REDSHEER - Eternity

2013年結成のハードコア3ピースバンド。2013年結成とは言っても各人それぞれにキャリアがあって全く新人感はありません。ハードコアとは言ってもさて大筋どこに分類して説明すべきかというのは迷うところ。激情/カオティック枠というのが一番しっくりくるとは思うのですが、個人的にはパワー系レスラーのような筋力も感じてしまうところがありまして。タイトルでもある1曲目"Eternity"は正に静のインストで不穏な空気むんむん。静動荒れ狂うアルバムで、全体的にとてもシリアスなんですが美麗というよりも粗暴な感じで…だからパワー系レスラーとかおかしな文章が先ほど出てきたわけですけれども。この重量級のアルバムは是非大音量で聴くべき一枚。10曲入り。当方特典CD-R付きます。個人的に1番好きな"Yoru No Sotogawa"含む2曲入り。[CD]




※以下レーベルblogより引用…


ex.ATOMIC FIREBALL、ex.SCALENE、ex.Bucket-Tのメンバーが集結し2013年に結成された3ピースバンド、REDSHEER待望の1stフルアルバム!!
 
ASTROをゲストに迎えたタイトル曲の闇を彷徨う様な轟音ノイズとアルペジオの美しさから始まりながらも、そこからは人間の感情の闇を切り裂くサウンドの連続!!トライヴァルかつ全力で殴る様な打音のドラムとうねりを上げまくるベースのグルーブを下地に、不気味なクリーントーンのアルペジオと断罪のリフが呻き泣き叫び、ボーカルの雄叫びがノイジーに破裂していく!! これは最早カオティックだとかダークネスとかサッドネスとかヘビィネスとか、そんな言葉で片付けてはいけない作品であり、燃え上がる感情の叫びと共に、全ての音が雄叫びを上げて泣き散らす、確実に聴く者の肉体と精神を破壊する殺傷力と毒素の劇薬であり激音だ。この世で最も純粋な愛と憎悪を音として表現した大傑作であり、確実に心の一番奥底の脆く純粋な感情に訴える極限世界!!聴いて狂ってしまえば良い!!粉々に砕かれた感情の破片が舞い散るその瞬間は本当に悲しくも美しいのだ。 ジャケットアートワークはMario(Khmer)、クレジットデザインは栁澤友己(Starlingraid)がそれぞれ担当。そちらも要注目!! 
Takahiro Akasaka(Guilty Forest)








1,800円

在庫あり
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索