jailbird Y - UMS ep

広島のJailbird Yの2曲入り7インチがクセの強いリリースを続けるLOVE OVER VOLTAGEより登場!いつの間にJailbird Xから改名したんだっけ…という疑問はさておき、ストレンジなハードコアパンク。インフォにもありましたがSNAREKILLSみたいなドッカンドッカンした感じですね。広島バンドの迫力(MALIBU65とか)もグイグイ感じますがB面タイトルが"くじら13号"だったりとユーモアも織り交ぜつつなのでそんなに怖がらずとも良いですよ。良いのですよ [7inch]




side-A 3013年 超能力を持った猿
side-B くじら13号
2曲収録(45rpm)

※以下LOVE OVER VOLTAGE RECORDSより引用


jailbird Yがどんなバンドで一体どんな音を鳴らしているのか?

はっきり言うと

一言では説明出来ない(笑)

2007年頃に広島ハードコアのA PIECE OF SHITのVocal安藤を中心にJAILBIRD Xとして結成。

個人的にはRAW POWERの頃のIGGY & THE STOOGESが中期BLACK FLAGと交わり

80年代日本のADKレコードのバンドみたいなドロドロした感覚でヤッた感じやなぁ

めっちゃカッコええやんけぇー!!!!

と、JAILBIRD XのDEMO音源を聴いてギターのヒサシさんに連絡を取ったのが出会い。

僕がまだ東京住んでた頃やね(遠い目)

そしていつの間にかメンバーが変わりバンド名も変わりjailbird Yへと変貌!

ドラムに元NEVER AGAIN,A PIECE OF SHITのタカオが加入。

大阪に戻ってきた僕は、2010年の8月にTONE DEAF企画@松屋町地下一階に出演した彼らと遂に対面するのであった。。。


Xの頃とはまた全然違う何とも例えにくいバンドになり衝撃を受けた。



そして、その打ち上げの席で初対面のヒサシさんから「ジン君レーベル始めよるんよね?」

「はい。SLUTSってバンドのレコード出す予定っす。」

お互い「・・・・・・・・。(沈黙)」

ヒサシさん「出したい!」

俺「えっ!?」

そうなのだ。

初対面でいきなり、まだ何のリリースもしてない俺にヒサシさんは

君のレーベルからレコード出したい!

そう言ったのであった。。。

多分これが横柄な態度で「レコード出してよ(標準語で足組んでタバコ吸いながら)」

とかだったら絶対にこのリリースの話は無かっただろう。

その後、jailbird Yの東名ツアーに一緒に乗ってかない?と誘われツアー回ったり

ヒサシさんが大阪まで来てくれて呑んだり、俺が広島に遊びに行って広島グルメを堪能させてもらったり。。。

さらに紆余曲折を経て(長くなるので割愛)

遂にリリースへと漕ぎ着けたワケです。
話を戻して。。。
jailbird Yがどんなバンドで一体どんな音を鳴らしているのか?

説明出来ないよー!!

レコ屋の人、レヴュー書くの難しいやろなぁ苦笑

あくまで僕の耳で言わせてもらうと

長崎のVELOCITYUT ,福岡のSNAREKILLS

僕がライブに行き始めた高校生の頃に衝撃を受けた大阪のSPASMOM

その後メンバーによって結成されたSUSPIRIA

あとアメリカのFAT DAYや大阪のthe futures,90年代以降のRudimentary Peniなどなどと

共鳴する音かなぁとか勝手ながら思ってます。


とにかくレコード聴いてライブ観て下さい!

めっちゃカッコええんです。


900円

在庫あり
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索