Chestnut Road / Navel - Split

『リズと青い鳥』は、2018年4月21日に公開された日本の長編アニメーション映画。高校の吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美を主人公に、卒業を控えた高校3年生の二人が「高校最後のコンクール」に挑む青春模様を描く。監督は『映画けいおん!』『たまこラブストーリー』『映画 聲の形』などを手がけ受賞歴もある山田尚子が担当する。本作は『響け!ユーフォニアム』の続編でありスピンオフという位置付けではあるが、
"1本の独立した映画"としても成立するよう制作されている。

『響け!ユーフォニアム』アニメ本編は、色々と渦巻くあれこれがあるものの、やはり青春劇であると感じる。そして吹奏楽部という舞台であるからこそ、その本番シーンは劇的で感動する。最高である。そのスピンオフであるところの『リズと青い鳥』は同じ作品であるにもかかわらず、非常に独特であった。大音量が売りの映画館において、終始衣擦れの音すら立てることが躊躇われた。ジュースを飲む音などもってのほかである。そして、やはり青春であった。アニメ本編で感じられる青春とはまたちょっと…違うかもしれないが、なんとも、こう、なんとも言い難いけれどこれは高校生である彼女たちの青春であった。ちなみに吹奏楽なのでやはり演奏シーンは当然ある。あるのだけれど、終盤の展開が大きく動くこととなるその場面は、静かで迫力があって…観る者聴く者の心揺さぶる名場面であった。若者言葉について行くのが段々難しくなってしまったが、若者が言うところの、"エモい"とはこういうことなんだろうなと思う。これはもう、なんとも得難い経験であった。SNSなどではドはまりしてしまった方も数多く、イラスト投稿される方も多い。そのイラストには明るく楽しい、可愛いものが多いのだが、それはこの映画を踏まえたうえで、彼女たちにはこうあって欲しいのだ、という投稿者の切なる願いが込められているのだろうと思う。そう思うとまた泣けてくる。2018年末円盤化されたので、是非視聴してみて欲しい。長くなったのでスプリットに関するコメントは下に書きます。  [7inch+DLcode]



さて…ついでにスプリットについて。まともに流通し始めたのは2019年なのですが、完成してメンバーの手元に届いたのは2018年末。ということで自分の中で2018年リリース作品でとても良かったです賞を捧げたわけでございます。それほどに良かった。いわゆるUNK MELODIC PUNK(Chestnut roadもNavelもUKのバンドではないけれど)である2バンドのSPLIT作品。片面二曲ずつという、実にスプリットシングルとしては丁度良いです。もっと聴きたい、と思えるこのくらいがちょうど良いのだと思うのです。このスプリットのレビューを書く前の文章量がなぜか多いので、今回はNAVELの2曲について書きますが。"Dying"と"End Of The Line"。爆走したり超特急だったり変化球だったり色んな速度の曲があるNAVELですが、今回のそれらはナイスミドルな気配。相変わらずSADな歌詞ですけども。"Frustration"という言葉が…染み入りますね。自分は社会人になってから特に染み入りますね。BLEWやMBBの"Frustration Never Desappear"という言葉を学生時代は何となく良い感じの言葉ですわね程度にしか思っていなかったのに社会人になって感じるこの…この…フラストレーション…社会のフラストレーションはまあどうでも良いのですが、そのフラストレーションという言葉も交えつつの2曲目"End Of The Line"のイントロが特に好きでして。悲哀感じる曲なんですが初聴時はおっ軽快で愉快な曲なのかな?と思わせられました。勿論軽快で愉快ではなくひゃあああという曲でした。すき。ところで、メンバー3人がああいった特殊な人達なのに、どうしてこういう楽曲が産み落とされるんですかね…?

1,200円

再入荷見込み無し

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク