンドスケープが胸一杯に広がる。

*初回特典ステッカー付き

Track-List
drama
1. motion blur
2. scene

slower
3. 羽、散る
4. 海辺にて

jyugatsunodrum
5. 10代の悪魔
6. 耳鳴りだって響いてるから






 

1,000円

在庫あり
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索