Flower Zombies - Nowhere Songs

東京バンドということでいいのかな。FLOWER ZOMBIESの1stアルバム!この独特なタッチのジャケットはやはりSUSPICIOUS BEASTSの岡田氏。媒体がレコードかCDかmp3かWAVかということがどれ程重要なものかはまあ人それぞれだとは思うのですが、このLPはレコードでの鑑賞にとてもフィットしますね。音質も音楽も、なんというか大層な機器を利用せずとも気持ち良く堪能できる。A面ラストに"One more time"がくるのもよろしい。個人的に好きな曲で締められるのが好き。さて男女ボーカル…というか曲毎に男性ボーカル女性ボーカルを使い分けているバンドですがカラっと色分けされていていいですね。ともすれば燻された12曲にどっぷり沈むところをオムニバスかなってくらいにさし色が入るのでいくらでも堪能できます。ジャケット浦の曲名誤記(Chep magic→Cheap magic)は気にしない。 [12inch+mp3]




※以下レーベルページから引用…


Black Hole 2018年最初のリリースバンドは、曲調とは裏腹に破滅的な内面を持つ東京西部+横浜の4人組パンクロックバンド Flower Zombies。
 TheDeathとのSplit Tape、Debauch Moodからの単独7"、盟友LIPUPSとのSplit Tapeを経て1st LPをリリース。評価されない天才的メロディーメーカー恭兵を中心に作られた切なく美しいナンバーをまとめて楽しむのに最適な1枚。The Beatles、The Flying Burrito Brothers、Raspberriesを感じられるパンクロックが最高です。

 この先披露されないであろう楽曲があるのは寂しいですが、過去を一切気にしないスタンスも彼らの大きな魅力だと思います。

 ジャケットはニューヨークで活動するアーティスト Yusuke Okada。レコーディング時のメンバーはMULE TEAM、LITTERSでも活動中。




  

2,000円

在庫あり
注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク